ADULT

HEADLINE

高橋しょう子が裏事情語る。 AV転向のキッカケは援交疑惑、1日撮影して3ケタのお給料【人気AV女優ギャラまとめ】

a20161125-5

元人気グラビアアイドルで、セクシー女優に転向した高橋しょう子(23歳)が、11月24日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。

グラビアアイドル時代、そしてセクシー女優としての今の給料事情などを語った。

登竜門「日テレジェニック2015」に選ばれるなど、一時はグラビアアイドルとして成功を収めつつあった高橋。

しかし、「日テレジェニック」に選ばれた直後、あるスキャンダルが発覚し炎上、この先、グラビアアイドルとしての道は閉ざされた…と思い悩んでいたところにAVのオファーが舞い込み、セクシー女優への転向を決意したという。

グラビアアイドルの頃は、2~3年間にわたり恋愛禁止を守っていたが、もともと「エッチは好きだった」。また、グラビアとAVの仕事にさほど大きな違いは感じず、転向も抵抗はなかったそうだ。

そして2016年5月、芸能人専門メーカーのMUTEKIよりAVデビュー。

グラビアアイドル時代は「稼ぎがなくて困ってたんですよ。月収14万円で家賃も払って。光熱費も払っていろいろ生活費がかかって」と生活に困窮しており、グラビアアイドルの友人から生活費を援助してくれる“パパ”を紹介すると言われたこともあるそうだ。

しかし、セクシー女優に転身して生活は一変。

a20161125-8

現在は単体女優としての契約のため、撮影は月に1回、1日のみ(=月にDVD1本)で、「ほかは雑誌の撮り下ろしだったり、インタビューは受ける」という程度の仕事量ながら、毎月“3ケタ(100万円単位)”の給料をもらうことができているという。

高橋は「今までグラビアで頑張ってきた成果を出せたかなって思ってるんで、自分でも納得してます」と、給料の額には満足できているようだ。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12328810/]

男優しみけん知ってた

a20161125-2

「もともとエッチがめっちゃ好きだったし、グラビアは水着で隠していたけど、『(裸も)あまり変わらないかな』と抵抗は全くありませんでした。

グラビア時代は2、3年(エッチを)やってないです。もっと見て欲しいという欲求がどんどん強くなって…」と高橋は、あけすけに話した。

芸能人専門AVレーベル「MUTEKI」でのデビューが決まり「1本目の撮影は緊張しました」と振り返ったが「でも有名な男優さんを(相手に)入れてくれて。その男優さん? もちろん(AVを見ていたので)前から知ってました」《中略》

「ギャラは3ケタ。グラビアを頑張ってきた成果だと思います。役者が盛り上がってきたら止めてはいけないので、1絡みは1時間。男優さんとはカメラが止まったら普通にしゃべります。

楽屋も別で『初めまして。絡みましょう』という感じ。連絡先交換は禁止されています。好きになること? それはわからないです。意識するし…」と意味深に締めていた。

[via:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161125-OHT1T50044.html]

a20161125-6
a20161125-7
月収14万円のグラドル時代

ネットの反応

・ちょっと俺もAVで稼いでくる
・紹介すると言われたでなく 紹介された後のことも正直に言わんかい
・麻美ゆまの全盛期は1本300万以上で月2本撮ってたからな
・陥没じゃなきゃ完璧だった
・初物はしみけんが担当するという業界ルールでもあんのか?
・こんぐらいで自慢げに語るあたりが頭悪いな キャバ嬢に毛が生えたようなもんじゃねーか
・樹マリ子の1本500万円が史上最高額
・まあ、確かに逸材であるが10本も見れば十分って感じになると思う。
・こうやって身を持ち崩していくんだよな、行きつく先は・・・
・すげー逞しいよなこの子 援交バレたらスパッとAV入りして
・彼女のAV三本あるけどまだ全部観てない、途中でイッちゃうから本番シーンは観てない
・久々に水着だけでヌケたグラビアアイドルだったね、岸なんとかやおのののかより断然高商だったから
・幸せそうで何より
・月1回ラブホでパパとSEXが月1回スタジオで男優とSEXに変わっただけだな
・だいたい1年でピークは過ぎていき 次の年はアナル、その次の年はカリビアン という流れだな
・「人気グラドル→AV」の流れを作るために儲かってますアピールはもっとするべき
・専属とフリーでは待遇が全然違うな
・で、肛門科は行ったのか

人気AV女優のギャラまとめ
a20161125-3
高橋しょう子
単体女優としての契約のため、撮影は月に1回、1日のみ(=月にDVD1本)で、「ほかは雑誌の撮り下ろしだったり、インタビューは受ける」という程度の仕事量ながら、毎月3ケタ(100万円単位)の給料。

三上悠亜
MUTEKI出演のAVギャラが世田谷区の2LDK中古マンションが買えるぐらい。4000万以上?

蒼井そら
中国網日本語版(チャイナネット)によれば蒼井のギャランティーは1000万元(約1億5000万円)を超えるという。
現地の夕刊紙「成都晩報」の記者が会場で関係者に取材したところ1000万元を超えることは認めたものの具体的な金額についてはコメントしなかった。

杏樹紗奈(くるみひな)
ツイッター上で、AVで稼いだ金額を公開!
くるみひな638万1500円(19年12月15日~21年7月15日)
杏樹紗奈1185万3000円(22年10月15日~24年2月15日)

立花はるみ
番組「給与明細」 で公表!180万円だった。

紅音ほたる
「一番いったときでも、80万円は超えないです」

小室友里
現役当時、1本につき300万のギャラを貰っていたが2/3を事務所が持っていき、小室の手取りは100万だった。ただし、業界の暗黙ルールで月の出演数は1本まで。

森下くるみ
「AVの出演料は、1本80万円ぐらいだった」1本のギャラの少なさにも驚きました。やっと小さな国産車が買えるくらい。
グラビアやイベントの仕事をこなしたって、月150万円になることはなかったですね。

麻美ゆま
全盛期は1本300万以上で月2本撮ってたとの噂。

上原亜衣
最高で月収800万円 との噂

里美ゆりあ
7年間で約2億4500万円の所得があり、AVのギャラは4500万、残り2億は個人的に相手をした男性から得たもの

「明日花キララ 約1億1000万円 
「湊莉久 約5000万円
「川上奈々美 約4000万円
マスカットナイト」で本人が預金残高を告白

a20161125-4

[via:http://idol-blog.com/kininaru/79225.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事