ADULT

HEADLINE

ヤクザと交際のマル暴の女 非日常的なセックスに溺れ、別れることを拒絶して退職してたw

マル暴の女性巡査が溺れたのは、禁断の恋だった。よりによって、暴力団組員と交際したうえ、捜査情報まで漏らしていたのだ。

結局、女性巡査は地方公務員法(守秘義務)違反で書類送検され、依願退職。ところが、実は未だに恋愛関係を断っていないという。

「もともと、23歳の女性巡査は新宿署の留置管理課に勤務していたのですが、昨年7月から暴力団事件などを担当する組織犯罪対策課の応援に駆り出されました」

と、警視庁詰めの記者が解説する。

「そのうち、傷害事件で逮捕された30代の暴力団組員と知り合いました。保釈後、2人は電話やメールで連絡を取り合い、11月下旬から交際するようになったのです。

しかも、旅行に一緒に出掛けるだけでなく、彼女は組員が所属する組織の“事始め式”にも顔を出す始末でした」

捜査情報を漏洩したのは、恋愛関係になって間もなくの12月に入ってからのことだという。

「新宿署管内で起こった暴力団同士の諍いの当事者として、交際相手は捜査対象になっていました。

女性巡査は捜査の進捗状況を教えるよう頼まれ、言われるがままに伝えてしまっていたのです。しかも、暴力団組員に100万円を貸してもいました」(同)

今年の2月ごろから、2人が男女の仲になっているのではないかとの噂が立ち、警察官の不祥事を取り締まる警視庁本庁の人事1課が調査に乗り出した結果、情報漏洩が発覚。3月19日、女性巡査は書類送検され、その日のうちに依願退職した。

“不問に付すから”

暴力団組員と禁断の恋に落ちた女性巡査とは、どのような人物か。

警視庁関係者によれば、

「父親も警察官で、本庁に勤務する警部です。本人はメガネをかけていて、小柄ながら整ったスタイルの美人。ただ、以前にも妻子持ちの上司との不倫が噂になったことがあったから、男女関係にはルーズなのかもしれません。

実は、ヤクザとの交際が発覚し、人事1課が動き始めた当初、新宿署の上層部が、“いますぐ別れれば、不問に付すから”と温情をかけた。にもかかわらず、女性巡査がヤクザと別れることを拒絶したと言われています」

実は、いまなお懲りずに、女性巡査は暴力団組員にゾッコンらしいのである。

「ヤクザには、女性の扱いに長けているのが多いのは事実。女性を夢中にさせて、金づるに仕立て上げるためです」

とは、暴力団に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏だ。

「親密なスキンシップを欠かさず、しかし、ある時には暴力も振るい、飴とムチで女性をコントロールする。

そのうえ、ヤクザは性的な面での努力は惜しまず、性器に真珠を入れたり、SMチックなことを取り入れたりして自分とのセックスを強烈に印象付けるのです。

女性巡査は、交際相手のヤクザに、例えば手錠プレイや制服プレイなどの手ほどきを受け、非日常的な行為に溺れてしまったのかもしれませんよ」

桜田門の「マル暴の女」は色の欲に散ったというわけか。

[via:週刊新潮]
http://news.livedoor.com/article/detail/14544135/

留置場で逆ナンパ&不倫も

留置場内で出会った女性警察官と懇ろになるとはある意味度胸のあるヤクザだが、捜査関係者によると、相手の男は、暴走族OBを吸収して拡大した関東の暴力団の組員で、「モンモン(入れ墨)の入ったイケメンの武闘派」だという。

一方のA巡査は、「カーリング女子韓国代表の“メガネ先輩”ことキム・ウンジョン選手のようなクールビューティー系」(警察関係者)という評判だ。


メガネ先輩ことキムウンジョン

真面目な女性巡査を、イケメンヤクザがたぶらかして……というストーリーが思い浮かぶが、取材を進めると、どうも真相は“逆”だったようだ。

「A巡査は昨年7月頃から同署組織対策課に勤務。男の取り調べに同席した際、男の携帯を盗み見て番号を記憶し、自分からアプローチしていたというのです」(捜査関係者)

別の捜査関係者はこう証言する。

「暴力団員との関係を確認するために監察官がAを尾行していると、妻子持ちの男性警察官とラブホテルに入っていったという話がある。Aのお父さんも警視庁の警察官なので、我々も気まずさを覚えている」

この“不倫関係”については相手の男性警察官にも調査が入っているという。

警視庁は事実関係について、「その女性巡査については厳正に処分いたしました。その他の個別の質問については回答を差し控える」(広報課)と話すが、A巡査は処分を受けた日に依願退職。“禁断の情事”に溺れた代償は大きかった。

[via:週刊ポスト]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00000010-pseven-soci



ネットの反応

・当初報道ではうぶな婦警が引っかかったのかと思ったが全く逆ね(笑)
・とんだアバズレだぜ!
・よりにもよって警官の娘がこれか 悲しいなぁ
・なるほど、縁故採用のクソビッチだったわけだな
・まあ桜田門組と言うくらいだし 暴力的なのに憧れがあるんだろな
・女性巡査「何が悪いの?人権侵害だ!」とか思っていそうw
・淫乱警官というAVの実写版
 >警察ものは規制が厳しいんだよ。
 >「婦警もの」の企画は国営ヤクザが許さないからNGって聞いたことあるが 本当なんだろうか
・いろいろとガバガバやねこの女
・やっぱ真珠入りだったんかな?
・メガネ先輩みたいな委員長タイプが淫乱ってメッチャ興奮するわ
・ヤリマン刑事
・情報は漏らすわオマタは濡らすわ軽率官♀専門刑務所造らねば。……アバズレ刑務所番外地。
・ヤクザに捜査情報を流しても懲戒免職にならないって そっちの方が驚きだw
・そーゆーのは漫画とAVの中だけにしてくれ。
 現実世界ではさすがに香ばしすぎるわ。

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/04/10 15:26

    今まで取り締まる側が、今度は取り締まられる側に回ったんだな・・・歌舞伎町か、出張系か、ま、その内バイシュンで捕まるんじゃない?
    このアホ(元)婦警。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事