ADULT

HEADLINE

リアル『新宿スワン』歌舞伎町スカウト狩りの内幕 半グレ双子兄弟がヤクザに捕まり手打ちで収束?


歌舞伎町で「新宿スワン」さながらの事件

「おい!こらっ!」「この野郎!」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「東京アラート」が発令中だった6月上旬の深夜、国内最大の繁華街である新宿・歌舞伎町で怒号が飛び交った。

その乱闘の様子を捉えた動画が流出し、話題となった「スカウト狩り」だ。キャバクラをはじめとした「夜の店」に女性を紹介するスカウトの男たちが、暴力団関係者とみられる集団に追いかけられる姿が、動画には写っていた。


関係者の間で流出した歌舞伎町の「スカウト狩り」とみられる動画の一部

事態を重く見た警視庁は、すでに新宿署に捜査本部を設置した。捜査の展開次第では、次の局面を迎えることにもなりそうだ。

怒号飛び交う深夜の歌舞伎町

この騒動が起きたのは、多くの飲食店が軒を並べる歌舞伎町の「区役所通」。

スカウトを見つけた暴力団関係者とみられる男たちが殴る蹴るの暴力を繰り広げた。現場では怒号が響き、スカウトを追いかけ回し取り囲む男たちは次第に増え続け、100人ほどに膨れ上がった。

こうした騒動は区役所通だけでなく、6月上旬以降も歌舞伎町の各所で発生している。暴力団関係者の男たちが十数人で歌舞伎町を練り歩き、スカウトを見つけては取り囲んで暴力を加えた。

暴力団関係者が問題にしているのは、歌舞伎町でも最大規模のスカウト会社Aだ。

A社は、歌舞伎町で10年以上にわたりキャバクラやガールズバー、クラブなど、接待を伴ういわゆる「夜の街」の飲食店に若い女性を紹介し、巨額の利益を得てきた。

飲食店だけでなく紹介先には風俗店もあり、A社には数百人のスカウトが所属し、歌舞伎町で若い女性に声をかけ続けていたという。

歌舞伎町の飲食店業界に詳しい関係者の男性が、最近のスカウト事情について明かす。

「歌舞伎町には夜の街で稼ごうとする若い女性が、首都圏だけでなく地方などから多くやってくる。それをスカウトが待ち構えて声をかけてキャバクラなどに紹介する。

銀座の高級クラブのホステスではないので、知性や教養が備わっているかどうかなんて関係ない。要するに美人だったらそれでよし。客はたくさん付いてくれる」

これまでスカウトは、かなり旨みのある商売だったようだ。

「キャバクラ店とスカウト会社の間の取り決めによって違いはあるが、紹介した女の子が働いている限り、その子が稼いだ売り上げのうち、ある店では3%、別の店では5%などと個別の取り決めで紹介料がスカウト会社に自動的に入ることになっている。これは『スカウトバック』というシステム。かなりの儲けになるいい商売だ。 

キャバクラの料金は通常1時間で1万円とか1万5000円とかが相場。2万円以上という店もある。このほかにウイスキーのボトルを入れるとなると当然、別料金となる。

中には1本で100万円というシャンパンを置いている店もある。女の子たちの稼ぎはピンキリだが、月の売り上げが500万~600万円というかなり稼げる女の子もいる。このような女の子が結構な数いるから、スカウトバックのシステムによる利益は莫大になる」

夜の街の仕組みを一通り説明し終えると、関係者の男性は「要するに、女はカネになるということだ」と締めくくった。

コロナ禍で夜の街に変化が

賑わいが絶えず不夜城とも称された歌舞伎町だが、コロナ禍による営業自粛要請には抗し切れなかった。

客足が遠のき、看板を消灯し入り口ドアにカギをかけて、常連客の予約を取りつけてこっそりと「闇営業」で稼いでいた店があったほか、キャバクラ店の人気女性を常連客の求めに応じて居酒屋などに派遣して料金を取る「ギャラ飲み」なども行われていた。

ジリ貧状態のなか、客を呼び込むには稼げる若く美人の女性をさらにスカウトすることが重要視されるようになり、より腕の良いスカウトを囲い込むことが業界の最大テーマになったという。

新宿の暴力団業界に詳しい関係者が実態を明かす。

「キャバクラが闇営業をしていることが知れ渡ると、売れっ子のかわいい女の子がいる店には、客がこっそりとやってくる。平常時以上にかわいい女の子をいかにスカウトするかで、スカウト会社の売り上げに響くようになった」

このような状況で、歌舞伎町で手広く仕事をしている前出の最大規模のスカウト会社Aが“掟破り”の行為に乗り出したのだという。関係者が続ける。

「A社が同業他社の優秀なスカウトの引き抜きを始めた。これは業界では許されることではない。すぐに問題になった。

A社のトップは双子の兄弟で、身長は190センチぐらいのマッチョタイプのコワモテ風。少々強引で、スカウト引き抜きも1度や2度でなく次々と起きて後を絶たなかった。

引き抜かれたスカウト会社とすぐにトラブルとなり、もめ事が起きた」

トラブル解決へ向けて関係者が集まり話し合いが持たれたが、折り合いがつくことはなかった。解決に向かうどころか、話し合いが決裂したことで問題は肥大化。波紋を広げる一方、トラブルをめぐる関係者も増加していったという。

そして、この揉め事の調整役として解決に乗り出したのが、それぞれのスカウト会社とつながりのある暴力団関係者たちだった。

しかし、トラブルの中心に登場するようになった暴力団関係者に、スカウト会社は強い抵抗を示し、火に油を注ぐことになる。

その結果、暴力団関係者の男たちが歌舞伎町の街中を練り歩き、トラブルの発端となったA社所属のスカウトを発見すると、数十人で取り囲み暴力を振るう事態となった。

前出の飲食業界に詳しい関係者がつぶやく。

「このスカウト会社は歌舞伎町で10年以上とキャリアが長く、多くのキャバクラ店からも信頼が厚かった。なぜこのようなことになってしまったのか」

A社とは全く無関係のスカウトたちにも被害が及ぶケースが多くあり、スカウト業の男たちは震え上がっている。

組対4課と新宿署が捜査本部を設置

歌舞伎町に吹き荒れる暴力に対して、警察当局は事態を懸念しすでに捜査を始めている。

冒頭でも触れたとおり、警視庁組織犯罪対策4課と新宿署は暴行や傷害事件として、捜査本部を新宿署に設置。

すでに防犯カメラなどで撮影された歌舞伎町各地の暴行現場の画像を収集、分析し暴力行為に及んでいた人物たちを特定し、実態解明を進めている。

デジタル・フォレンジック(鑑識)に詳しい警察庁幹部が解説する。

「防犯カメラの画像は、夜間で街灯などの照明が暗い場合や、登場人物が多く、動きが激しい場合には乱れがあるが、画像を鮮明化するソフトを使うと、人物の動きや顔を識別できるようになる。そればかりでなく、表情までしっかりと認識できることもある」

これまで、歌舞伎町では長年にわたり事件やトラブルが絶えず、業を煮やした当時の石原慎太郎知事が防犯カメラの設置を進めた経緯がある。

前出の幹部は「歌舞伎町については、ほぼ全域にわたって防犯カメラ網が張り巡らされており不審な動きがあれば把握できるはず」と指摘している。警視庁はスカウトに対して殴るなど、直接的な暴力を加えた実行行為者を中心に捜査しているものとみられる。

歌舞伎町では、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない状態だが、「スカウト狩り」は警視庁の本格捜査によって、大きく事態が進展しそうだ。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/38840

歌舞伎町の「スカウト狩り」とみられる動画

住吉会のスカウト狩り

鍵を握るのは“半グレ”双子兄弟

「スカウト狩り」の標的となったのは「N社」というスカウト会社だ。風俗関係者によれば、このN社は複数ある歌舞伎町の最大手のスカウト会社だという。

このN社の経営者である双子の兄弟は、歌舞伎町では有名な存在だ。歌舞伎町に根を張る週刊誌記者に、取材の過程で入手した双子兄弟の写真を見せると、こう返ってきた。

「いま話題のスカウト狩り、やっぱりこの双子兄弟ですよね。3年前にも新宿駅の東口近辺で暴力事件を起こしているのを見ました。その後も何度も街で暴れている、イケイケの双子兄弟として知られていますよ。

もはやスカウト会社というよりは半グレ。警察の取り締まりで暴力団が身動きを取りづらくなったのをいいことに、やりたい放題だと聞きました」

発端は「スカウト会社同士の引き抜きであった」などの報道もあるが、原因は諸説あるようだ。話題となった動画の舞台になった商業ビルの近くに毎晩立つキャッチの男性はこう話す。

「私もこの件に関していろいろな噂を聞きますが、何が本当かはわからないですよ。しかし、暴力団員があれだけ派手に暴れるというのは、いまの歌舞伎町では珍しいことだし、ただ事ではない。本当の原因を知っている人は、それをベラベラしゃべるとは思えませんね」

発端はスカウトマンによる暴力団員への暴行

スカウト狩りの根本的な原因は明確にはわからないが、動画が投稿され話題となった6月はじめの週末以前から、騒動は始まっていたようだ。「歌舞伎町のへそ」とも呼ばれる風林会館近くで長年キャッチをしている男性が教えてくれた。

「あの動画は俺も見たけど、その3週間くらい前から騒動は始まっていたよ。N社に所属している8人組のスカウトマンが暴力団員の2人組と揉めたらしい。

はじめは話し合いで収めようとしていたんだけど、スカウトマンが手を出して、ボコボコにしちゃったみたいだな。数日後、職安通り近くの『Tビル』の前で30人くらいの暴動、そのあとも何度か似たようなことが起きて、総勢80人の例の動画の暴動さ」

何で揉めたのかは不明ではあるが、はじめの8対2の暴力事件を機に、好き放題に街を荒らしていたN社に制裁を加えた、というのが顛末であると思われる。

動画が投稿されてからというもの、「スカウトマンのような恰好をして歌舞伎町を歩いているとスカウト狩りに遭うので注意」という噂も駆け巡っていた。

そもそも歌舞伎町におけるスカウトマンとは、道行く女性に声をかけ(最近ではTwitterなどネットのみで路上に立たない者もいる)風俗、キャバクラ、ガールズバー、AVなどに女性をあっせんし、その売り上げの一部をバックとして受け取っている者たちのことを指す。

しかしながら歌舞伎町には、ホストクラブのキャッチなど女性に声をかけている男性が数多くいるため、一目でスカウトマンだとは判別しがたい状況だ。

客の女性と一緒に歌舞伎町を歩くホストは、「全身ユニクロとかにしなきゃいけない感じかもしれないっすね。スカウトマンも担当の風俗嬢と街を歩くでしょ。同じに見られちゃ怖いですよ」と話した。

アンタッチャブル化したスカウト狩り事件

今回の「スカウト狩り」では、双子兄弟の居場所を特定するために、暴力団員たちが片っ端からN社所属のスカウトマンを探しているという。

ネットの情報ではすでに連行されたスカウトマンもいるとのことだ。実際のところはどうなのか。N社ではない会社に所属するスカウトマンに話を聞いた。

「私も暴力団員たちに囲まれて事情聴取を受けましたよ。うちの会社では、歌舞伎町でN社の名前を発することすら禁じられています。スカウトマン同士でいるときも、その話は誰もあえてしないですよ。アンタッチャブル感がすごいです」

これまで得た情報の真偽を確かめようと、こちらの情報をスカウトマンにぶつけてみると、「何も話したくないし、私も何も聞きたくないです。やめてもらってもいいですか」と話を遮られた。

しかしこのスカウトマンも、現在も、歌舞伎町の路上でスカウト行為をしている。街を歩いてみても事情聴取のような光景は見られず、事態は一時落ち着いていると見ていいだろう。《中略》

このスカウト狩り事件のエンディングは、姿をくらましている双子兄弟が表に出てくることだろう。双子兄弟が見つかり制裁が加われば、歌舞伎町のスカウトも淘汰され、暴力団もいなくなって一石二鳥だという声もある。

[via:BLOGOS]
https://blogos.com/article/464900/

SNSでの目撃情報

・スカウト狩りが始まる前に出回っていた貼り紙

アホなスカウト・ナチュラルグループには絶対関わるな。しゃべるな。本業は特殊詐欺。アジト西川口。NK流風俗。この町から女の自殺、行方不明ホストがたくさん出たのは奴らにハメられて、弱みを握られ、全財産を取られたから。最低最悪だよな。特徴はイカツイ系・チンピラ・不良系・グッチ服・サングラス・薬物狂・目の下にタトゥー・109kg・だらしないヒゲ。在日中国人40代コンビ。三本ジャージ、シュプリームリュック、スキンヘッドに黒のニット帽(シュプリーム)。口ヒゲの奴は特に凶暴で狂犬(白いキャップ)165cm。ヤクザにもホストにもなれない奴らに不景気にされちまった。

・スカウト狩り後の貼り紙

この街で一番悪い奴ら(メンバーの中には10年前に加藤連合詐欺グループにいて逮捕されている)→ナチュラルグループ・スカウトマンのトップ、デブゴン 110kg。武闘派組織イケイケの兄貴達に袋叩き、顔面パンチ、血だらけ、強靭な格闘能力でお見事でした。ありがとうございます。リーゼルから隣のバックヤードまで逃げたそうで、ざまあみろ。今まで女性達をだまして金を盗んだり、自殺に追い込んだり、行方不明にしていたから、ホスト達も被害者ですよ。ナチュラルの奴ら全員、ボコボコにしてください。慰謝料請求してーな。


「お前どこのスカウトだ!」バレンシアガを着ていたら声をかけ、無関係のスカウトも殴られてる。スカウトと分かった時点で、殴られたと情報提供あり。一般人にも声をかけまくっている、ユニクロを着ていたらスルーされたと現地情報[6/6]


スカウト狩りの現場には血だらけのマスクやティッシュが散乱[6/6]


すしざんまい前で男五人が囲まれた模様[7/2]

ネットの反応

・いまもう落ちついてるしな、先月のやつを今更かよ
・警察動いてるなら終わりだな
・あれだけ異様な雰囲気だった頃はニュースにもならず今頃になって遅すぎますね。
・「関東連合」をなぜ記事から隠す?
・そもそも反社が平然と闊歩してることが問題
・歌舞伎町はイメージ悪いほど人が集まるだろ
・美人女性関係ないじゃん
・凄い単純な話だけど、暴力団関係と繋がりがあるスカウト会社自体暴対法で言うとアウトじゃないの?
・スカウト会社が自分のケツ持ちの暴力団に手を出したって聞いたな。
・A社のトップの双子のどちらかがヤクザの頭を割ってそれで追われてるのが真相じゃないか?
・しかしヤクザもスカウトにボコられて、集団で報復とは情けなない話だな
・もうこの際コロナ対策も含め歌舞伎町をすっきりさせてください。ミラノ座ができる頃までには。
・ホントに。全員共倒れしてくれ。
・警察が標的とするべきはスカウトをぶん殴る正義のヤクザではなく糞スカウトの方だろうが
・むしろ警察がしっかりと取り締まらないから、ヤクザがやってくれたじゃん。
・標的になってるスカウト屋さんって座間の生首事件の容疑者がいたところなんでしょ
・記事を読むと、その世界には世界なりの暗黙のルールがあり、それでバランスを保ってお互い平穏にやってきたわけで、そこでコロナ禍でルールを破ってしまったことでそのバランスが崩れてトラブルになってるだけとも思えるが。
・twitterではスカウト会社の社長が薬でヤクザのシマを荒らしたことが原因、という噂が流れていました。
・記事にならってA社(N社ですが笑)と敢えて書きますが、A社が引き抜きを始めたのは今年ではなく何年も前からやってます。今回の発端はヤクザをボコボコにしたりといった無謀な「下克上」。調子に乗り過ぎたんです。でないと、一応はカタギであるスカウトにヤクザが手出ししたりしません。なお、A社は店から「信頼が厚かった」のではなく人数を入れたから。
・A社はナチュラル。ヤクザは住吉会。双子はナチュラル社長の木山兄弟(※デブゴン)。ちょっと調べればすぐ出て来る話すらボカす姿勢はとても誉められたもんじゃない。
・表の警察と裏のヤクザ。元々いるヤクザを全部取り締まると、居なくなった所にさらに具合悪いのが来ちゃうんです。近場だと韓国マフィアとか中華マフィアとかロシアンマフィアとかが当てはまります。もし駆逐に成功した後で、日本のヤクザの後釜はどれがお好みですか。獣は正しい頭数でしっかり管理をし囲って、まとめて置くのがいちばん都合がいいのです。ソースは秘密。
・どうやらナチュラルの木山兄弟の片方が暴力団に捕まり、手打ちになったようだ。
・騒ぎは既ににチルしましたのでまた歌舞伎町に遊びに来てください☆


ナチュラル木山兄弟

スカウト狩り手打ちで収束!?

暴力団が散々コケにされたにも関わらず、手打ちで治めるとは非常に不可解である。

歌舞伎町ホスト関係筋の話によると、どうやらナチュラル社長・木山は、地元・立川市の女性宅のマンションに潜伏していたようだ。

その情報が住吉会らにリークされ、武闘派組員20数名が立川に向かって行ったと歌舞伎町水商売関係者の証言がある。6月6日(土)深夜に木山が見つかり、リンチは翌7日午前4時ころまで続いたという。

噂では木山が泣きついて、神奈川にあるスカウト会社経由で稲川会に仲介を依頼。木山に相当な額の和解金を払わせ手打ちにしたとの情報もある。

スカウト狩りで各組に加勢を呼びかけていた暴力団関係者のツイートでは「なにを血迷ったか女衒風情が生意気に。刺青を出し、街を我が物顔で闊歩するなど勘違い甚だしい。スカウト漫画の読み過ぎで頭に蛆でも湧いたか。」と勝利宣言。

確保された木山は、ナチュラルの存続を諦めたらしいが、木山兄弟のもう一人はまだ逃亡中。

手打ちした後も規模を小さくしてスカウト狩りを続けているようだが、金属バットでフルスイングした金髪社員は強い恨みを持たれており、連合軍が血眼になって探しているらしい。


目の下にタトゥー「雑魚ヤクザどもかかってこい」挑発的な発言

ナチュラルを完全に潰すまでスカウト狩りは続くのか。金だけでは引っ込みがつかない、やはりヤクザは体面を重んじるということか。

結果、スカウトが消えた新宿池袋は「ヤクザらしき人全然いない代わりにスカウトも全然いない。いるのは客かホストか安っぽい飲み屋のキャッチぐらい」の声がw。

[via:https://www.courmayeur.jp/scout-hunting2/]

関連商品

コメント

  1. 7
    名無しさん 2020/08/02 6:44

    女から貢がせたカネ、たんまり持ってるやろ?スカウト会社は潰さず、表では歌舞伎町で風を切って歩かせてやれば良いよ。裏で不良同士が手を組んで、カタにハメれば問題無し。美味しいなー住吉と稲川w

  2. 6
    名無しさん 2020/07/08 4:49

    放置とか言ってるやつアホやん
    関係ない人まで被害被ってるやろ
    お前が代わりに殴られたらええやん

  3. 5
    名無しさん 2020/07/08 1:02

    寧ろ放置して勝手に潰し合いさせりゃいいのに

  4. 4
    名無しさん 2020/07/08 0:48

    ①一特定

  5. 3
    名無しさん 2020/07/07 23:17

    馬鹿馬鹿しい。

  6. 2
    名無しさん 2020/07/07 22:21

    示談www

  7. 1
    名無しさん 2020/07/07 22:15

    日本のヤクザも少しは南米のギャングを見習えよ。
    サツともめずに金も取れるから示談とか、情けねえの。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事