ADULT

HEADLINE

許しがたい犯罪【流出詐欺】吉高由里子を襲った無修正裏DVD動画をリポート!盗撮された立ちバック

本誌が警鐘を鳴らし続けてきたのが、芸能人の名前を悪用した「無修正動画」の流出被害。今回、新たなターゲットになったのは今や押しも押されもせぬトップ女優の1人、吉高由里子である。

昨年の吉高は『知らなくていいコト』(日本テレビ系)、『日曜劇場 危険なビーナス』(TBS系)と2本のドラマにヒロイン役で出演。

10月には『東京タラレバ娘2020』のスペシャルドラマが放送されており、さらに10月23日に公開された主演映画『きみの瞳が問いかけている』も、あの『鬼滅の刃』に次ぐ2位の興行成績というスマッシュヒットとなっている。

「現在32歳のまさにおんな盛り。かわいらしさと色気を兼ね備えた魅力は日本でもトップクラスです。これだけコンスタントにドラマや映画で主演を張れるのも納得ですよ」(テレビ局ディレクター)

吉高のキャリアの中で伝説となっているのが、12年前に出演したR-15指定の映画『蛇にピアス』で見せた見事なフルヌードと壮絶な濡れ場だろう。

「同作に出演したときの吉高は19歳。監督は灰皿投げで有名な蜷川幸雄さんでしたが、吉高の魅力にメロメロでしたからね。オーディションでは監督を物陰に連れ込み『胸、そんなに大きくないけど、見ますか?』とその場でご開帳したという逸話も有名です」(映画会社関係者)

その後も着実にキャリアを積んでおり、2014年にはNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』のヒロインを演じ、紅白歌合戦の司会も務めている。

乳首出し吉高は稀有な存在

「同世代には新垣結衣、戸田恵梨香、佐々木希、大島優子といった名前が並びますが、このメジャー女優の中で乳首出しヌードの経験があるのは吉高だけです。それでいて清潔感や好感度を失っていないのだから、稀有な存在感だと言えるでしょう」(スポーツ紙芸能デスク)

一方、私生活では恋多き女としても知られており、これまで報じられただけでも玉木宏、高良健吾、松山ケンイチ、野田洋次郎、大倉忠義、成田凌ら、イケメン俳優から人気バンドマン、アイドルまで多彩な男性遍歴を誇っている。

そんなトップ女優・吉高に降って湧いた流出騒動を検証するべく、本誌は映像を入手した。

キッチンで立ちバック

問題の映像のタイトルは『吉高由里子 三井住友銀行№21との密会 ちなみに㈱シコレーダー企画代表私の主要口座はりそなです!』となっているが、これは本編とは一切関係がない、ただのオフザケ。唯一、理解できたのは「音声は入っていません!」という但し書きだけである。

続いて吉高の名前で検索したであろうウェブサイトの画像が映し出された後、問題の映像がスタート。この手の映像には珍しく、ごく普通の街中で手をつないで歩く男女の後ろ姿が映し出される。

男は白シャツにスラックスのビジネスマン風。女性は黒のTシャツに白のタイトなミニスカートでスラリと伸びた脚の美しさが際立っている。服装から見て夏場に撮影されたものだろう。

画像が切り替わると、先ほどのカップルが室内でSEXし始める。女性は背中を壁にもたれて立っており、男はその足元に跪いてスカートをたくし上げ、女性の股間に顔を埋めながら下着を丁寧に脱がせていく。

画面の隅にチラリと映るキッチンの洗い物や窓枠からぶら下がっている物干しハンガーがリアルな生活感を感じさせる。

「ごく普通の女性の部屋という感じですね。映像の角度を考えると、何らかの方法で設置した複数の小型カメラで盗撮したものでしょう」(流出映像に詳しいAVライター)

その後、2人はバックスタイルのクンニに変化。女性はキッチンに両手をついて豊満なお尻を突き出す姿勢になっており、男の舌技にウットリと目を閉じながら感じている表情を浮かべる。

女性は黒髪のロングストレート。細面で色白の美人風である。女性は上半身の服を着たままだが、下半身はいつの間にかすべてを脱がされ、そのまま立ちバックで挿入。男が激しく腰を振り続けているうちに映像はブッツリと終了した。


画像はイメージ

コロナ禍の巣ごもりで需要増加

時間にして4分強。映像を見た限り、吉高のものだと断定できる根拠はどこにもなかった。

「これまで似たような流出映像は何度も報告されており、そのほとんどは偽物でした。ハッキリ言えば、芸能人の名前を騙った詐欺行為以外の何者でもありませんよ」(同)

にもかかわらず、被害が後を絶たないのは、それだけ需要があるからだろう。本誌が入手したDVDパッケージには「6万3000円」と高額な価格が書かれていた。

「闇業者は最初から合法かどうかなんて考えていないですからね。被害を止めるためには流出した時点で人間を特定して流出を止めるしかないのですが、闇業者は短期間で稼いであっという間に逃げてしまうので、なかなかシッポをつかませない」(同)

しかも、昨今はコロナ禍による巣ごもり需要の増加もあって、例年以上に業者は特需に沸いているという。

「この状況下では簡単に風俗にも行けなくなっているし、アダルト業界も撮影が制限されて新作の供給が減っています。その隙間を狙ってネットなどで裏業者が荒稼ぎしているんです」(裏モノライター)

何事も用心が必要だ。

[via:週刊実話]
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/7587

【おまけ】
キッチンで立ちバック画像







これも流出詐欺

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事