OTHER

HEADLINE

有吉弘行が実写映画『進撃の巨人』を語る「漫画原作の実写化に文句言ってる奴はバカ」

6日のJFNラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」では、漫画「進撃の巨人」が主演・三浦春馬で映画化されることを取り上げた。有吉は「観たいよ、そりゃ」と同映画に興味がある素振りをみせたあと、人気漫画の実写化について語りだした。

有吉弘行
有吉弘行

実写化となると、漫画のキャラクターを俳優が演じることになるが、原作のイメージにそぐわないと批判されることも多い。有吉は「大変だろうね、相当」「可哀想。なんかファンが多い漫画」と、人気漫画を実写化する際のキャスティングに同情を示した。

また、「いろんな人出てくるだろ、キャスト。そのたびに『あいつ違う。こいつ違う』って言うんだよ、バカがよ」とたびたび持ち上がるキャスティング批判を一喝。

人気漫画だからこその実写化批判だが、有吉は「うるせえんだよ。じゃあお前勝手に作ってろよ。自分の家のパソコンで」「いいだろ別に。誰かが金払ってやってんだから」「ケチつけたからって何なんだよ」と畳み掛け、うんざりしている様子をみせた。[トピックニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/8714985/

■「進撃の巨人」実写映画化から2年半、ついに本格始動

進撃の巨人

2011年10月の実写映画化決定から2年半。ついに”巨人”が本格的に動き出した。

三浦春馬

当初メガホンを執る予定だった中島哲也監督(54)が降板し、白紙になるも昨年12月、平成「ガメラ」シリーズなどで特撮に定評のある樋口監督によって再始動した「進撃の巨人」実写映画化プロジェクト。続報第2弾は、主演・三浦春馬の発表だ。

映画の詳細はいまだ不明だが、巨人に襲われ荒廃した世界観を表現するため、”廃虚の聖地”ともいわれる長崎市端島(通称・軍艦島)での撮影を予定していることも分かった。

軍艦島
軍艦島

物語は、原作をベースに映画オリジナルの要素を盛り込んで、巨人のいる世界と、その世界にあらがう若者たちの姿を描くといい、原作者・諫山創(いさやま・はじめ)氏(27)が監修して準備を進めている。[msn]
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140403/ent14040306510001-n1.htm

【関連リンク】
映画「進撃の巨人」主演は三浦春馬!噂のキャストとTwitterでの反応まとめ

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 13
    名無しさん 2015/04/24 17:35

    アニヲタが基地の外。

  2. 12
    名無しさん 2014/04/11 15:09

    嫌なら見なきゃいいだけだしね〜

  3. 11
    名無しさん 2014/04/10 14:45

    有吉否定ばっか

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事