TROUBLE

HEADLINE

「進撃の巨人」を送り出したカリスマ編集者を逮捕 自宅で妻を殺害容疑

東京都文京区の住宅で2016年8月、住民の女性=当時(38)=が窒息死した事件で、警視庁捜査1課は10日、殺人容疑で、夫で講談社編集次長 朴鐘顕(ぱくちょんひん)容疑者(41)を逮捕した。

捜査関係者によると、朴容疑者は16年8月9日未明ごろ、文京区千駄木の自宅で、妻の首を圧迫して窒息死させた疑いが持たれている。

朴容疑者が同日午前2時45分ごろ、「妻が倒れている」と119番した。警察官が駆け付けたところ、階段の下付近に女性が倒れていた。頭に擦り傷があったが、ほかに目立った外傷はなかった。

朴容疑者は「妻は自殺したと思う」と説明。しかし、動機が判然とせず、遺体の状況など矛盾する点も多かったため、同課は事件の可能性があるとみて捜査していた。

女性の首からは朴容疑者のDNAが検出されたほか、同居する子どもたちの話などから同課は朴容疑者が殺害したと判断した。

朴容疑者は同社の人気漫画雑誌「週刊少年マガジン」の副編集長を務めるなどしていた。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000063-jij-soci]


逮捕された朴鐘顕容疑者

別冊少年マガジン元編集長の妻が怪死[週刊文春]

大ベストセラー漫画「進撃の巨人」(講談社)を立ち上げたカリスマ編集長A氏(41)の妻が、変死を遂げていたことが「週刊文春」の取材により明らかになった。A氏は警察の事情聴取を受けているという。

「進撃の巨人」は2009年、A氏が編集長(講談社での呼称は「編集班長」)として立ち上げた「別冊少年マガジン」で、創刊と同時にスタートした作品。

昨年12月に刊行された同作の最新単行本は初版202万部で、累計発行部数は6千万部を突破した。

講談社関係者は「いまや社の業績を支える屋台骨。無名の若手で実績の無かった諫山創さんの起用を決断し、『進撃の巨人』を世に送り出したAさんのセンスは並外れていると言わざるを得ません。社内では畏敬の念を込めて“鬼才”と呼ぶ人もいるくらいです」と話す。

そんなA氏の妻が16年8月9日、自宅で心肺停止状態で発見された。午前2時50分頃、A氏が119番通報している。「女性は病院に搬送されましたが、約1時間後に亡くなりました。38歳でした。玄関近くにある階段の下で、部屋着姿のまま倒れていたそうです。額に擦り傷が数カ所あったのですが、致命傷はなかった」(社会部記者)

A氏は、警察に対して「自殺だと思う」と説明していたが、警察は当初から事件性を疑っていた。

発生から5カ月、捜査は水面下で慎重に進められ、複数の監察医による所見で、「事故ではなく、他殺と判断して矛盾はない」との結論に達したという。

捜査関係者は週刊文春の取材に対し、「つまり夫が首を絞めた上で階段から突き落とした疑いがあるということです。捜査は大詰めの段階に来ています」と答えた。

講談社に事実確認を求めると、広報室を通じて〈事件性の有無等について現段階でお答えできません。(A氏に)聞き取りはしております。その内容についてはお答えできません。事態の推移を見守りつつ慎重に対応してまいります〉と回答。

A氏への直撃取材の内容も含め、詳しくは1月11日(水)発売の「週刊文春」で報じる。

[via:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6964]

実験場「別冊」から話題作[2011年6月1日]


別冊少年マガジン創刊記者発表会での朴鐘顕容疑者 [2009年9月8日]

「進撃の巨人」は2009年、「別冊少年マガジン」の創刊と同時に連載が始まった。老舗の少年マンガ誌「週刊少年マガジン」の編集部が立ち上げた雑誌だ。

「手堅いヒットを狙ってか、既存の少年誌に似通った作品が多くなり、新しい表現を発信する場を作りたかった」と編集長を務める朴鐘顕さんは言う。

創刊時、執筆陣に「絶望を描いてくれ」と伝えたという。言葉どおりの「進撃の巨人」、同級生の体操着を盗んだ中学男子が主人公の「悪の華」など話題作を生んでいる。いずれも「週マガで始めるのは難しい作品でしょう」と朴さん。

少子化の影響で既存のマンガ雑誌の部数は落ち込むが、単行本は堅調だ。新雑誌は、単行本のヒットを生む土壌として期待される。

[via:http://book.asahi.com/clip/TKY201105310332.html]

進撃の巨人と関係なくね?

逮捕された朴容疑者は大ヒット漫画「進撃の巨人」を連載していた雑誌の編集長を昨年まで務めていた。

一部メディアでは、朴容疑者は「担当編集者」だったと報じられているが、講談社広報室の担当者は「『進撃の巨人』の担当編集者だったことはありません」と否定している。《中略》

アニメ化や実写映画化もされた人気漫画「進撃の巨人」は、朴容疑者が編集長として2009年に立ち上げた雑誌『別冊少年マガジン』で、創刊と同時にスタートした。そのため、朴容疑者は「進撃の巨人」の連載に編集責任者として関わったと言える。

インターネット上では、朴容疑者の逮捕を伝えるニュースの見出しに「『進撃の巨人』編集者」を用いるメディアが多いことに対し、「漫画の名前を出す必要はあるのか」との声が漏れているツイッターには、

「進撃の巨人は事件と関係なくね? 見出しに使う必要なくね」

「殺人した事と進撃の巨人は関係ないのに何故そこをクローズアップするのか意味不明」

と違和感を感じるとの投稿が数多く出ている。

[via:http://www.j-cast.com/2017/01/10287691.html]

ネットの反応

・おいおいマガジンおワタ?
・朴容疑者www
・NHKが本名と国籍報道してるねw
・講談社で韓国人 あーあ、
・こいつ嫁が死んでからも会社来てたのかな
・近年不祥事続きの漫画編集者の中では講談社はまだマシかと思ってたらデカイの来たな
・西原理恵子の漫画に出てた朴君か?
・日本人妻を駆逐したか
・文春のスクープでまた警察が動いた!
・gtoの担当だった人じゃん
・このシチュエーションで自殺と言い張るのは無理があるだろ怪しすぎるだろ
・しかも落ちたと言ったり首を吊ったりと言ったり証言が二転三転してたってさ
・バレバレなのにけっこう時間かかるもんやな

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/01/11 15:05

    朴は日韓合意を履行しろ

  2. 1
    名無しさん 2017/01/10 17:49

    犬を喰う民族はやることが違うな!
    慰安婦問題よりひどい。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事