OTHER

HEADLINE

松嶋菜々子も食った!?「オリエント急行殺人事件」八木亜希子アナの女優力

かつてはフジテレビの顔として、芸能人並みの人気を誇っていた八木亜希子アナウンサー。その後結婚して相手の転勤に伴い渡米、そして帰国後は、かんてからポツポツと出演していた女優業に力を入れているようだ。


オリエント急行殺人事件 八木亜希子に絶賛の声


とはいえ、女優というほどの出演数はなく、たまに気まぐれに出ているだけなのかと思いきや、11日に放送された「オリエント急行殺人事件」(フジテレビ系)では女優顔負けの名演技を見せたと大評判になった。

同番組は、三谷幸喜脚本作品として、正月にふさわしい豪華な顔ぶれに目をみはるドラマ。

主演からしてドラマ出演など珍しい野村萬斎、そして脇を固めるのがベテランの西田敏行や佐藤浩市、ドラマ「Doctors 3」も大好評の沢村一樹と男優陣だけでも見応えありそうな作品なのだ。

そこへ加わった女優陣は、今が旬の杏、そして久々の登場となった松嶋菜々子、大御所には草笛光子などもいた。そんな中で、ただ一人本業女優業ではない人が八木亜希子。

普通なら居すくまって演技どころか台詞を間違えずに喋るだけで精一杯だろうが、八木は並み居る俳優たちがかすむほどの演技を見せてくれた。

八木が演じたのは、緊張しっぱなしの性格で地味な「教会で働く呉田その子」。あまりにも地味なその存在に、芸能リポーターですら全く気付かなかったらしい。

「え!? 八木アナだったんですか!前情報なしで見たらまったく分かりませんでした。見事に『八木亜希子』というブランドを消していた。

女子アナの中には『将来は女優になりたい』という子も少なくないけど、芽が出る人はほとんどいない。そんな中で八木アナの演技は、草笛光子や松嶋菜々子といったそうそうたる女優陣の中でも自然に溶け込んでいました。

むしろ杏ちゃんの方がわざとらしかったくらい。主役級の女優は自分らしさを前面に出したがる人が多いですが、八木アナにはそれがない。

その方が変幻自在の”カメレオン女優”になれるので、どんな役でもこなせる。脇役の中でも重要なポジションになれる可能性を感じました」(川内天子芸能リポーター)

あまちゃん 八木亜希子

実は、八木は三谷作品の半ば常連。映画「みんなのいえ」では日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞し、「THE 有頂天ホテル」にも出演。脚本家は違えど、昨年はNHK朝ドラの「あまちゃん」にも出演していた。

本人が女優を目指しているかどうかはともかく、女子アナの多くが目指すともいわれる女優業をこともなげにこなす才能は、これからさらに花開きそうだ。

[引用/参照:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/156362]

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/01/22 15:19

    学生の時に演劇やってたよな確か
    結構力入れてた気がする

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事