OTHER

HEADLINE

一体何が?【放送事故】NHKで本番中にお天気お姉さんが突然号泣のワケ・・・

12月1日に放送された「NHKニュース やまがた6時」(NHK山形)で、気象予報士の岡田みはるさんが突如泣き出すハプニングが起きた。

o20151202-1

この日、午後6時30分頃からのお天気コーナーに登場した岡田さんは、

「師走のスタートはこの時期らしく、ひんやりとして時雨の降る空となりました」

と山形県内の気象情報を伝え始めたが、それから1分が過ぎたあたりで急に涙声になって声を詰まらせ、無言の時間が生まれた。

o20151202-2

そして、涙声のままという明らかに何かがおかしい状態で天気予報は続行。画面が岡田さんを映し出したときには、俯いて涙をこらえ、また、涙を拭う仕草も見せた。

o20151202-3

そこからは画面が市街地の様子に切り替わり、岡田さんは中断を挟みながらもなんとか天気予報のコーナーをまとめ、番組キャスターにバトンタッチ。

ただ、この突然の出来事についてキャスターは「失礼いたしました。では、ニュースを続けます」と、すぐに通常のニュースを伝え始め番組を進行、番組の最後で改めて「お見苦しい点がありました」」と謝罪した。

なぜ岡田さんは泣き出したのか、全く理由がわからない中でのハプニングに、番組放送中からTwitterなどにも反応が続々。

「何があったんだ!?」
「悲しくて泣いてるのかな、辛くて泣いてるのかな、心配だ」
「みはるさん頑張れ!」「
プロとしてはダメなのかもだけど責めないであげて欲しいな」

などの声が挙がっている。

[引用/参照/全文:http://www.narinari.com/Nd/20151234984.html]

号泣の真相は・・・

この件についてNHK山形に問い合わせてみたところ、どうやら背景は以下の通りらしい。

「最初の映像は鶴岡市が流れる予定だったが、新庄市の映像が流れてしまった。

それで想定していた流れが狂い、準備していた資料が使えず、スタジオ内でもディレクターなどがバタバタしている状況が続いたため、気象予報士が混乱して泣いてしまった」

なるほど。

確かに生放送のカメラの前で突然アドリブで……となると、気の弱い人は泣いてしまうかもしれない。

テレビの緻密さが伺い知れるエピソードでもある。きっと膨大な量の予習をしただろうに……。気象予報士は大変だ。

そして、何の責任もない立場なのに、泣いてしまった彼女を無性に応援したくなる。これにめげずに頑張って!

[引用/参照/全文:http://www.narinari.com/Nd/20151234984.html]

【関連リンク】

気象予報士・みはる日和*小春だより

コメント

  1. 4
    名無しさん 2015/12/04 23:45

    俺は逆に好きになった!

  2. 3
    そり 2015/12/03 15:59

    やめてしまえ

  3. 2
    名無しさん 2015/12/03 10:56

    お天気お姉さん…×

    お天気おばさん…〇

  4. 1
    あほか 2015/12/03 9:10

    なんの責任もない立場だと?仕事なめんな!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事