TROUBLE

HEADLINE

首都圏では放送されなかった『さんまvs上沼恵美子』ガチ喧嘩!?放送事故!?凍てついた収録現場の証言

tr20160712-0

過去の因縁から“犬猿の仲”と噂された大物タレント同士の“手打ち”が番組共演で実現‼ ただその実情はというと……。

かねてより“共演NG”といわれてきた明石家さんま(60)と上沼恵美子(61)が、6月18日に放送された『さんまのまんま 大阪から生放送SP』(関西テレビ)で22年ぶりに共演を果たした。

「“しゃべりの天才”2人の22年ぶりの直接対決ですから、放送前から大きな話題でした。特に、過去の両者の因縁について何が語られるのか、注目されていましたね」(芸能記者)

tr20160712-1

過去の2人の因縁とはいったい何か。

上沼によると、22年前、同じ『さんまのまんま』に出演した際、上沼のスケジュールに合わせて収録の時間が通常よりも前倒しになったため、さんまがスタッフに不機嫌そうに、

「……なんでこんなに収録早いねん。誰やねん、今日のゲスト? おかげで寝不足や!」

と怒鳴るのを耳にしたというのである。

そして、それ以来、実際に両者は一度も共演していない。

生放送に先駆けて、まず強烈な“先制パンチ”を繰り出したのは上沼だった。

6月12日、関西ローカルの冠番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、

「なんぼ大スターで天下取ってる方でも、ハッキリせないかん。直接、私のことが好きなのか嫌いなのか、聞きます」

「私が先輩なんです。3年先輩なんです。芸能界では」

と吠えたのだ。そして迎えた『さんまのまんま』の生放送だったが、何もかもが“異例”だったという。関西テレビ関係者が打ち明ける。

「通常、同番組は生放送ではなく収録、しかも収録は東京です。それが今回は大阪の関西テレビ本社からの生放送で、台本はなし……。

実は、生放送だったのは上沼さんの絶対条件でした。上沼さんは、“さんまさんの番組だから自分にとってはアウェー。収録だと、さんまさんの側にいいように編集されてしまう”と心配していました。

だから、“共演するなら絶対に生放送”だと主張。しかも、スタジオは“自身のホームである大阪”で、と。この二つは、絶対に譲れない条件だったんです」

tr20160712-2

当日、スタッフはかなりピリピリしていたというが、いざ放送が始まると、さすがプロの2人だけに一転、和やかな雰囲気に……。

「オレにとっては姐さん。会うのは何年ぶりやろ」とさんまが上沼を迎え、一方、上沼も同番組が31年続いていることを祝福するなど、しばらくは和やかなトークが続いた。

しかし、上沼が、さんまとの不仲について報じた『週刊文春』を取り出すと、雰囲気は一変。

「上沼さんは、22年前に自分が同番組に出演した際のさんまさんの無礼について責め立てました。

だが、さんまさんは“先輩にそんな失礼なこと言うわけがない。自信がある”と認めず、2人の主張は平行線のまま。

さんまさんは必死に“絶対に言うてない”と反論していました」(前出の関係者)

それに対して上沼は、「足を踏んだ人は覚えてないねんて。踏まれたほうは覚えてんねん!」と激しく反論。

お互い一歩も譲らない状況となった。この後も応酬は続き、業を煮やしたさんまが「謝ってください!」と、上沼に迫ると、上沼も「なんで謝らなアカンの!」と応戦してみせた。

tr20160712-3

その後も言った言わないの押し問答が続いたが、上沼が折れる形で、「さんまさんが“言ってない”っていうことは受け止めました」と譲歩。

最後には上沼が、「さんまさん、ごめんなさいね」と両手を合わせ、握手して退場する上沼をさんまが見送り幕引きとなった。

「あの上沼さんが、最後に“折れた”のには驚きましたね……」

こう話すのはスタジオにいた関係者の一人。なぜなら、オンエア上は雪解けが演じられたが、現場は終始、凍りついていたからだ。

「最初、口論はネタかなと思っていましたが違いました。現場は本当に険悪なムードだったんです。生放送ですからテレビに映っている間はよかったんですが、スタジオが凍りついたのはCMに入った瞬間でした。

さんまさんも上沼さんもお互い顔を合わせることも、言葉を交わすこともなく、ずっと無言で正面を睨んだままだったんです」(前同)

両者とも怒りは収まっておらず、上沼を言い負かした形となったさんまは、25日放送のラジオ『ヤングタウン土曜日』で、改めて上沼との不仲説を、「不仲もクソも、不仲になるほど会ったこともないし、芸能界の大先輩ですし、(不仲に)なりようがないんですよ」と総括。

番組で、さんまを責め立てた上沼のことを、「(番組を盛り上げようとする)サービス精神だと思う」と語った。

「しかし、さんまさんは相当、根に持っていましたよ。あの温厚なさんまさんが、上沼さんに“間違っているので謝ってください”と言い切ったんですからね。

さんまさんにしてみれば、お笑いBIG3として四半世紀以上、テレビの最前線で戦い続けてきた自負がある。上沼さんも関西では絶大な人気を誇る“女帝”ですが、そこは、全国区の自分とは大きな差があると思っているはずです」(前出の関係者の一人) 

“手打ち”が無事に済んだかと思いきや、実際にはさらに大きな溝ができ、2人は、これで“本当の共演NG”となったようだ――。

[引用/参照/全文:週刊大衆07月18日号]
http://news.infoseek.co.jp/article/taishu_23202/

『さんまのまんま 大阪から生放送SP』
【放送日】6月18日(土)午後3:00~5:30
【放送局】カンテレ、岩手めんこいテレビ、仙台放送、さくらんぼテレビ、長野放送、テレビ静岡、石川テレビ、
岡山放送、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ、テレビ西日本、テレビ長崎、テレビくまもと、テレビ宮崎、沖縄テレビ

tr20160712-4

大阪のカンテレ本社から2年ぶりに生放送される『さんまのまんま』。 ゲストに関西のしゃべくり女王で『快傑えみちゃんねる』MCの上沼恵美子が出演することが決まった。

過去に上沼が『さんまのまんま』に出演した1994年4月8日以来、実に22年ぶり、2回目の出演となる。

大阪からの生放送スペシャルは4度目で、他にも関西にゆかりのある芸能人をゲストに招き、2時間30分の拡大版で放送する。

『さんまのまんま』は32年目、『快傑えみちゃんねる』は22年目というカンテレの2大長寿番組。しかも、偶然にもその2大番組のMCは1955年生まれで同い年。

上沼は18日の生放送に際し、「久しぶりの共演で、あがっております」と、久々のさんまとの対面に意外にも緊張している様子。

22年前、1994年4月8日の放送では、さんまは「会ってしゃべるなんて夢のよう。すごい先輩」と緊張気味に紹介して上沼をスタジオセットに迎え入れた。

「初めましてですよね?」という上沼に、さんまは「初めて会った時のことを、覚えてらっしゃらないんですか?」と初対面の思い出を語った。

さんま曰く、2人の初対面はラジオ番組『MBSヤングタウン』(毎日放送)で、さんまが同局でドアを開けたところ、上沼にぶつけてしまい平謝りしたという。

すると、上沼は「さんまちゃんやったらエエわ~」と笑顔で許してくれたのだとか。

しかし上沼は「覚えてないわぁ」と、さんまと出会ったことすら忘れており、さんまにとっては憧れの人との感動の初対面だっただけにガックリしたという。

さんまが料理にハマっていると聞き、お土産に料理本を持ってきた上沼。それをきっかけに、上沼が22歳の時の“オムレツ事件”の話に。

失敗したオムレツに対する夫の何気ない一言が悔しくて、感極まって涙があふれた上沼。号泣しながら「出ていく!」と言い放って家出したという。

「でも(ご主人を)愛してるんでしょう?」とのさんまの問いに「そうですね」と上沼は恥じらいながら答えた。「漫才ってね、好きな人が出来ると照れてしまってできないんですよ。

山本リンダの振り切ったモノマネも、彼の前ではできなかった」と夫と出会った当時のラブラブぶりを振り返っていた。

[引用/参照/全文:http://www.ktv.jp/info/press/160604.html]

ネットの反応[放送時の実況]

・上沼キレてるwww
・ガチやん
・上沼怖いwww
・上沼も話術あるから面倒臭いな
・生放送やから逃げられへんw
・こんなさんま初めてみたわ押されまくりやん
・どっちも折れる気なくて草
・2人とも話術あるくせに空気読まないから主導権争いが不穏すぎるわ
・2人とも、番組としては成り立たせるけど絶対折れてへん。
・ワイ都民。やってないンゴね
・さんまは大人やな
・上沼とかキレ芸やしここまで含めてのパフォーマンスやろ
・でも笑いにするなあ
・ヤバイ雰囲気になりそうやったな
・さんま死にそうな顔してて草
・けどさすが上沼さんや しっかりと爪跡残したで
・プロレスとしては面白かった 上沼もやっぱ芸人やわ

ネットの反応[放送後]

・大阪のおばちゃん対決としては上沼恵美子より西川ヘレンのほうが上手。
・上沼恵美子より西川家のがおもろいわ。上沼恵美子はジョーダンで終わられへん感じする時あるもんな。せやのにさんまちゃんは笑いにもっててほんま凄いなぁって思った!
・個人的に上沼恵美子嫌いやからそこだけ見なかった 色んなツイート見てから見なくて正解やった(^w^)
・さんまのまんま、上沼恵美子の言ってた話ほんまやと思うなーw
・東京で後輩とタレントに囲まれてぬるま湯に浸かってるさんまに、上沼恵美子がキレキレの展開力を見せつけた。しかし、大阪と先輩面を全面に出しすぎて最後は自滅した感。とにかく恐かったナ
・お互い半ギレでめちゃくちゃヒヤヒヤしたけどお互いキレながら笑いとったろみたいな感じでめちゃくちゃオモロかった
・あれネタじゃないとすれば個人的にはさんまさんがクロだろ(笑)さんまさんて頭の回転早いし、ずる賢いよな。自分の事を良い方に持っていく手口すげ。
・さっきのバトルの余韻がまだ残ってるけど、沢口靖子のほほんとして癒される(´∀`*)
・なんか後味悪かったけど最近のテレビにはない緊張感が漲ってた。でもプロレスだったのかな?
・昔から上沼恵美子大好きで今日久々にさんまのまんま生放送SPで二人のトーク聞いてたけどしょうもない話うだだうだして全然面白くなかった。
・上沼恵美子の東京コンプレックスに根差してる気がした。被害妄想的な。
・なんとなく上沼恵美子の側につく、やはり自分は関西ローカル。
・結果、上沼恵美子がマウントでボッコボコに殴りかかり、さんまはロープにつかまってただけでした。器のちっちゃさが露呈しただけのさんま。怖い、上沼恵美子。
・気分が悪くなって、テレビを消しました。楽しいお話しを期待していたのに・・・
・上沼恵美子のラッシュに、さんまの堂々たる受け身。異種格闘技戦みたい(笑)
・最後謝った!さすが上沼恵美子さん!
・上沼恵美子、一枚も二枚もうわてやね!女やから分かる。言われたことは忘れないから。一触即発を避けて最後「すみません」て折れたもん!本当は腹たってたまらんはず!顔は引きつってたし。さんまちゃんを翻弄させて帰っていったのは拍手👏👏👏えみちゃんしかいないね!さすがプロ👍
・「まったく覚えてないわー、でも言うたんやったらすんません!」で終わるのに(´^ω^`)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事