OTHER

HEADLINE

もうカラダしかない!?田中みな実 バッシング頻発のワケ 傲慢な裏の顔と事務所との不協和音

26日発売された「週刊文春」(文藝春秋/11月2日号)にて、フリーアナウンサー・田中みな実の“現場での評判”が報じられ、じわじわと話題になりつつある。

「田中の態度の悪さは有名です。番組収録前の打ち合わせ時間を取ってくれないことも多く、指示した進行も守ってくれない。しかも確信犯なので、いくら注意しても知らん顔なのですよ。

本人は“アナウンサー”という枠を超えて、大物芸能人気取りなのかもしれませんが、とにかく使い勝手が悪いので、古巣のTBS以外、レギュラーで使うキー局はないですよね」(テレビ局関係者)

田中はTBS退社後、『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)や『起笑転結』(日本テレビ)など、他局の番組にもレギュラー出演していたが、現在では『ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』『有吉ジャポン』と、民放ではTBSの番組のみとなっている。

「今回の『文春』報道について、情報を流したのは所属事務所じゃないかと噂されています。以前から『事務所が田中をクビにしたがっている』と、業界では話題になっているんです」(同)

田中が所属する事務所といえば、大物フリーアナウンサーである宮根誠司、羽鳥慎一が所属する事務所だ。

同事務所はかねてより、“好感度アナ1位”の日テレ・水卜麻美の獲得に向けて動いているといわれており、そのことが田中にも影響しているという。

「来年、再来年という話ではないでしょうが、水卜アナがフリーに転身するのは間違いない。

その際には『うちに』と、宮根さんと羽鳥さんから誘いを受けているようなのですが、水卜アナは、ある人物の存在がネックになって“一つ返事で”とはいっていないようなんです。

その人物というのが、田中アナですよ。以前、水卜アナと熱愛が報じられた関ジャニ∞の横山裕をめぐって、いまだに確執があるみたいです」(同)

水卜と横山は2015年に熱愛が報じられたが、今年3月には横山と田中の熱愛も報じられ世間を驚かせた。

「横山と田中の関係はまだ続いているといわれています。事務所としては、水卜獲得のために何度も別れさせようとするものの、田中は聞く耳持たずといいます。

扱いにくく需要もなくなってきている田中よりも、実力があり、フリー転身後も安泰と見られている水卜を欲しがるのは当然でしょう。水卜のために田中を辞めさせることができるか、事務所の戦いはこれからでしょうね」(別のテレビ局関係者)

女の戦い第2ラウンドを制するのは、果たして水卜か田中か――。勝敗が気になるところだ。

[via:Business Journal]
http://biz-journal.jp/2017/10/post_21145.html

芸能界から追放の危機?

「10月26日発売の『週刊文春』で田中の高飛車で傲慢な“裏の顔”が報じられています。

自身がMCを務める番組では、スタッフらに『なんでこんな人を呼んだんですか』と文句をつけたり、番組後の反省会をすっぽかしたりと、上から目線のやりたい放題だというのです。

マネジャーのことも酷使しているようで、1年で3回も替わったことがあるそうです。さらには、メイク担当者が逃げ出すほどとも報じられています」(芸能記者)

田中はTBSにアナウンサーとして入社し、2014年に独立。現在は大手事務所系列の有力事務所に所属し、フリーランスとして活動している。

「田中のわがままぶりには所属事務所も手を焼いており、退社を画策したこともあるとの情報も一部で報じられています。傲慢な態度だという報道が出るのも、周囲が田中と縁を切りたがっていることの裏返しでしょう。

このままだと芸能界から追放されかねません」(同・記者)

田中はTBSを退社直後に、担当した番組が次々と終了していったという過去もある。

失恋が連続して不安定に?

「田中が精神的におかしくなった最大の原因は失恋です。長年交際した『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾とは結婚寸前でしたが2015年に破局。

今年年始ごろから交際していた『関ジャニ∞』の横山裕とも春ごろに破局したとされています。

11月23日に田中は31歳になるのですが、周囲に『30歳のうちに誰でもいいから結婚して』と口走るなど、精神的に不安定になってしまったようです。

最近の傲慢とわがままも、失恋と結婚への焦りからでしょう」(芸能プロダクション関係者)

横山は、田中の前に交際していた日本テレビの水卜麻美アナと復縁したと一部で報じられた。このことも、田中をより追い詰めているようだ。

周囲に号泣し釈明か

そんな精神状態なだけに田中は、今回の報道を受けて、周囲に対して号泣しながら釈明を行ったという。

「報道後、田中は周囲の芸能界有力者らに泣きながら『そんなつもりはないんです』と釈明したそうです。さすがに芸能界で干される焦りを感じたのでしょう」(同・関係者)

かつてのような“みんなのみな実”に戻れるだろうか。

[via:まいじつ]
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171101/Myjitsu_035310.html

事務所はクビにしたい?

そんな田中について、業界内ではある不穏なウワサが駆け巡っているという。

「田中は2014年にTBSを退社し、以降は芸能事務所・テイクオフに所属するフリーアナとして活動していますが、これまでに、事務所を辞めようとして周囲に相談していたことがあるんです。

しかし、テイクオフといえば芸能界大手・バーニングプロダクションの系列事務所だけに、移籍や独立はご法度。

しかも、こうした行動を事務所に気付かれ、怒りを買ってしまい、今の田中は、芸能界に首の皮一枚の状態でつながっている状況に陥っています」(テレビ局関係者)

また、田中は「文春」で、マネジャーが頻繁に変わることを指摘されていた。事実、彼女はスタッフに対する態度が横柄で、事務所の担当スタッフはすぐに辞めてしまうという。

「田中の周囲の惨状を知った事務所幹部が、直接田中に『どうしてスタッフに対して、そういう態度を取るのか』と問い詰めたことがあったそう。

これに対し、田中は『ごめんなさい。私、本当に何が悪いのかまったくわからないんです』と真顔で言い返し、周囲を呆れさせたといいます」(同)

このように、事務所内でも“問題児”扱いされている田中。本人は、自身の何が悪いのかわかっていないかもしれないが、周囲にとって、あの肘ブラショットは、“崖っぷちヌード”に見えていたことだろう。

[via:サイゾーウーマン]
http://news.livedoor.com/article/detail/13802809/

ネットの反応

・じゃあとりあえず脱ごうぜ!
・田中みな実ぐらいの容姿と能力があれば誠実に仕事しさえすれば食いっぱぐれはなさそうなのになあ
・謎のネガキャン記事が頻発するのが意味不明だな
 >こういうのって適当な妄想記事だからなw
・泣きは武器
・番組バンバン出てるし。嫌なら呼ばないだろ。
・こいつはナチュラルボーンわがままだろ
 今に始まった事じゃない
・キャラ作りすぎて頭おかしくなった?
・たしかにMXでは上から目線だった気がする
・前にも先輩の青木にタクシーの運転手やレストランのウェイターを怒鳴り散らしてるて暴露されてたからな
・青木裕子がTBSを辞める時に最後に田中に言いたい事があるって言ったのが下の二つ
 1.TBSの女子アナと上辺の付き合いしかしてないのできちんとやってほしい
 2.飲食店や駐車場の係員など立場の弱い人に優しくしてほしい
・マツコの目にくるいはなかったな
・仮に事実だとしてもそんなことをマスコミが一斉にバッシングするようなことか?
 もっとひどいの一杯いるだろう?
 なんかトラブって消そうとしているのがいるな
・記事の中に真実はいくつあるんだか
 もしかしたら一つもないかもしれん
 横山とは写真も無いしどこで出会うんだこの二人が
・嘘くさいなぁ 急なバッシングには何か裏ある
・何で藤森と別れたんかな お似合いだったのに
・あのおっぱいを藤森は堪能したんだよなあ

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/11/03 5:42

    「こういうのはアンチ目当ての作文記事なんですよ。
    嫌いな対象者を叩いてくれる作文はアンチにとっては気持ち良いオナニーのオカズになる。
    結局は商売だから売れる見込みのある人しか扱わない訳で、そうなるとアンチの多い人間を叩く事になる。」
    (週刊誌関係者)
    -では何故アンチが多いのか?
    「妬み嫉み僻みで反感を買うだけで何ら合理的な理由もない感情論で嫌われてるだけですよ。
    田中みな実の場合ブリッコが嫌われてるだけで、それが嫌いって言っても叩くには大義が無いですからね。
    それなのに一方では可愛いから人気がある。
    だからいつまでもテレビで見かけるんでアンチにとっては消えてほしくて何でも言いから叩きたいんです。」
    (某心理学者)
    出版社の金儲けとアンチの憂さ晴らしの利害が一致したという結果だな

  2. 1
    名無しさん 2017/11/02 14:20

    記事をそのまんま鵜呑みにするのもなんだかな〜、この記事自体も田中みな実をおとしめる何かしら意図があるんじゃないのかな…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事