OTHER

HEADLINE

洋画吹替え版の裏事情 声優より芸能人が起用されるワケ【苦情殺到の吹替え映画まとめ付】

俳優の玉木宏(38)、木村佳乃(42)、満島真之介(28)らが28日、都内で行われた映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)の記者会見に出席した。

前作「ジュラシック・ワールド」(2015年)に続き、玉木と木村は今作でも日本語吹き替え版の声優を務める。

3年ぶりに主人公・オーウェンを演じる玉木は「3年前よりも体力は上がってきている。意識的に運動をするようになったので、それは自信を持って言えます」と力を込めた。

一方、恐竜保護団体(DPG)を立ち上げるクレア役の木村は「私は衰える一方です…。前作は30代最後の年で、42歳になりました。はぁ~。老化現象を感じます。経験は増えてまいりましたので、ごまかしていきたい」と苦笑い。

新作の収録については「叫び声、うめき声、あえぎ声などで前回は喉を潰してしまったので、今回は喉を潰さないようにしたい」と意気込んだ。

最近、洋画の大作では俳優、アイドル、お笑い芸人などを日本語吹き替え版に起用することが多い。しかし、ネット上で「イメージと違う」「ヘタすぎる」など酷評されることも目立つ。

「前作では玉木さんを称賛する声が多かった一方、木村さんは本人が『声を潰してしまった』と言う通り、酷評の嵐でした。

ただ木村さんは普段からスタッフに対しても気さくで、一緒に仕事をしたい女優さんの一人。本人もそうした声を気にしていたし、気合十分だから、今回は“リベンジ”してくれると思います」(映画関係者)

ファンからは「どうしてプロの声優を使わないのか?」と疑問の声もあるが、前出の関係者は「特に洋画はメディアに取り上げられなければ、動員につながらない。声優の知名度は芸能人には及ばないから」と語る。

今後も声優に、芸能人の起用が続きそうだ。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1022935/

ネットの反応

・アイドルならともかく芸人の吹き替え目当てで観にいくやつなんていないだろ
・テレビの芸能ニュース枠で取り上げてもらえるかどうかの差 声優オンリーでは絶対にない
 >なるほど、これが大きいのかな
 >つまり、映画会社の宣伝担当がどうしようもない阿呆
・まあ声優だかアイドルなんだか、最近は訳の分からんヤツが多いしな。
・今の声優って役者というかアニメ声の人がなる仕事だからな
・上手い役者ならいいと思うけど
・プリキュアに毎年出てる芸能人たちは上手いよ
 今年の北村一輝も最初全くわからなくて声優かと思った
・これいわゆる声優芝居が嫌いなやつって一定数いるんだよね
・別に俳優がやるぶんには構わんよ それだって演技であり俳優の仕事なんだから
 そうでないのが多すぎるだけで
・作品の質より宣伝効果を狙った商売
・やる気もスキルもないタレントに吹き替えやらして作品を貶めて映画ファンを減らす作戦なんですかね
・結局炎上商法か
・そういう知名度優先の起用しないと客引きできないような作品なんだから仕方ないな
・ガイドと呼ぶらしいが、まずプロの声優が吹き替えをして、それをヘッドフォンで聞きながらタレント様が声を当てるんだってな これをバラした東條なんとかいう声優は干された
 >そのまま声優が吹き替えしてるやつをDVD副音声にしてくれりゃいいのに
 >東野英治郎のアテレコ論争ってのググッて読んだら面白いよ
・サウスパークの芸人吹き替えはあれはあれで良かった
・結果的に吹き替えがクソだから字幕版を見るだけになる
・下手だから批判されてるのに気付け
・まりこ様にはシビれたわw

苦情が殺到した吹替え例

『TIME/タイム』(2012)

本作では、ヒロインのシルヴィアの声を当時AKB48で人気を博していた篠田麻里子が吹き替えている。しかし、あまりにも棒読みすぎる演技に批判が殺到。

しかもDVD/ブルーレイがリリースされた当時、TSUTAYAのレンタルランキングでは4週連続首位を記録するほどの人気作だったのに、「マリコ様の日本語吹き替えが最悪」とわざわざ店頭のポップに書かれるなど、想像を絶するヘタクソぶりが話題となった。

『プロメテウス』(2012)

映画『プロメテウス』の日本語吹き替え版が公開された時、映画史に残る惨劇が起きてしまった。

ノオミ・ラパス演じる主人公:エリザベス・ショウの声を担当したのは剛力彩芽。その第一声を聞いた瞬間、全国の映画ファンが「やめてくれ!」と悲鳴を上げた…かどうかは分からないが、とにかく本作における剛力彩芽の酷評は熾烈を極めたのである。

なんせ、声優初挑戦でハリウッド大作映画の主役を演じるという無謀さに加え、エリザベス・ショウのキャラクターにも声質が全く合っていない上に年齢も若すぎる(ノオミ・ラパスとの年齢差13歳)など、「人選ミスでしょ?」としか思えない配役に非難轟々。

中には「剛力さんはダンスが上手い」と擁護する者もいたようだが、残念ながらその才能は『プロメテウス』に1ミリも活かされていなかった。

実はこの時期、有名な映画やドラマなどで剛力彩芽がキャスティングされまくるという謎の”剛力バブル現象”が起きていたのである。このため、世間からは「ゴリ押し女優」とか「剛力出すぎ」など、大変なバッシングを受けていたらしい。

『ザ・シンプソンズ MOVIE』(2008)

1989年からアメリカのFOXテレビで放送されている人気アニメで、日本でもファンが多い『ザ・シンプソンズ』。

その劇場版が2007年に公開された際、なぜかプロの声優が担当していたテレビ版の主要キャストを全て変更し、所ジョージや和田アキ子、ロンドンブーツ1号2号の田村淳やベッキーなど、お笑い芸人やタレントが多数起用された。

この変更について20世紀フォックスの日本支社は、「『日本人が理想とする明るく楽しい家庭』をテーマにそれぞれの配役を決めました」と理由を説明するものの、従来のファンからは「ウソつけ!」「そんなの知らねーよ!」などと批判が殺到。新聞や雑誌でも報じられるほどの大騒動が勃発した。

その抗議活動は日増しにエスカレートし、オリジナル声優の復活を求める署名サイトやブログが次々と開設され、3000人を超える署名が集まり、ついにはホフディランの小宮山雄飛が20世紀フォックスの日本支社を訪れて直談判するという、前代未聞の異常事態にまで発展したのである。

結局、劇場公開時には芸能人吹き替え版で上映されたが、ソフト化される際にオリジナル声優による吹き替え版が新たに製作され、DVDとブルーレイには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類の日本語吹き替え音声が収録されることになった。

『アベンジャーズ』(2012)

元々『アイアンマン2』、『マイティソー』、『ハルク』、『キャプテンアメリカ』などでは、ブラック・ウィドウを声優の佐古真弓、ニック・フューリーを手塚秀彰、ホークアイを阪口周平がそれぞれ演じていた。

しかし、それらのヒーローが勢揃いする『アベンジャーズ』では、ブラック・ウィドウに米倉涼子、ニック・フューリーに竹中直人、そしてホークアイに雨上がり決死隊の宮迫博之が起用されたのである。

この突然の変更にファンは大激怒。中でも『アイアンマン』から『キャプテンアメリカ』までの4作品でニック・フューリーを演じた手塚秀彰の降板に対しては、「よりによって集大成となる『アベンジャーズ』で外すとは何事だ!」と不満を爆発させ、元の声優に戻す呼びかけを行ったところ、1000人を超える賛同者が集まったという。

『WANTED』(2008)

主人公ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)の声を吹き替えたのは「ウィッシュ!」でお馴染みのDAIGOである。

改めて言うまでもないが大変な不評で、演技が上手いとか下手とかの問題以前に、「どこからどう聞いてもただのDAIGO」というヒドい有様だった。

なお、本作がテレビで放映された際も、「主人公の声が下手だと思ったらDAIGOじゃねーか」「吹き替えが下手くそすぎる」「声優に向いてない」「DAIGOマジひどいな」「下手過ぎて笑うwww」などの罵詈雑言でTLが埋め尽くされ、それを見たDAIGOがショックのあまり「旅に出ます」とつぶやくほどだった。

『サウスパーク/無修正映画版』(2001)

アメリカのケーブルテレビチャンネルで放送されている人気アニメで、日本では1999年からWOWOWが放映権を取得し吹き替え版を放送していた。

1999年に劇場版が作られ、2000年には日本でも公開されたが、松竹芸能所属の芸人が多数参加して大阪弁での吹き替えが行われたため、TV版のファンから猛烈に非難されたという。

『TAXi 4』(2007)

リュック・ベッソンが製作した人気カー・アクション・シリーズの4作目。しかし、前作『TAXi3』まではプロの声優が担当していた主役2人を、本作では当時売れっ子だったオリエンタルラジオが担当。

さらにヒロインを眞鍋かをり、重要なサブキャラを高田純次が演じたことでシリーズのファンから凄まじい批判を浴びてしまう(DVDには劇場公開版とオリジナル声優版の2種類が収録された)。

『ハンコック』(2008)

主人公のハンコック(ウィル・スミス)はプロの声優が演じているのだが、ハンコックの友人として登場するレイの声をEXILEの眞木大輔が演じて大ブーイングに。

脇役とは言え、「主人公を助ける」という重要なキャラだから出番もセリフも多く、その分ヘタな演技が目立ってしまったのだろう。違和感が尋常じゃない。

『呪怨パンデミック』(2008)

ホラー映画の吹き替えなのに、ハリセンボンの箕輪はるかと近藤春菜、森三中の大島美幸と村上知子と黒沢かずこ、そしてまちゃまちゃという、全く意味不明のキャスティングに全国のホラー映画ファンが怒り心頭。怖がらせたいのか笑わせたいのかどっちなんだ?

[via:http://d.hatena.ne.jp/type-r/20150926]

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2018/05/31 16:57

    俳優でも芸人でも合ってりゃ棒読みだろうと文句言わないけど、周りが声優だと浮くんだよな
    吹き替えで違和感感じたらほぼ必ず声優じゃない人だし

  2. 4
    名無しさん 2018/05/30 21:39

    今のアイドル声優もどーかと思うが…商売になるんだろーね、どっちもどっちだけど洋画の声優には実力のないアイドル声優なんか登用されないでしょ

  3. 3
    名無しさん 2018/05/30 20:14

    まともな声優ならいいが
    男女共にアイドル声優みたいなの使うくらいなら
    俳優のがマシだわ

  4. 2
    名無しさん 2018/05/30 19:10

    女性の半数以上は「お気に入りの俳優・タレント」が出ているかどうか?で映画館まで行くかどうかを決めるというアンケート結果が出てる以上は 興行収益UPのためにはしゃーないんやろ BD・DVDにプロの声優Ver.
    が収録されるのはまだマシなのが現実だし
    某老害女性翻訳家も早く引退して欲しいわ

  5. 1
    名無しさん 2018/05/30 18:15

    申し訳ないけど俳優がやるアテレコなんて下手過ぎて観てられない…声優なんて名乗れるレベルじゃないしね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事