SCANDAL

HEADLINE

柴咲コウ“和牛王”との破局報道 事務所側がネガキャンの可能性も・・・大河ヒロインは代打だった!?

sc20160822-1

女優・柴咲コウが、実業家男性とスピード破局したことが伝えられた。

2人は7月6日付のサンケイスポーツで、数年間の友人関係を経て、今年に入ってから交際をスタートさせたという話が報じられたばかり。

だが、それから間もなくの破局の理由は、柴咲が主演する来年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の撮影がスタートしたことで、多忙によるすれ違いとも伝えられた。

ただ、柴咲に近い芸能関係者によると「彼女は『勝手にいろいろ報じられている』と戸惑っていた」というのだ。

相手男性は、ホリエモンこと堀江貴文氏と一緒に和牛ブランドを世界に売り出すプロジェクトを手掛けているネット通販の経営者・浜田寿人氏だったが、交際報道の直後に

「週刊文春」(文藝春秋)で「柴咲コウ熱愛“和牛王(39)”はバツイチ子持ち・破産歴アリ」、

「週刊新潮」(新潮社)で「柴咲コウの新恋人『和牛マフィア』社長の倒産歴も…」

と、離婚歴や、過去に映画事業で失敗し破産したことがあるなど、ネガティブな続報が同時に噴出。

これについては柴咲サイドの関係者が不快感を示していたが、芸能関係者の間では「浜田氏のネガティブキャンペーンを仕掛けたのは、当の柴咲サイドではないか」というウワサも聞かれていた。

「柴咲の所属事務所は、まだ軌道に乗っていないような事業をやっているバツイチ男性との交際には最初から反対で、柴咲が知らない話も含め、メディアにリークしていたと見るのが自然」と芸能プロ関係者。

言われてみれば、週刊誌2誌がそろって同じ浜田氏のゴシップを伝えているというのも妙な話である。

「事務所が一番気に入らなかったのは、柴咲を自分のビジネスの宣伝に使おうとする浜田氏の魂胆が見え見えだったというウワサ」(同)

sc20160822-2

事実、堀江氏がバラエティ番組でその一端を暴露。浜田氏が経営する飲食店のオフィシャルビールとしてサントリーを勧めていたのに、柴咲がCMキャラクターを務めるアサヒビールのポスターを貼っていたというのだ。

破局報道後にはそのポスターが消えていたというが、彼氏がこれ見よがしに柴咲との交際をアピールするようなタイプだったことがうかがえるエピソード。

浜田氏の和牛事業は広く出資者を募っている面があり、人気女優の交際相手となればプラスに働くことは想像に難くない。ただ、そうした打算的な姿勢に、柴咲サイドが不快感を示したということは十分あり得る話だ。

ある芸能リポーターにこうした話を聞いてみると、

「芸能人と交際するには、その芸能人の商売に理解がないとダメ。交際を公にするのかしないのかは所属事務所の意向に沿うべきで、交際から間もない時期なのに恋人のポスターを平気で貼るようなド素人は、タレントの交際相手には向かない」

とバッサリ。

柴咲自身は戸惑っている様子だという一連の報道だが、大河ドラマ『おんな城主 直虎』では未婚女性を演じるだけに、ネガティブに見られる相手との早い破局は、結果的によかったかもしれない。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/11915527/]

大河ヒロインは代打だった!?

sc20160822-3

来年1月スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演に、“和牛王”の異名を持つ実業家との熱愛も発覚。公私ともに絶好調な女優・柴咲コウ(34)。だが、そんな彼女を困惑させる事態が起こっていた。

事の発端は7月11日にさかのぼる。俳優・渡辺謙(56)が『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際、双子を出産したばかりの娘・杏(30)から、2年ほど前にこんな相談を受けていたことを明かした。

「長くて大きい仕事のオファーがあるが、結婚したのでできれば子供が欲しい。子供を産むとなると、それなりに覚悟しないといけないので、その仕事を受けるかどうか迷っている」

渡辺の発言に肝を冷やしたのはNHK関係者だった。

「謙さんの発言には困りました。“長くて大きい仕事”といえば業界では誰もが大河ドラマだと考えます(苦笑)。杏さんに断わられたから、柴咲さんに“代役”でオファーしたと取られかねません。」

番組放送後、ネット上でも〈「長くて大きい仕事のオファー」って十中八九アレだよね?〉〈映画にしては期間が短いから大河だよ〉といった憶測が飛び交った。テレビ誌記者がこう話す。

「通常、大河ドラマの撮影は、前年の夏にクランクイン。キャストの調整などがあるため、準備に2年ほどかかります。杏さんにオファーがあったのが2年前だとすると、該当する大河ドラマは『おんな城主 直虎』だった可能性が高い。

しかも、プロデューサーと脚本家が、杏さんが主演を務めた朝ドラ『ごちそうさん』を担当していたコンビですからね」

制作発表の際、「『あっ、やりたい!』って割と早い期間、1週間くらいでお返事しました」と決意を語っていた柴咲だが、“おんな城代”だったとすれば複雑な思いだろう。

[via:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160723/enn1607231530013-n1.htm]

ネットの反応

・こいつはドラマの共演者とも挨拶代わりにセックスするらしいからな
・とりあえずセックスしてみただけなだろう
・1回やったくらいで付き合ってると思うなよ
・和牛王「芝崎の肉はもう消費期限切れ。」
・こういうのって次はもっと格下の男しか相手にしてくれなくなる。
・ドラマ始まる前の熱愛話って宣伝だろ
・幸恵さんのローストビーフみたいなビラビラをペロペロしたい
・柴咲コウが過去のセックス履歴に残るのはうらやましい。
・最終的に売れない俳優と結婚しそう
・和牛王「腐る寸前が美味いと思ったら腐っていた。」
・柴咲モウと呼ばれるのは嫌だったんだな
・事業家も裏は真っ黒だからなあ
・相武紗季みたいにならなくて良かった
・ISSAとより戻せばいい
・妻夫木が結婚したのがショックだったのか

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事