SCANDAL

HEADLINE

千鳥・大悟 金髪ダンサーと不倫愛報道で嫁「死ぬ気で笑いに変えてこい」と叱咤

「いま(夫婦仲が)うまいこといってるのに、こんなん出たら、さすがにまずいですわ。(記事掲載を)なんとかなりませんかね。あ~、嫁がまた怒るやん!」

本誌直撃に思わずため息をつくのは、人気お笑いコンビ『千鳥』の大悟(37)。

3月下旬、本誌が大悟の姿を目撃したのは夜10時半すぎのこと。東京・世田谷区内のとあるマンションに入って行った大悟は仕事用らしきバッグを肩から提げ、いかにも慣れたようすだった。

結局、彼が再びそのマンションを後にしたのは、一夜明けた午前11時半。だが大悟の自宅は別の区内にある。いったい誰の部屋でお泊りしたのか?

大悟は、昨年12月、写真誌で不倫現場を報じられている。それからわずか4カ月。大阪に残していた妻の逆鱗に触れ、やっと家族4人で東京生活がスタートしたばかりなのに――。

大悟が泊まった部屋の主は、六本木でダンサーする金髪美女A子さんだ。

「鼻筋の通ったKEIKO似の美人で、いま25~26歳。大悟さんに家庭があるのは知っているのですが、好きな気持ちを抑えきれずに男女の関係を続けていて」(A子さんの知人)

さらに1週間後の4月上旬。またもや大悟がA子さんのマンションに入っていくのを本誌は目撃した。この日の滞在時間は2時間弱。夕方5時過ぎ。

A子さん宅から出て、タクシーを止めて乗り込もうとした大悟に、記者は声をかけた。

大悟 弁明40分!

――大悟さん、ここ、不倫相手の女性のマンションですよね?

「いやいや、友達の家ですよ」

――じつは先週も お泊まり されたのを見て、写真も撮らせていただいてます。

「いや、本当に今日は仕事の合間に2時間くらいあったから、友達のところへ寄っただけなんですよ。で、この前、撮った写真というのは?」

――女性のマンションから、朝帰りされるところです。

「そうですか、う~ん(落ち込む)。そうなると、完全にお泊りやな~。でも、本当にしてないです!ここでしたって言っちゃうとダメですよ。それはさすがに僕も心得てますよ」

あくまで友達だと言い張る大悟。

――女性とは、いつからお付き合いを?

「付き合いは、僕が東京に来てからなんで、1年半くらいですかね。一緒に遊んだり、たまにメシとかも行く友達ですね。今日も、『何してる?じゃあ行くよ』みたいな」

――そんな死んだ魚みたいな目にならなくても。

「いや、そりゃなりますよ。前回の記事からこんな短期間でまた。彼女とは不倫じゃない、シンプルに友だちですよ。

でもわし、女のクセがすごいのはたしかやな、いやいや、そんなこと言うてる場合か。助けてよ~。わしは、この記事が出たら大変なんですわ~」

――不倫への当たりが?

「そう、不倫へのいやいや、不倫してないけどね!」

相方・ノブの持ちギャグ「クセがすごい!」を自虐ジョークにして笑わせるところは、さすが芸人魂。

前回は妻にこっぴどく叱られたというが、今度はどうやって妻に許しを乞うのだろう。でも生半可なお灸では、全然懲りなさそうな大悟だった。

[via:女性自身]
https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/joseijishin_d28462

ネットの反応

・弁明40分って、ダメだコリャ。潔くした方がいい
・前回のと別の女やんけw
・終わったな・・・さすがに短期間で二度はあかんわ
・夫婦仲がうまくいってるから敢えて浮気するのね
・バナナジャケ着てるけど、、ある意味似合ってるか
・今度こそ炎上してやってくれ
・やりとりがアホ過ぎてワロタ
・ネタかと思えるような記者とのやりとりだな
・折角レギュラー復活したのにキングちゃんまた終わるぞ~w
・キャラ的に、金と女にだらしないほうが、やりやすいんじゃね?
・芸のためなら女房も泣かす、どんどんやれ
・マジレスすると意外性がない
・今の世間は不倫に厳しいぞ
・家は三茶らしい
・こないだ、「いろはに千鳥」でも三茶から出勤してて、スタッフに突っ込まれてたのにw

嫁は「死ぬ気で笑いに変えてこい」

不倫騒動の渦中にあるお笑いコンビ「千鳥」大悟(37)が12日、都内で行われた「ヴァーゴ the よしもと@クルーズ」プロジェクト発表記者会見(スタークルーズ主催)に出席。芸人仲間からイジられまくった。

大悟は昨年末、写真誌「フライデー」で茶髪美女お持ち帰りが報じられたが、ほとんど話題にならず、逆に本人が落ち込むほどだった。

だが11日発売の「女性自身」で、20代の金髪クラブダンサー宅にお泊まりする姿が報じられ、針のむしろにいる。

同社のコーリン・カー上級副社長から

「ヘイ、スキャンダルボーイ! 奥さんと一緒にどうぞ。美しいダンサーがたくさん船に乗っていますよ」

とジョークを交えて、7泊8日のクルーズ旅(20~30万円相当)を贈られると、大悟は「わしが好きなんはダンサーじゃのうて、金髪のほうじゃ」とコメント。

相方のノブ(37)に

「(夫人とダンサー)どっちと行きたいの?」

と振られると、大吾は

「いま金髪ダンサーと行ったら、俺、頭おかしいやろ。そりゃ、妻と行く」

と開き直ったが、千原せいじ(47)からは

「金髪ダンサーの気持ちを考えろ!」

と一喝された。

ノブは

「実は(女性自身に)突撃取材された当日にバラエティー番組の収録があったが、大悟がオープニングに来なかった。

マネジャーが連絡したら『ちょっと待っといてくれ。いま記者に突撃されとんじゃ』と慌てた様子で、記者とタクシーに同乗して来た。顔も目も真っ赤でキンメダイかと思った。収録中もうつむいていた。反省はしているみたい」

と説明する一方で「ひょっとして氷山の一角なんかもしれん」と厳しく指摘した。

大悟は「撮られたこと自体は、嫁も腹が立つだろうと反省している。でも飲んでいただけで何もしてないわ。朝まで“ダンスの稽古”なんてせんよ」と反論。

「『浮気はしていない。事実じゃないのに、こんな書かれようをすることがあるんじゃな』と嫁に伝えたら『お前、大芝居打ってきたな』と言われた。

最初は家の扉を開けた瞬間、家中がシベリアかというほど(空気が)寒かったが『死ぬ気で笑いに変えてこい』と言われた。離婚はない!」と断言した。

ノブは「女性はストレスがたまると髪を切るというが、この間、大悟の嫁と会ったらここまで刈り上げていた。奥さん、別れたほうがいい。大悟は俺が責任を持って謹慎させる」と言いたい放題。

せいじも「2度あることは、3度、4度と続くで。わが社にこんな不誠実なやつがおるとは情けない」と追い打ちをかけた。

ただ、ノブも昨年、美女との親密デート現場が報じられている。ノブは「あれは(浮気)未遂じゃない。本当に遅めのランチを食べて、その後、別れただけ」と釈明したが、大悟は「本当かな。夕方の休憩でするなよ」と浮気を疑った。

続けて「『今日のイベントで、絶対に(報道のことを)聞かれるよ』と嫁に伝えたら『覆面なら、私出るよ。その代わり、何を振られても全部、殺すで返す』と言われた」と、家庭に火種がくすぶっている現状を表現。

「いろんな家庭でもめ事があるでしょうが、そういうご夫婦はぜひヴァーゴに!」とアピールした。

[via:東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/674033/

ネットの反応

・あかん。ちょっと笑った。
・スキャンダルボーイw
・岡山弁は面白いけど
・副社長の返しが一番うまい!
・芸人の不倫は芸の肥やしなんて今の時代通用しねーぞ てかお前の笑いが通用してねーから
・女性関係のクセが凄い!
・旦那としては家庭を裏切ったけど、タレントとしてはイメージを全然裏切ってない
・嫁は金を選んだな
・最近のトレンドは、浮気されてもすぐには離婚せずにたっぷり稼がせといてからの財産分与だからな
・島には金髪ダンサーなんかおらんかったんじゃ。いったいどんな人種なんかと思うて
・芸人は面白ければいい。プライベートは社会から反感を買うほどの悪いことをしなけりゃいい
・浮気からのフォローバックの癖がすごい!なんじゃぁ船のチケット貰うって!
・友達とか無理があるだろ 既婚で2人っきりで異性の家に泊まるとか浮気じゃないのはありえん
・稼いでも稼いでもギャンブルに使っていつも貧乏してるしマジ奥さんかわいそう
・この前、”不倫しても話題にならんのじゃ”って嘆いてたから、どんどん取り上げてもらえばいいじゃん
・キンメダイでふいたわ

芸能活動へのダメージ無し?

お笑い芸人と言えば、昔は「カネ・女・バクチ」というイメージが強かったが、今や芸人と言えども、不倫はCMやテレビの降板に即つながるため、クリーンなイメージが何よりも大事。

「安心してください、はいてますよ」でブレイクした、とにかく明るい安村は地方での浮気がバレてしまい、「売れる前に苦労を掛けてきた妻に対して、ひどい仕打ちだ!」と非難が殺到。その後仕事が激減してしまった。

一般的に不倫でダメージを受けるのは、性格が良さそう、恋愛のイメージがない、CMに多数出演するような好感度が高いといった芸能人である。

一方、千鳥は元々ファミリー向けではない泥臭い芸風であるため、視聴者もクリーンなイメージを求めていないようであり、不倫がイメージダウンにはつながらなさそうである。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1299940/?page=2]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事