SCANDAL

HEADLINE

小室哲哉を引退に追い込んだのは文春?下品な国民性?それとも・・・

誰が小室哲哉を引退に追い込んだのか
週刊文春?それとも「下品な国民性」?

音楽プロデューサー・小室哲哉さん(59)の電撃引退が世間に衝撃を与えている。

小室さんの不倫疑惑を報じた「週刊文春」には、これまで何度も不倫報道を繰り返してきた同誌の報道姿勢に批判が相次いでいる一方、他人の不倫にクチを挟む世論に問題があるのではないかと指摘する声もある。

「文春砲」公式ツイッターに批判殺到

小室さんは2018年1月19日、記者会見で「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と表明。ツイッターはじめインターネット上では、発端となった不倫疑惑を報じた週刊文春に批判の声が相次いだ。

同誌は販売部数を伸ばす目的で不倫報道を繰り返しているのではないかと、こうした報道の意義に疑問を投げかける意見が多い。

たとえば実業家の堀江貴文氏(45)は、自身のフェイスブックで「やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル」と指摘した。週刊文春に「俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた」とした上で、

「こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる」

と持論を展開した。

前東京都知事の舛添要一氏(68)も小室さんの引退に「優れた才能がまた一つ消えていく」とツイッターで触れ、「週刊誌による興味本位の有名人不倫報道、いつまでこんな非生産的なことを続けるのか。日本は確実に劣化していく」と訴えた。

週刊文春の「文春砲」公式ツイッターでは1月21日現在、約3100のリプライ(返信)が小室さんの不倫疑惑を伝えたツイートに寄せられており、「誰も喜ばない記事」「不倫騒動なんてだれか求めてる?」と同誌への批判的な声が多くを占めている。

キンコン西野「諸悪の根源は…」

一方、問題なのは週刊文春の不倫報道に興味を抱くことだとみる向きもある。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん(37)は1月20日、「ブスの皆様へ」のタイトルでブログを更新し、

「小室哲哉さんの一件で、文春が叩かれているけれど、諸悪の根源は『不倫許すまじ』という”他人の色恋沙汰に口を挟むという極めて下品な国民性”にある」

と訴えた。

「本当に理解できないのが、自分とは何の関係もない他人の浮気や不倫に対して、声を荒げて怒る人達の心理だ」(2017年8月8日のブログ)など、不倫を報じられた人に対する世の中のバッシングに以前から疑問を呈している。今回のブログでは、

「『テメーらの持っている道徳観が、文春および週刊誌の連中を食わせて、世の中の才能を次々に殺してんだよ、ブス。何を食べたら、そこまでブスに仕上がるのか今度教えてくださいよ』と思って見ています」

と、さらに強い書きぶりで批判した。

2016年1月、週刊文春でベッキーさんとの不倫を報じられた「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(29)も18年1月19日、ツイッターで「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間」と指摘。さらに、

「友達も減ったし関わる人も減ったけど、音楽は何も変わらず僕のそばにいる」

と自身の実体験をもとに、小室さんの引退後も「作った音楽はずっと残る」とコメントした。

1月21日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、週刊文春の記者が顔を隠したうえで映像出演。小室さんの引退について「率直に残念」と話した上で、

「ご本人が(会見で)言われたことと我々が取材したところに、違う部分というのは多くある。それは記事を見ていただければ分かると思うが、そこには絶対の自信もある。ただそれ以上に、本意ではない結果になったと考えている」

と話した。

[via:J-CASTニュース]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000006-jct-ent

ダルビッシュ「頭大丈夫?」

ダルビッシュは22日、ツイッターを更新。文春記者のコメントに「他人のプライベートほじくりまわして『本意ではない結果』って本当に頭大丈夫なのでしょうか?」と皮肉たっぷりに疑問を投げかけた。

自身も過去にスキャンダルを報じられたことがあり、「週刊誌がやっていることの8割は『人のアラを探してみんなに伝える』ことだと思います」とチクリ。

著名人がスキャンダルによって活動自粛することなどについて「不倫は夫婦間の問題ですから他人は関係ないでしょう。それを無関係なのに騒ぐバカな人達が多いからそうせざるを得ないだけの話です」と私見を述べた。

[via:日刊スポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14191163/

「一方、小室さんが『精神的に支えられ、依存度が強くなってしまった。好意も持っていた』介護疲れなどで看護師であるA子さんに甘える気持ちが出たと吐露したことに、『介護を理由にするのはおかしい』『引退するのは結局、不倫を認めたからでは?』と辛口のコメントなどもありました。」(同記者)

35年の音楽生活に自らピリオドを打った小室だが、ある芸能関係者は今後についてこう話す。

「一連の仕事がすべて終わった段階で、一旦、KEIKOさんの実家で介護に専念することを考えているようです。彼女のサポートと自身の体調も考えて、これは引退を決意する前から考えていたことのようです」

一部スポーツ紙では、小室は還暦を迎える今年11月27日の誕生日に引退することをすでに決めていたと報じられたが、9月には安室奈美恵も引退。かつての小室ファミリーの火がひとつずつ消えていく年になりそうだ。

[via:週刊女性]
http://www.jprime.jp/articles/-/11506

ネットの反応

・なんで国民性が出てくるの?
・本人の弱さでしょ
 なんで誰かのせいにしないと気がすまないのかね
・でも週刊誌で文春が一番売れてるんだろ
 国民は不倫暴露を期待しているんだよ
・勝手に引退しただけだろ 人のせいにすんなや
・下品なのは日本のマスゴミだろ、何が国民性だよ
・今回はただのキッカケに過ぎず
 元々、60歳で引退しようと決めてたって言ってるだろ
・小室のように、時代性に大きく依存した作家は
 時代が変わると、もう対応出来ないから復活は無いよ
・誰も引退しろなんて言ってないしむしろほぼ引退状態だったよね
 >お前が知らないだけで普通のミュージシャン並みに働いてる
・どっちみち引退を考えていたところに、たまたま“きっかけ”が出来たというだけの話。
・不倫を全て同列に扱うのは詭弁。
・国民性って言うけど諸外国のパパラッチとか相当なもんだろう
・小室が勝手に不倫して、写真撮られて、勝手に引退しただけのこと
・今まで芸能人の不倫が暴かれてきて「さすが文春」とか言ってたのが
 なんで今回だけは小室かばってんの?
・文春に踊らされたお前らだろ
・散々煽って都合悪くなると国民のせいかよ
・怒涛の小室擁護と文春叩きの気持ち悪さ
・小室が引退して芸能人じゃなくなるのが一番うまい方法と思ったからだろ
 誰のせいでもないし、こんな男を被害者扱いするのはおかしいだろ
・“人の不幸は蜜の味”という日本の悪しきメンタル文化はもう終わりにするべきだ
・便乗しているタレントが全て胡散臭い
・自業自得以外の言葉が出てこないんだが?
 文春だって小室がにんにく注射返ししなかったら報道することもなかったわけだし
・TVが週刊誌化しているだけの事 下品な国民性?
 この手の話題は、世界共通で皆が好きなんだよ
・騒いでるのは週刊誌の内容を仰々しく放送してるテレビじゃないの。
・下品な国民性、というよりは、気に入らないなら徹底的に叩くが、気に入っているなら擁護する、一種のえこひいきというか、人によって態度を変える考えだと感じた。
・誰かが引退に追い込んだかってのは違うと思う。
・これが仮にお騒がせしました的な、普通の謝罪会見だったらどうだったかな?引退会見になって世論の流れは変わった気がする。
・文春は文春の役割があり。小室さんは小室さんの役割がある。が、辞めるのも続けるのも小室さん次第。

関連商品

コメント

  1. 7
    名無しさん 2018/01/25 5:32

    まだまだ世の中の本質を見抜く目が未熟。
    不倫そのものの是非で論じるのではなく、不倫をした者への第三者による社会的制裁が過剰である事が問題なんだよ。
    不倫は個人の問題だから他人がとやかく言うなとか、週刊誌も買う人間が居るから商売上仕方ないとか、結局週刊誌やテレビを見る側に責任があるとか…どちらも間違いではないし、そういう事は問題の本質じゃない。
    問題なのは不倫を大義名分にして世間が正義面で社会的制裁を科す過剰反応。
    不倫した有名人が出演する番組に対してクレームという圧力をかけて降板させる世の中が一番悪い。
    不倫の代償は不倫関係の精算と、婚姻関係の破綻による慰謝料だけで十分。
    政治家や公務員でもない私人の不倫よって仕事上の地位や立場を失うような社会は潔癖過ぎる。
    週刊誌やテレビのワイドショーが正義面で報道するから、それを見た側も勘違いして私人による報復を科そうとする。
    そういう世の中が間違い。

  2. 6
    名無しさん 2018/01/23 17:54

    不倫なんていう極々私的なことをほじくり返してそれが当然と思う感覚が気色悪い。
    別に不倫してる奴を弁護したいわけでもなんでもなく、男女間の関係なんて個々別々であり、他人の家庭の内実も知りようがないし知る権利も無いので、問題化すること自体が下品かつお節介。
    他人の私生活をネタとして暇つぶしの話題にしたり、不倫の一語で全人格を否定する権限が与えられたかのように振る舞う連中の、脊髄反射的な倫理観とは何なのかと。

  3. 5
    名無しさん 2018/01/23 16:28

    不倫しなきゃいいだけじゃね

  4. 4
    名無しさん 2018/01/22 23:32

    世間が不倫報道をキッカケに、それを大義名分として過剰な正義面で批判するとテレビ局やスポンサーは使いにくくなる。
    それが有名人には手枷足枷となり、仕事が激減する。
    だから不倫という夫婦と不倫相手だけの問題なのに世間に対して謝罪するのだ。
    勿論、マスコミとしては報道する取っ掛かりとして、何らかのセールスポイントが欲しいから“謝罪”というカタチが欲しいのだ。
    だから不倫会見=謝罪となる。
    マスコミもタレントも謝罪する事は利害が一致するので、世間に対して謝罪になる。
    その仕組みを正しく理解出来てない世間がまるで謝罪を受けているのは自分達と勘違いして“不倫許すまじ!”となって過剰なバッシングになる。
    元々嫌いなタレントなら尚更で、チャンスとばかりに大義名分、錦の御旗、官軍のような振る舞いで批判の声を挙げる。
    するとそれが世間の声、市民感覚、正義となって尚更に世論形成となる。
    世論となればそれが常識となり、誰も誤った方向だとは言えなくなり、報道は大手を振って不倫暴きに躍起になり、それがブームになれば雑誌は売れて、さらに報道は加速する。
    人気者への妬み嫉み僻みで都合が良いからベッキー叩きはするけど、同じ不倫でも自分達の青春時代に慣れ親しんだ音楽プロデューサーが引退となれば雑誌を叩くご都合主義のダブルスタンダードな世間こそ全ての人間が連帯責任として反省すべき。

  5. 3
    名無しさん 2018/01/22 23:12

    小室哲哉は引退だけだからまだマシな方なんだよ。
    過去には映画監督の伊丹十三が同じく不倫報道で身の潔白を証明すると共に報道に抗議する意味を込めて自殺した。
    他にもスキャンダルで某政治家が自殺したりと報道被害は度々起きている。
    報道が自殺に追いやったとして当時も批判が巻き起こった。
    しかし、問題は報道ではなく、報道によって社会が当人を抹殺するような風潮が精神的に追い込むと何故理解出来ないのか?
    マスコミ報道なんてキッカケに過ぎない。
    ベッキーがテレビに出演出来なかったのは我々の側の世間がテレビ局やスポンサーに圧力をかけて批判したからだ。
    そういう世間の過剰な正義面が不倫報道をさらに勢い付かせる。
    いつもマスコミの責任にして、自分を反省する事が出来ないから同じ事が繰り返される。
    我々の側の世間、自分達の反省が出来ないから成熟した社会にならない。

  6. 2
    名無しさん 2018/01/22 19:07

    不倫報道はこれまで散々為されてきたわけだが、それらに対し「どうでもいいや」と冷めた傍観者だった人らも、小室という才能が引退する事態に対しては、さすがに声を上げたくなった、というところだろうか。

    小室は完全に作り手として陰に引っ込んでいるタイプではなかったけど、所謂タレント業(才能より人柄を売りにする面が強い)とは違うから、これまでの不倫騒動と同レベルで批難する有象無象の連中への批判が顕在化したんだろう。

    もう、小室が元々引退を考えていたとかいった小室個人の事情を飛び越えて、有名人の私生活を勝手に「消費」したがる連中への嫌悪感が爆発した観がある。

  7. 1
    名無しさん 2018/01/22 16:35

    ネットやSNSの発展でひと昔前は無視されてた受動的なだけの中身も活力もない人間の声がデカすぎるし拾いすぎ
    今まで不倫で騒いでた人と
    今回文春批判してる人はもともと全く真逆で同じ類で考えてる事がまず間違い
    堀江等が言うように今まで冷めて見てた人らが大多数でわざわざ発言もしなかったんだよ
    それが今回で逆転しただけ
    馬鹿に発言権なんか与えるべきじゃない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事