SCANDAL

HEADLINE

今井絵理子議員「一線を超えました」と報告かw交際宣言で強気姿勢の裏に山尾議員の存在?

スピード“開き直り婚”へアクセル全開。

「SPEED」の元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(35)が、昨年夏に不倫疑惑が報じられた橋本健元神戸市議(38)と、本紙既報通り交際を続けていることが明白となった。

今井氏が交際を認めていると3日発売の「週刊新潮」が報じたのだ。3日朝、今井氏は自身のブログで交際を宣言。昨年末に橋本氏の離婚が成立しており、2人は今後、開き直って堂々と交際するようだ。

すでに結婚までにおわせているという今井氏の強気の姿勢の裏には、立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(44)の存在があるというが“悪いお手本”を見習って大丈夫なの!?

週刊新潮は、今井氏が誕生日を迎えた9月22日から24日までの3連休に、今井氏と長男、橋本氏が都内で仲むつまじく過ごした様子を詳報した。

昨年7月“不倫疑惑”をスクープしたのも同誌。ホテル内を今井氏がバスローブ姿で歩く姿や、新幹線の座席で2人が手をつないで熟睡する写真を掲載した。これに今井氏は「一線は越えていません」と男女の関係を否定していた。

だが今回、今井氏は同誌に「交際が始まったのは、今年に入ってから」などと、年明けから一線を越えたと言わんばかりの交際宣言。しかも結婚までにおわせているというから、なんとも素早い変わり身といえる。

昨年の騒動時には「自民党の某幹部から『議員を辞めるか、橋本と別れるか選べ』と追い込まれた時期もあった」とは政界関係者。それでも今井氏は、橋本氏との関係を水面下で継続していたのは本紙既報通りだ。

「今井氏は議員辞職を求める声には耳を貸さず、表向きは一貫して『一線は越えてない』との立場でやり過ごしてきた。

この1年ほどは議員として“雑巾がけ”に徹し、地元の沖縄県知事選の応援にも入って、精力的に佐喜真淳候補の票集めをしていただけに、今回、騒動の相手との交際宣言は幹部も頭が痛いでしょう」(同)

自民党は2日に党役員人事を行い、同時に第4次安倍改造内閣も発足したが、今井氏の交際宣言が政治的に与える影響はあるのか。

「今井氏は党の役職にも就いていないので、自民党に与える影響はほぼないでしょう。不倫が事実としても法律を犯したわけではないですからね。

ただ、今井氏が交際を認めた以上は、沖縄県知事選でやったような応援要請はしばらくなくなるでしょうね」(同)

もはや“票寄せパンダ”も失格ということか。

今井氏が交際を認めた背景には、橋本氏が不倫疑惑当時からモメていたという夫人との離婚調停が、昨年末に決着したことが大きいのは明らか。

橋本氏が独身となったことで晴れて“不倫”という足かせはなくなった。ブログで「略奪婚ではない」と猛反発したが、世間の批判は当然出るだろう。

だが、当の今井氏はあの議員の醜聞を受け、今後も政治家としてヤル気満々、強気の姿勢を崩していないという。

「立民の山尾議員ですよ。『アノ人が同じ不倫疑惑を経て、政治家として働いているのだから、自分も大丈夫なはず』と開き直っているようです」とは永田町関係者。

山尾氏は、政策ブレーンの倉持麟太郎弁護士とのダブル不倫疑惑が報じられるも、釈明することなく、政治活動を続行。

今年2月、IT企業経営者の夫との離婚が成立したと報じられ、相手の倉持氏も離婚したため、再婚が噂されている。

「今井氏は“山尾氏が議員辞職しないのだから、自分もイケる”と考えているフシがある。おそらく、今後も『相手が離婚した後、交際を始めた』と釈明して一緒になるつもりでしょう。

そして4年後の2022年の改選までにはスキャンダルも色あせて、世間は忘れてくれるとタカをくくっているようだ」(同)

世間の批判もなんのその、相手が離婚したことで今井氏が“ゴール”へ向けて、一気にアクセルを踏み込み“SPEED”アップさせそうだが、自民党幹部は当分の間、頭痛に悩まされそうだ。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1144294/

真矢ミキが痛烈一言w

女優の真矢みき(54)が4日、MCを務めるTBS「ビビット」の生放送に出演。元「SPEED」で、自民党の今井絵理子参院議員(35)について言及した。

真矢はこのニュースに「一線を超えました。というご報告ではないですか」と皮肉たっぷりな痛烈な一言。

即座に苦笑いを浮かべ「私、えらいこと言ってますか?」と話すと、国分太一(44)も「いろいろな見方があったとは思いますけど…」と笑った。

コメンテーターのテリー伊藤(68)は「批判覚悟ということであるというならば、場合によっては議員をやめてもいいという意識の中でやっているのかも。でも、まだ任期4年ありますよ。その中で沖縄の人たちがどう思うかですよね」と語っていた。

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/04/kiji/20181004s00041000131000c.html

週刊新潮で交際認め再婚の意思も

本誌の重ねての取材依頼に応じた今井議員は、交際を認め、

「再婚についても、裁判があるので今はまだ考えられないんですけど、判決後に彼と向き合って話をしていきたいな、と考えております」

ただし交際のスタートは今年に入ってから、と時系列については嘘をつく。

「昨年の時点では、関係はありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています」

橋本氏の元妻については「回答を控えたい」――。

10月3日発売の週刊新潮では、自身の正当化に終始した今井議員の弁明、逢瀬の現場グラビアと共に詳しく報じる。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10021700/?all=1

沖縄知事選の最中にデート三昧

記事によれば、そんな橋本氏は9月22日(※今井の誕生日)に東京・国分寺市の今井議員の自宅へ。

24日には今井議員の息子と3人で今井の愛車に乗り込み、まずは立川駅周辺で買い物、さらに午後は国立方面に車を走らせ、途中ドーナツを購入するなどして家族同然に過ごしていたという。

「当該週刊誌でも指摘されている通り、デートを重ねていた3連休は、沖縄知事選最終盤の重要な日。同県出身の今井議員が選挙活動を手伝っていなかったとなると大問題です。

地元・沖縄の基地問題について、どれだけ真剣に考えていたのか。頭の中は、オトコのことしか考えていないと言われても、言い訳できませんよ。

しかも今回の選挙では自民推薦の佐喜真淳氏が惨敗。この状況では、今井議員が戦犯と叩かれるのは当然です」(政界関係者)

不倫した挙句、その男との交際を続け、本業にも支障を来している状態に、周囲は相当おかんむりだという。

「今井議員が“本来の仕事”をしていないということで、他の自民党議員から総スカンを食らっています。

すでに自民党の上層部から呼び出しを食らい、事情を聞かれ、厳しく注意もされたようですが、事の重大さに気づいているのか、反省しているのかわかりません。同僚議員や周りからも白い目で見られ、もう永田町には居場所がありませんよ」(同)

我々有権者が倫理観のない人間を政治家にしてしまったことが、そもそもの間違いだったのかもしれないが、今回ばかりは今井議員は逃げ回ることなく国民に説明し、政界から身を引くことも考えてもらいたいものだ。

[via:日刊サイゾー]
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-177547/

【今井氏ブログで釈明】
ご報告 | 今井絵理子オフィシャルブログ

新幹線は議員の不倫スポットw




ネットの反応

・苦労も相まって一気に老けたなあ
・いやいや、だからさあ…
・議員やめた方がいいよ。向いてないよ
・さすがにこいつ次は公認されないだろ
・今朝、テレ朝が嬉々として報道してた 山尾のときはヒッソリだったのに
・山尾は不倫ではないだろ 週刊誌が騒いでいただけ
・いつまでアイドル気分芸能人気分でいるのかね
・いや、一線を越えていないとか弁明しとったやんかw
 >だから一線を越えたのは離婚してからです!といってるんだろw
・付き合ってるってどうなればそうなん? 月にセックス何回以上とかそういう事?
・えーと 何でまだ国会議員やれてんの?
・根っからの「だめんず」好きなのだけはブレないな、この人w
・まあお似合いだよ 末永く不幸になってくれ
・議員辞職もしてないのが語る「覚悟」ってなんだ
・不倫ではないと言い張りつつ、相手の元妻に謝罪文を送ろうとしたアホ
・これでも認めただけガソリン女よりはマシ
・開き直ったんだからほっとけよ
・こいつって政治家になっても政治の話が一切出てこないな。
・アベちゃんが推進する女性活躍の鏡じゃないか
・セックスしたけりゃ好きなだけやれ だが税金でやるな
・結婚についてはこれから勉強をしていくつもりでございます。

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/10/10 9:53

    長えよ

  2. 2
    名無しさん 2018/10/07 11:22

    ( ´,_ゝ`)プッ

  3. 1
    名無しさん 2018/10/04 22:26

    政治家に清廉性なんか求めない。
    政治家に求めるのは政治家としての仕事内容。
    これを冷静に考えられる人間があまりにも少なすぎる。
    政治家を神格化して清廉潔癖であるべきと考えて不倫を許さないとテレビのコメンテーターは声高に叫ぶ。
    ならば日本は民主主義の国なのだから、世論形成に多大な影響を持つマスメディアで、しかも公共の電波を使用するテレビ事業で仕事をして生業にしてるタレントの不倫はどうなんだ?
    政治家の不倫を問題視して進退を迫るのならばタレントの不倫も進退問題として扱うべき。
    勿論、個人的には不倫なんて本人達の問題で、そんなもんはどうでも良い。
    タレントにしろ政治家にしろ、我々にとって大事なのは国民にとってどんな利益をもたらすかだ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事