SPORTS

HEADLINE

【MLB】田中将大メジャー挑戦で獲得合戦開始!!NYタイムズ「1億ドル近くの争いに」

ついに楽天・田中将大投手(25)の希望がかなえられることになった。楽天の立花陽三球団社長(42)と25日、仙台市内の球団事務所で会談し、新ポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍容認が伝えられた。今週中にも球団は新制度での移籍申請を行う予定。米10球団前後による激しい争奪戦が予想されるうえ、移籍スケジュールも2月中旬の大リーグキャンプスタートまでギリギリの綱渡りとなる

移籍が容認され笑顔で質問に答える田中
移籍が容認され笑顔で質問に答える田中

田中が米大リーグ挑戦を表明してから8日目。新ポスティングシステムで譲渡希望額の上限が大幅ダウンしたことから、球団は株主やスポンサーなどの説明に追われる日々が続いた。

最終的には「夢をかなえさせてあげたい」との意見でまとまった。田中を2000万ドル(約20億8000万円)で移籍させるのは、金額的に見あわないとして移籍容認を見送る意見もあったが、楽天も田中の夢を踏みにじることはことはできなかった。

新ポスティングの日米合意が遅々として進まなかったことで移籍スケジュールは苦しくなっている。今週中に楽天が田中の移籍を申請し、大リーグ機構(MLB)が楽天の譲渡希望額などを全30球団に告知するなど手続きが順調にいったとしても時間的にはギリギリだ。

田中の獲得には米10球団以上が獲得に乗り出すものとみられているが、スケジュールが押してしまったことで、各球団の熱意もやや冷めているという側面もある。

とりあえず、田中の夢が新ポスティング成立のごたごたの犠牲にならなかったことだけは幸いだった。[zakzak]
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20131226/bbl1312260723000-n1.htm

■田中獲得合戦「1億ドル近くの争いに」

ダルビッシュ

ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は25日付で「獲得競争に勝つのは1億ドル(約104億円)近くの大型契約を提示できるチームになりそう。日本投手では松坂、ダルビッシュをしのぐ好条件になるだろう」と予測した。

同紙は「獲得に興味を示すヤンキース、ドジャース、レッドソックスは資金力があり、3球団の中では先発投手を補強したいヤンキースが最も田中を必要としている」と分析した。[zakzak]
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20131225/bbl1312251949014-n1.htm

■ネットでは3割が「よかった」の肯定

田中将大選手が、メジャーへの挑戦が容認されたという報道に対しネットでは3割近くが「ウレシイ、楽しい、応援したい」などの声が寄せられていることが判明した。(YAHOOリアルタイム調べ)一方反対意見も1割ほどあり、「残念だ」「悲しい」などの声もあります。何はともあれ日本人選手がまた一人メジャーに挑戦するということは、素晴らしい功績です。

楽天側もメジャーの移籍金として大金が舞い込むということもあり、喜びを爆発させたいところだがファンへのケアも大事である。[秒刊サンデー]
http://www.yukawanet.com/archives/4596469.html

■男気マー君「寄付」で恩返し

立花陽三球団社長(42)は、田中から「できるかぎりの協力や寄付をしたい」と申し出があったことを明かした。球団では田中の意向をくんで球場改修や、仙台、東北への地域貢献などを進める。

立花陽三・楽天球団社長
立花陽三・楽天球団社長

星野監督

「俺は最終的に行けると信じていたし、行かしてやりたいという気持ちだった。俺が一番、現場の立場として大変なんだから。それでもいい。チャレンジさせていい。俺は楽しみ。良かった、良かった」。星野監督も球団を通じてコメントした。

球団にとっては苦渋の決断となったが、評価する声が多いのも確かだ。[SANSPO]
http://www.sanspo.com/baseball/news/20131226/gol13122605090003-n3.html

【関連画像】
里田まい 最強アゲマンの水着お宝画像コチラ

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2013/12/28 15:28

    アカサカサカアって無知だよな

  2. 2
    名無しさん 2013/12/27 21:45

    田中の味噌汁アドバイスを聞き入れた肛門をクンカクンカしたい

  3. 1
    名無しさん 2013/12/27 9:08

    金ドロボーと言われない様にしてね… 成功するとは思えないナメたオフの過ごしかただよね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事