SPORTS

HEADLINE

2年連続「あとひとり」でノーヒットノーラン逃したダルビッシュと、負けない田中がMLBの話題を独占

レンジャースのダルビッシュ有が2014年5月9日、あとアウト1つのところで安打されノーヒットノーランを逃した。

ダルビッシュ有
ダルビッシュ有

昨年も同じ状況で完全試合を逸しており、「悲運の男」といわれそう。

降板するダルビッシュ有
レッドソックス戦の9回表二死。ここまで得点、安打を許していない。出した走者は失策による1人のみ。迎えた打者は28人目のオルティズ。守備は一、二塁間に3人が守ったが、カウント3-1からの打球は、その狭い二遊間をゴロで抜けた。

「投げる球はストレートしかなかった。球数は多くなっていたし、打たれると思っていた。ヒットされてもいいと思って投げた」

ダルビッシュはそう振り返った。8-0と大差をつけていたこともあって、記録が途絶えたところですかさず監督がマウンドに行き、交代を告げた。

実は、失策出塁は判定が変わるという微妙なものだった。打者オルティズの打球は、右翼手の前方に上がり、深追いした形の二塁手がグラブを出したのだが、それには触れずグラウンドに落ちた。前進してきた右翼手は捕球態勢に入っていたようには見えなかった。

「H」(安打)―「E」(失策)

こう判定が変更になったのである。理由は右翼手が捕球できる打球、ということだった。出塁には違わないのでビデオ判定(チャレンジ制度)に持ち込まれなかったが、シーズン終盤で打者が首位打者争いをしていたらチャレンジしただろう。日本なら間違いなく「安打」のプレーで、判定変更にダルビッシュが驚いたのではないか。

ダルビッシュは昨年の開幕第2戦で、アストロズ相手に9回2死まで走者ゼロ。あと1人抑えればパーフェクトゲームだったのだが、27人目の打者に111球目を安打され、一生に一度あるかどうかの大記録を逃している。

「ノーヒットゲームを(あと1人で)逃した世界記録を作るか…」

よほど悔しかったのだろう、自嘲気味に苦笑いしながらダルビッシュは言った。大リーグには三度逃した投手がおり、その投手は4度目のチャンスをモノにした。さすが歴史の古い大リーグで、なまじのことでは頂点に立てない。

田中将大

同じ日、ヤンキースの田中もブルワーズ戦で登板、失点しながら粘って投げ5連勝をマークした。

米国のマスコミはこの日ばかりはダルビッシュの扱いが大きく、日本人大リーガーの話題を独占していた田中をしのいだ格好。ダルビッシュのような快投を見せないと、161億円投手の田中には勝てないということなのだろう。

その田中はダルビッシュのピッチィングを高く評価するコメントを出している。

「僕はあんな圧倒的な投球はできないですね。泥臭く点を取られないように抑えていきます。でも(ダルビッシュは)記録を作ると思っていました」

マリナーズの岩隈を加えた先発3人が話題を独占しそうな感じである。[j-cast]
http://www.j-cast.com/2014/05/12204411.html?p=all

■比較されることの多い日本の若き両エース

ダルビッシュの快投を称えた田中。それに関してESPNのタイトルは”HIRO says Yu the best”(ヒーローはユーが最高だと語った)と小粋に綴っている。まさひろのHIROとHERO(英雄)のヒーローをかけ、ダルビッシュ有のYuとYou(あなた)をかけ、対等に扱っているのだ。

レンジャーズのエースで昨季サイ・ヤング賞投票2位だった、ダルビッシュの人気は言うまでもないが、ここまでチームのエース級の活躍をみせている田中のファンも、ますます増えている。

ヤンキースの所属するア・リーグと違って、代打(DH)制のないナ・リーグ本拠地で戦うインターリーグ(交流戦)では、先発投手も9番目の打者として打席に立つ。今日、田中がそのメジャー初打席を迎えた時、お馴染みの「#TanakaTime」のハッシュタグは瞬く間に600以上もツイートされた。

今日(9日)もピンチはあったが7回途中2失点とゲームを作り、ヤンキースは5-3で勝利した。前回2登板では思うような変化球が投げられない事態にも陥ったが、立て直して負けなかった。そんな田中は”Mr.Adjustment”(修正男)とも呼ばれる。ジョー・ジラルディ監督も、「田中の凄いところは、どんな時も打開策を見出すところにある」と絶賛する。

試合後、「(ダルビッシュのような)圧倒的な投球は自分には無理。これからも泥臭く抑えていくだけ」と語った田中だが、その姿に大勢のファンが魅了されている。心身ともに逞しく向かっていき、紆余曲折の末に”負けない”のだ。田中の試合には、ドラマチックな”主人公”と”物語”という人々が惹かれる要素が奇跡のように詰まっている。

これ以上ないほど劇的だったダルビッシュは今日、最後の最後に昨季ワールドシリーズMVPのデイビッド・オルティスにヒットを打たれて、大記録達成はならなかった。比較されることの多い日本の若き両エースが綴る極上のストーリーに、これからも目が離せなくなりそうだ。[Jsports]
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014051102071901.html

【関連画像】
紗栄子 男を魅了するエロ顔と体はコレだ

里田まい アイドル時代のグラビアをコンプリート!!

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/05/14 21:08

    ダルビッシュのツメが甘い肛門をクンカクンカしたい

  2. 2
    名無しさん 2014/05/13 19:19

    どこが不安なんだよw

  3. 1
    名無しさん 2014/05/13 16:11

    ダルは記録のかかった所で、2回も打たれた

    田中はストレートをバンバンスタンドに持って行かれる

    不安要素は拭えないね!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事