SPORTS

HEADLINE

タイガー・ウッズ引退危機!!腰手術でトップレベルには戻れない!?一方多額の慰謝料を得た元妻は・・・

3月末に腰の手術を受けてツアーを離脱中のタイガー・ウッズ(38=米国)が19日、メリーランド州ベセスダのコングレショナルCCで行われた公式会見で”苦境”を告白した。

コングレショナルCCで公式会見に臨んだタイガー・ウッズ
コングレショナルCCで公式会見に臨んだタイガー・ウッズ

今夏にも復帰するとみられていた当初のプランは崩壊。現在も練習ができない状態であることを明らかにした。すでにトップレベルに戻すことを諦めたような発言もあり事態は深刻。離脱期間は数年に及ぶ可能性もあり、現役引退の危機と直面する恐れも出てきた。

表情は少しやつれているようにも見えた。医療用顕微鏡による手術で神経を圧迫していた椎間板の一部を摘出したのは3月31日。ウッズは「パッティングやチップ・ショットはできるがそれがすべて。今すぐにでもラウンドしたい気持ちはあるが、その判断は僕ではなく主治医がする。過去に経験したことのないプロセスだ」と、スイングができない自分の体にもどかしさを感じているようだった。

膝の手術も経験しているが、現在の患部は再生や移植がきかない場所。「手術前から自分にはさほど選手寿命は残されていないなという思いはあった。もちろん望みは捨てていない。できる限り自分のやりたいことをしたい」と複雑な心境を吐露した。

コングレショナルCCでは6月26日開幕のクイッケン・ローンズ・ナショナルが開催され、収益の一部はウッズ設立の基金に寄付される。本来ならホスト役を務めなければいけない大会でもあるが、ウッズは「急ぐことはしない。だから”いつ”ということは考えられない」と事実上の欠場を表明。

「もう一度、プレーをしたいが、すべては宙に浮いた状態」といい、現役続行への不安ものぞかせた。スポーツ専門局ESPNも過去14勝を挙げているメジャーにひっかけて「MAJOR・ABSENCE(長期の不在)」という見出しを掲げて会見の模様を報じた。

アダム・スコット

アダム・スコット(33=オーストラリア)がウッズを抜いて世界ランクの1位に浮上。

いずれにしても60週守り続けた”王座”を追われたウッズは、しばらく階段をゆっくりと下り続けていくだろう。[スポニチ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/21/kiji/K20140521008203240.html

■一方、離婚した妻は「うまいことやった女」からイメージ一転!同性から支持

夫の不倫が原因で幼い子供を連れて離婚ということなら、妻に世間の同情は集まるものだが、この人の場合、夫から取った金額が半端ではなかったため、逆に嫉妬されてしまった。

エリン・ノルデグレン

2010年、タイガー・ウッズの複数の相手との不倫スキャンダルが発覚し、離婚した元妻エリン・ノルデグレン(34)は、慰謝料など約1億ドルを受けとり、豪邸が建ち並ぶノース・パームビーチのビーチフロントの一等地に2000万ドルの豪邸を建設し、現在の恋人はその豪邸の隣に住む億万長者の企業家だ。

「上手いことやった」「いけ好かない」と嫉妬される要素は揃っているノルデグレンだが、最近は母親として、女としてのぶれない強さで同性からの支持を集めている。

リンゼイ・ボーン

メディアには出ず、2人の子供を通してタイガーと現在の恋人、美人スキーヤーのリンゼイ・ボーンとも上手く付き合い、最近ではフロリダのロリンズ・カレッジで心理学の学位を取得した。タイガーと知り合う前から児童心理学者になるのが夢だったという。

学位授与式でスピーチに立ち、「大学に戻るかどうか迷っているすべての母親に言いたい。あきらめないで。決して遅くはないのよと」と語った後、心理学の授業が人生で最も危機的な時期を乗り越えるのに役立ったと、タイガーの不倫スキャンダルを臭わせた。

ネットでは「お金ならあり余るほど持っているのに、学位取得に頑張った。タイガーは屑だけど、彼女は子供たちにとって良いお手本ね」「おめでとう!よくがんばった」など好意的なメッセージが寄せられている。[j-cast]
http://www.j-cast.com/tv/2014/05/14204714.html

【関連商品】



関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2014/05/23 21:23

    ウッズの股関のドライバーが女にホールインワンしまくりな肛門をクンカクンカしたい

  2. 3
    名無しさん 2014/05/22 20:20

    ↓自演みっともねえよ

  3. 2
    名無しさん 2014/05/22 17:38

    おっしゃる通りだと思います。
    あと、トレーニング前後のストレッチ不足もありますねー。プロでも重要性理解できてないの多いです。

  4. 1
    名無しさん 2014/05/22 17:01

    B.ワトソン等の飛ばし屋並に飛距離を伸ばそうと上体の筋肉付けすぎた為に起きた腰の故障だね!
    胸筋有り過ぎだもんね…
    だから、ヘッドスピード上がらない!?

    あっ、石川○も同じ事言えるわ(笑)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事