ADULT

HEADLINE

自撮りの局部ドアップも流出!セレブを敵視するウェブサイトのトンデモ裏事情

アメリカ現地時間21日、インターネット上に

プロゴルファーのタイガー・ウッズ、アルペンスキー選手のリンゼイ・ボン、モデルのステラ・マックスウェル、歌手のキャサリン・マクフィーマイリー・サイラス、女優のクリステン・スチュワートのヌード写真が流出した。

スマートフォンのハッキング被害に遭ったものと見られており、性器のどアップ写真を晒されたリンゼイは「法的な措置を取る構え」だと大激怒している。

タイガーのヌードは「全裸直立自撮り写真」、マイリーは「屋外でしゃがんで放尿している写真」「モデルのステラ・マックスウェルと全裸でベッドに横たわる写真」、キャサリンは「うっとり顏の自撮りヌード」、クリステンは「キメ顏の“ちっぱい”ヌード」

と多種多様で、世間は「ハッキング被害に遭ってるセレブが多いのに、なぜ自撮りヌードをスマホに保存するのか!?」と呆れたり、「数年前に別れた男との写真を大事に保存してるなんて!」と驚いたりしている。


クリステン・スチュワートのキメ顏のちっぱいヌード

今回、あまりにも衝撃的なヌード写真を大量に掲載したのは、セレブから敵視されている「セレブジハッド・ドットコム(celebjihad.com)」というウェブサイトだ。

サイトのコンセプトは、「壮絶な人生を送ってきたダーカ・ダーカ・モハメッドという男が、アメリカの芸能誌『People』を読んでいる妻を見て絶望。妻を射殺した後、毒性の強いセレブリティ文化を潰すためにロサンゼルスで立ち上げた」というもので、「聖なるイスラム過激派ゴシップサイト」である。

このダーカ・ダーカ・モハメッドという名前の元ネタはおそらく、マリオネットを使った18禁のドタバタ政治風刺映画『チーム★アメリカ/ワールドポリス』(2004)だ。

「ダーカ・ダーカ」というのはもともと、アラブ系の人々をバカにする意味合いのスラングで、『チーム★アメリカ』ではこれに「モハメッド」というアラブ系の名前をプラスして、ブラックジョークの文脈で使っていた。

サイトを立ち上げた経緯が紹介されている説明文は明らかにデタラメだが、この名前をあえて使うことで、アメリカのセレブたちを徹底的にバカにするという意図があるようだ。

サイト上には免責事項として「真実か嘘かにかかわらず、情報を提供する風刺サイト」「責任は負わない」「アダルトサイトではないがアダルトな写真や内容物を掲載している」と記されており、無責任極まりない。実際、明らかにコラージュだとわかる有名セレブのエロ画像や動画がとても多い。

それでもこのサイトの画像はよく拡散されるため、迷惑を被っているセレブは多く存在している。

11年にはテイラー・スウィフトが「セレブジハッド・ドットコムが掲載している『テイラー・スウィフトのプライベートなトップレス写真流出か?』という画像は全くのデタラメで偽物」だと声明を発表。

同サイトに対して、直ちに画像を削除しなければ著作権侵害で訴えると警告した。

これに対してセレブジハッド・ドットコムは、

「異教徒を猛烈に攻撃するアメリカと違って、イスラムは愛と平和を大切にしています。テイラー・スウィフトが頭にきているという、我々のトップレス画像記事についても妥協しましょう」

「テイラー・スウィフトがイスラム教に改宗し、アラーの神を崇拝すると公表したら要求通り削除します」「アラーは偉大なり」

という文章をサイトに掲載。写真は削除せず、その後も明らかにコラとわかるテイラーのヌード写真を次から次へと掲載するなど、反省の色は全くない。テイラーも気味が悪かったのか、結局そのまま放置している。

12年にはミーガン・フォックスが、「偽のヌード写真を直ちに削除しなければ訴える」と警告。

セレブジハッド・ドットコムはこれも無視し、大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」の取材に対して、「『トランスフォーマー』シリーズ2作の中で、乳房を強調するようなシーンを撮影していた彼女が、今さらこんな画像でダメージを受けるとは考えにくい」と述べ、削除する気などさらさらないとコメント。

その後、「ミーガンのセックステープ」なるものまで公開した。

セレブジハッド・ドットコムのタチが悪いところは、大半はコラだとわかるヌード写真や別人だとわかるセックス動画を掲載しているのに、まれにハッキングされて流出したと思しき本物のセレブのエロ画像を掲載する点だ。

今年に入ってからはWWEの人気ディーヴァ、ペイジのヌード画像やセックス動画を公開している。

人気レスラーグループ、ニュー・デイのエグゼビア・ウッズや、リングネーム「ブラッド・マドックス」として活躍していたレスラーのブレント・ウェリントンとセックスしていたことがバレてしまい、「あまりにも乱れすぎだ」とペイジは叩かれ、大打撃を受けた。

そんな恐れを知らぬセレブジハッド・ドットコムが、このたび、超大物セレブたちのヌード写真を大量に掲載したのである。

「踏んだり蹴ったり」ウッズだけが同情される

セレブジハッド・ドットコムはアメリカ現地時間21日、「オリンピック金メダリストのリンゼイ・ボンと、有名なゴルファーで女ったらしのタイガー・ウッズのヌード写真が流出した」として、リンゼイが鏡越しにスニーカーだけ履いたヌード写真を自撮りしているもの、自分の指で女陰を大きく開き撮影したどアップ写真、タイガーがバスルームで自撮りした全裸写真などを掲載した。

タイガーは直立した状態で、女ったらしだけあり立派なイチモツをぶら下げているのだが、同サイトは「巨根を誇るイスラム教徒に比べたらクソ」だと貶している。

また「酒を飲みながら屋外でパンティを脱ぎ放尿」したり「モデルのステラ・マックスウェルと上半身裸でベッドに横たわる」マイリー・サイラスの写真を複数枚公開。


マイリー・サイラス&ステラ・マックスウェル

「ステラと性行為している写真はないが、流出するのも時間の問題だろう」とし、マイリーがいかに堕落した私生活を送っているのかを嘆く文章を添えた。

ステラが現在交際しているクリステン・スチュワートのヌード写真も掲載されているが、貧乳で女性らしく肉がついた体ではないため、不思議とエロくは感じられない。

写真はステラの背後でヌードポーズをとるものや、着替えの途中で撮影したと見られるもの、体を洗っている最中に下から陰部を撮影したものなどで、どれもこれも無表情だ。

セレブジハッド・ドットコムも「レズビアンの恋人とのヌード写真でも、いつもと変わらぬ冷たい表情をキープしている彼女の精神力は見事」だと皮肉っている。

歌手のキャサリン・マクフィーが全裸でベッドに寝そべり、ご機嫌で撮影した自撮りヌードは、現在掲載を停止しており、数日前に掲載した「予告編」のみ見ることができる状態になっている。完全に削除したとは思えないため、後日さらにすごい画像と共に掲載される可能性も大だ。

流出を受けてリンゼイの代理人は、米大手芸能誌「People」を通して声明を発表した。

「プライベートでこの上なく親密な様子をおさめた写真を盗み、違法に公開するのは、法外で卑劣なプライバシーの侵害行為である」

「リンゼイは自分の権利を守るため、必要な法的措置を取る構えでいる」

「ハッキングした人物は法の及ぶ限り罪を問われ、裁かれてしかるべき処罰を受けるべきだ」と真っ向から戦うと宣言した。

「TMZ」は、キャサリンが弁護士を雇って警告書を送ったと報道している。クリステンとステラも「我々の写真を許可なく使用することは著作権侵害だ」と主張し、同サイトに対して写真を全て削除するよう警告したと伝えられている。

ハッキング被害に遭い、この上なく恥ずかしい写真を流出させられてしまったリンゼイたちだが、世間は冷ややかな反応を見せている。

14年に起こった、AppleのiCloudがハッキングされ海外セレブたちの恥ずかしいヌード写真が大量に流出する事件が、「ハッキングのターゲットになりやすいセレブは、自撮りヌードなどを撮ったり、撮っても保存しないほうが良い」という教訓になったはずだったからだ。

ネット上では、「確かに気の毒ではあるけど、自分のマンコを撮影して保存するなんて異常」とリンゼイに同情する声は少ない。

マイリーに関しては「はっちゃけて雑誌でオールヌードも撮影してたし、SNSで野外おしっこ写真も投稿してたし、今さら何?」と感じている人が多く、クリステンに関しても「エロくないからダメージもなし」ととらえている人がほとんどのようだ。

キャサリンについても、彼女自身の浮気が原因で離婚したと伝えられており、「笑顔で自撮りヌードなんて、いかにも魔性の女らしい」と今さら驚く声はない。


タイガー・ウッズのデカチンヌード

今回のヌード流出騒動で唯一同情を集めているのは、タイガーだ。

「恋人に全裸写真を送るなんてアホだが、セックス依存症なんだから仕方ない」

「全裸で直立する姿がなんとも恥ずかしい」

「使い込まれているせいかペニスがくたびれて見える」

「DUIとマリファナ愛好家疑惑のタイミングで、ちんこ写真まで流出して泣きっ面にハチ」

などと気の毒がる声が多数上がっている。

前述のiCloudハッキング流出事件のハッカーたちは、1人は昨年7月に禁錮6カ月、もう1人は10月に禁錮18カ月、最後の1人も今年1月に禁錮9カ月の実刑判決を受けている。

今回、セレブジハッド・ドットコムにヌード写真をリークさせたハッカーははたして捕まるのかどうかは不明だが、裁判にかけられた場合、厳しい処罰を受けることにはなりそうだ。

傍若無人状態のセレブジハッド・ドットコムの謎は深まるばかりだが、今回のセレブの反応に対してどのようなコメントを出すのか。「自業自得だろ」と批判し、いつものように開き直るのか。続報に注目したい。

[via:http://www.cyzowoman.com/2017/08/post_150473_2.html]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事