SPORTS

HEADLINE

『消えた天才』悲運のエース伊藤智仁に当時監督の野村克也が異例の謝罪「俺が潰した…」

野村克也氏が、ヤクルトの監督時代に特別に目をかけながら選手生命に関わる故障の責任を感じ続ける「投手」に、25年越しに謝罪した。

2018年1月3日放送の「消えた天才 一流アスリートが勝てなかった人 大追跡」(TBS系)で、長年の時を超えて顔を合わせた。

謝罪の相手は伊藤智仁氏。野村氏が松井秀喜氏以上に才能を買い、「天才」と褒めたたえた投手だったが――。

「稲尾(和久)か伊藤智仁か」

1992年のドラフト会議、首脳陣が1位指名を「松井秀喜」一択とする中で、監督の野村氏だけは「伊藤智仁」を選ぶとして譲らず、スカウトとケンカの末に伊藤を獲得した。

番組で「稲尾(和久)か伊藤智仁か。こういうのを天才という」と当時を振り返った。

伊藤氏はルーキーの93年、並外れたスライダーを武器に1試合16奪三振のセ・リーグ記録をつくるなど三振の山を築いた。2か月半で防御率は驚異の0.91だった。

だがシーズン中盤、すっぽ抜けた1球が端緒で肘を故障。現在の先発投手より1.5倍ほど多い球数を投げていたのが祟ったとされる。痛みを抱えながらも野村氏はこの試合、続投を指示していた。


伊藤氏は番組で「リリースの瞬間に肘に電気が走ったような。表現できないけど、痛いという感覚よりも違和感」と当時の故障を振り返った。

「ルーキーなので信頼されないといけない。実績を作らないといけない。少し休めばまた投げられる」と考えていたという。だが後に、腕に力が入らなくなり「血行障害」が発覚。医者からは死の危険性も指摘されたという。

手術とリハビリの末に97年、伊藤氏は7勝2敗19Sで「カムバック賞」を受賞したが、その後は再度手術とリハビリの日々。最速150キロ超だった直球は、03年の2軍戦で109キロに減速し、同年引退した。

野村氏はルーキーイヤーに酷使し続けたことを後悔しているとし、約25年越しの「謝罪」を決意。現在、独立リーグで監督をつとめる伊藤氏と、ヤクルトの2軍球場ベンチで顔を合わせた。

伊藤氏「誰や…監督?監督やな」

「伊藤が『肘が』と言った時に、『責任は俺かな』とすごく思っていた。使いすぎたかな、すごく申し訳ないなと。それだけは謝りたい。間違いなく俺以外の監督の下なら、記録は絶対に残しているよ。俺が邪魔したみたいだ。申し訳ない」(野村氏)

隣で口を真一文字に結んで聞いていた伊藤氏から出たのは「僕は自分の責任だと思っています。そういう風に思ってほしくないです」という言葉だった。

「僕はあそこで代えられたら嫌でした。マウンドを降りるほうが嫌でした。投手は先発したら完投するのが当たり前です。何球投げようが関係ないです。先発として最後まで投げるのが使命だと思います。何とも思っていませんよ、監督」(伊藤氏)

微笑む伊藤氏に野村氏は「いやいや、それは、ありがたいけど」と口ごもった。

伊藤氏は野村氏と会う前、番組に「ケガを恐れてやったことはない。打たれるくらいだったら腕がちぎれても投げたいと思っていた。そこはまったく後悔せずに前を向いていきたい」とも話していた。

厳格な野村氏が謝罪を口にしたことにツイッター上では反響が殺到し、

「ノムさんがここまで本人の前で言うか・・・」

「重たい。ずっと十字架背負ってたんだな。きっと監督のせいにした時間もあったかもしれないけど、今この言葉が聞けて野村監督もよかったね」

「野村監督、25年間酷使させたと心の奥にずっと責任を感じていたんですね」

といったことが投稿された。

番組で伊藤氏は、球場に入るまで野村と会うことを知らされていなかった。ベンチに座る野村氏を遠目で確認した瞬間、「誰や…監督?監督やな」と驚き、スタッフに「言うといてくれよ」と笑った。この自然と出た「監督」の言葉に、

「伊藤智仁が25年を経ていまだにノムさんのことを『監督』って呼ぶのは泣ける」

「何年経ってもノムさんのことを監督って呼ぶのね」

「伊藤がノムさんに気付いた瞬間、監督、と呟くのがいい。長い時間を経ても関係はそのままというか」

といった反響も相次いでいた。

[via:https://www.j-cast.com/2018/01/03317967.html]

番組の演出がミスリード?

・番組のコンセプト的に伊藤智仁は2ヶ月半で選手生命終わったみたいになってるけど完全に嘘やから
・カムバック賞も獲ったやんけ。
・伊藤智仁が2ヶ月半で消えたっていう表現は違和感ある
・怪我した後もストッパーで活躍してた時期とかもあったのに2ヶ月半で消えた扱いしちゃうのはちょっとなぁ
・ドキュメンタリーならきちんとやろうよ。
・2ヶ月半で故障してその後全く触れないで 引退試合の投球見せて終わり。
 さすがにこれはないなあ
・97年の成績とかなかったことになってんのか?
・ドラマ作りたいだけやし興ざめするわ
・松井秀喜は巨人・阪神・中日・ダイエーを事実上の逆指名しててヤクルトに指名の可能性なんて皆無
 だからスカウトが松井を推して野村と対立なんてことは絶対にあり得ない
・「1年目の2ヶ月半が全て」感を演出するのは、やり過ぎやね。
・無理に感動させようとして事実をねじまげるのはいくない。
・怪我で辛い選手生活だったかもしれないけど、引退後のコーチ生活まで含めた伊藤智仁のプロ野球生活25年を、たった2ヶ月で終わったみたいに扱うのは、あまりにも失礼だろ


伊藤智仁 プロフィール
(いとう ともひと)
国籍:日本
出身地:京都府京都市中京区
生年月日:1970年10月30日(47歳)
身長/体重:183 cm/85 kg
選手情報
投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:1992年 ドラフト1位
初出場:1993年4月20日
最終出場:2001年4月10日

京都市立朱雀第一小学校、京都市立中京中学校、花園高を卒業後、地元の三菱自動車京都に入社。

1992年のバルセロナオリンピック野球日本代表に選出され、1大会27奪三振のギネス記録を作るなど、日本の銅メダル獲得に大きく貢献した。

同年のドラフト会議ではヤクルトスワローズ、広島東洋カープ、オリックス・ブルーウェーブの3球団が1位指名、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得し入団契約を交わす。入団時の背番号は20。

1993年4月20日に先発で初登板し7回を10奪三振2失点で勝利投手となる。150km/hを超えるストレートと真横に滑るような高速スライダーを武器に投球回を上回る三振を奪い、前半戦だけで7勝2敗・防御率0.91の成績を挙げる。

伊藤がルーズショルダー(非外傷性肩関節不安定症)である事を首脳陣は理解していたため、コーチ陣は故障を危惧し登板回数・投球回を減らすよう促すが、監督の野村克也はその助言を聞かずそれがシーズン中盤の故障に繋がった。

この事に関し、野村は監督退任後に「積極的に登板させた事によって彼の選手生命を縮めてしまった。申し訳なく思っている。」とコメントしたが、伊藤自身は「当時の主戦投手は200球近く投げていた。僕も198球を投げたことがある。先発は白黒つくまで投げようという時代。野村克也監督を恨むことなんてないです。むしろチャンスをもらえた。気にもかけてくれた」と語っている。

7月中旬にひじ痛のため戦線離脱。シーズン終了まで復帰することはなかったが、実働3ヶ月ながら新人王を受賞。

1994年から2年間はひじ痛とルーズショルダーに悩まされ一軍登板はできなかった。1996年後半に一軍に復帰。1997年は抑えの高津臣吾が不調に陥ったため一時的に代理を務める。7勝2敗19セーブを記録しカムバック賞を受賞した。

1999年から背番号を21に変更。登板回数は少ないものの先発ローテーションに入り安定した投球を続け2年連続自己最多の8勝を挙げ好成績を残すが、ひじ痛・肩痛は癒えておらず同年オフに2度目の右肩の手術を受けている。

2001年にひじ痛・肩痛が再発、チームはリーグ優勝・日本一になるも本人は登板数も1試合に終わる。オフに再起を誓い、3度目となる右肩の手術を受ける。

2002年の秋季コスモスリーグに登板するも9球目に右肩を亜脱臼しリハビリに残りシーズンを費やす。同年オフに球団から引退勧告とヤクルト本社への入社を勧められるが現役続行を志願、過去最大となる88%減の年俸で契約した。

2003年10月25日、秋季コスモスリーグの対巨人戦に登板し、打者3人を相手に内野ゴロ・四球・四球という投球内容で降板。

かつて最速153km/hを計測したストレートは109km/hにとどまった。10月29日、球団の引退勧告を受け現役引退を表明。

引退した翌年2004年からヤクルトの二軍投手コーチに就任、背番号は84。

2008年に荒木大輔と共に一軍投手コーチに就任、練習指示やブルペンでの肩作りの指示を中心に行っておりマウンドに姿を出すことは滅多にない。

2014年からは投手コーチに就任した高津臣吾と共に投手陣を指導し、2015年には14年振りのチームのリーグ優勝に貢献した。2017年はベンチを担当したが、同年シーズン終了後退団を申し入れ受理された。

2017年12月1日、来シーズンよりベースボール・チャレンジ・リーグの富山GRNサンダーバーズ監督に就任することが発表された。

全盛期に伊藤の球を受けていた捕手の古田敦也は「あの高速スライダーは捕手だからなんとか捕球出来ているが、もし自分が打者だったら絶対に打てない」と評し、プロ野球評論家の青田昇は「プロ野球史上で本当のスライダーを投げたのは、藤本英雄、稲尾和久、伊藤智仁の三人だけ」と評価し、そして当時の監督だった野村克也をして「長いこと監督をやってきたけど、あいつがNo.1だよ」と言わしめた。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤智仁]

ネットの反応

・あれはいずれ壊れてたろう
・というか一回復活したじゃん、しかも相当高いレベルで
 そこから後は自己管理の問題じゃないの
・元々、あの投げ方では遅かれ早かれ肘が壊れてたらしいな
 ノムさんの無茶な使い方のおかげで記憶に残る投手になったじゃない
・潰れたからこそ伝説になってる
・謝罪だけなんて何の意味も無い
 どうせなら伊藤が稼ぐはずだった金を渡せ
・ノムが壊したのは伊藤よりも岡林だろ
・くだらねえこんなの野村の自己満足だろ、今だに利用される伊藤は哀れだな
・言うほど酷使されてたわけでもないしな
 元から壊れやすいのを普通に使ってて、本人も痛いのを痛いと言わず我慢した結果
・この人のルーキー年の投球は確かに衝撃だったよ
 リアルタイムで見た中じゃ、この人の新人年を超える投手見たことない
・今中のスローカーブと伊藤智のスライダーは特別な魔球だったわ。
・伊藤智仁と斉藤和巳のスライダーは何かを犠牲にしないと投げられないボールだよな
・あんなスライダーを投げつづけるには人間の肩はもたないってことだ
・死ぬ前に謝罪したかったんだろうな

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/01/06 18:15

    復帰してから魔球投げてたからなあ
    あれは短期で終わってもしょうがないと思える球だった

  2. 1
    名無しさん 2018/01/05 14:29

    伊藤は昔も現在もカッコイイ!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事