SPORTS

HEADLINE

【RIZIN】那須川天心vs堀口恭司 軽量級世紀の一戦も…金的ローブローが勝負を分けた!?


【RIZIN.13】
キックボクシング特別ルール(58.0kg)
○那須川天心(判定 3—0)堀口恭司●
[30日・さいたまスーパーアリーナ]

「RIZIN.13」が30日、さいたまスーパーアリーナで行われ、キック界の“神童”那須川天心(20、TARGET/Cygames)と、元UFCトップファイターの堀口恭司(27、アメリカントップチーム)が3分3ラウンド(1ラウンド延長)のキックボクシングルールで対戦。

格闘技界の歴史を塗り替えるようなスピーディーでスリリングな試合となり最終ラウンドに追いつめた天心が3―0の判定勝利で辛勝した。

勝者の那須川天心が泣きじゃくり敗者の堀口恭司は笑っていた。

20歳と27歳。キックの看板を背負ってキックルールで戦い、勝利を宿命づけられていた“神童”と、UFCという世界最高峰の舞台で戦ってきた総合格闘家の余裕と挑戦心。そして何より、ノーサイドの抱擁に互いに抱いていたリスペクトの封印が解かれた。

「プレッシャーというか緊張感からの解放感。それに試合が終わって、あんなにニコニコして、堂々としている人いないじゃないですか。本当に強い人なんだなと。感動して。本当にすごい人で戦うのは嫌だった。最後の最後まで敵として見れなかった」

試合前の激しい舌戦も本心とは裏腹だった。

堀口もリング上で「那須川君、いろいろでかいこと言ってごめんね。強かったよ」と声をかけて、試合前の発言を謝罪した。名勝負にふさわしいエンディングだった。

台風24号の影響で、電車が止まる前に家路に急ぎたかったはずの観衆の誰一人としてそこを動かない。全盛期を彷彿させる格闘技の熱がそこにあった。

何かが起きる予感があった。

大型の台風24号の直撃が予想されたため試合開始時間が変更された。最寄りの「さいたま新都心駅」からのJR在来線は、午後8時以降の運行を終日見合わせることが昼過ぎには発表されていた。

当初、このメインカードは、午後9時を過ぎて行われる予定が組まれていたが、そうなると2万人を越える来場者の帰宅の足がなくなる。

大会本部は、生放送を予定していたフジテレビと協議し3試合を入れ替える英断を下した。

ただ大砂嵐対ボブ・サップの“茶番”を含め主催者の希望を裏切る判定決着が多く“世紀の一戦”のゴングは6時55分頃になった。

堀口が伝統派空手の構えからジリジリとプレッシャーをかける。どちらかといえば那須川が受けた。

「一瞬で決めるというオーラがあった」(那須川)

「思っていたよりは相手も警戒していて攻めづらかった」(堀口) 

それぞれの思い。

1分半は探りあった。那須川が堀口の右のミドルをステップバックで外すと堀口も左のハイキックを6オンスのグローブでブロック。右のジャブはスウェーで外した。

スピードや威力、間合いやタイミング。映像で見てきたものとは違う、そういうものの探りあいだ。残り1分を切って動きがあった。

堀口が、空手の突きのような右ストレートを当てて突進。密着した状態から続けて右を打ち込んだのだ。いずれも浅かったが、左のミドルキックを那須川が腕でつかまえて両者がブレイクとなると堀口がニヤっと笑った。

「駆け引きが分かる。フェイントを入れたらこう来るとか。それが楽しかった」とは堀口の回想。

遠い距離から飛び込んでくるのが、キックボクサーにはない堀口の特徴だが、左フックから飛び込み、肩をぶつけて、続けて、突き刺すような右ストレート。那須川はバランスを崩した。

2ラウンドに入ると堀口対策に伝統派空手の選手とのスパーを行ってきたという那須川が、ガードを下げて、その構え。戦いの場を中央に戻す。残り2分になろうとするところで、那須川が度肝を抜かせた。

空中で体を縦に反転させ左ハイを堀口の右側頭に浴びせたのだ。まるでブラジルの格闘技「カポエイラ」のようなトリッキーな蹴りだったが、堀口は、それを右腕でつかまえてダメージを半減させてみせた。

「効いたと思うが、顔に出さないので、いったらやばいか、怖さをかんじた、やっぱり強いんだなと」

那須川は、堀口のダメージをはかりかねていた。

凄まじい心理戦が展開されていた。

そして、それを那須川も楽しんでいた。

「駆け引き、見合う時間が長かったが、濃密な時間、ひとつひとつの攻防がゆっくりなんです。こっちきた、こう返そう、フェイントとかすごく考えさせられた」

日本の格闘技史上、前例のないほど、スピーディーなファイトが、とても、ゆっくりと感じたのはアスリートの世界で「ZONE」と呼ばれる究極の精神世界に入っていたのかもしれない。

このラウンド、2度のローブローで試合が止まるアクシデント。


実は、彼らが、揃って「あの試合以上のインパクトを」と口にした14年前の魔裟斗対故・山本KID徳郁戦も魔裟斗のローブローで試合が中断するシーンがあった。14年の時を越えて一致した偶然のアクシデントだったのかもしれない。

だが、那須川に容赦はなかった。終了間際に左右のフックから瞬きもできないほどの猛ラッシュを仕掛けた。息のできないほどスリリングな試合はついに最終ラウンドへ。

序盤はキックの攻防。堀口の右のハイキックの膝付近が那須川の顔面をとらえたが、表情は変えない。勝負をかけた堀口の飛び込むパンチが増えてくると、那須川は右のジャブを増やしてバリアを張るように牽制した。

堀口の飛び膝蹴りを那須川が叩き落とす。

ここからは那須川の独壇場だった。得意の胴回し回転蹴りの踵が堀口の左テンプルをかすめた。一気に追い詰めようとしたが、総合流のタックルで押し倒された。

しかし、ロープを背負わせ左ストレートがヒット。初めて堀口が下がり棒立ちになった。左ミドルの3連発はすべてブロックされたが、圧力をかけておいて、ワンツーを浴びせると、また左が当たる。那須川の勢いは止まらない。

再び、クルっと体を回転させて、胴回し回転蹴りを浴びせると、その踵がテンプルをとらえた。足がもつれ両者が倒れた。起き上がろうとする堀口の目は、うつろ。焦点があっていなかった。明らかに効いていた。

「(堀口の)表情が濁った。すごい感触があった」

チャンスは逃さない。那須川はコーナーから助走をつけて飛び上がって前蹴り。最後の勝負だった。しかし、堀口は、死んではいなかった。鋭いステップバックで外す。

試合終了のゴングと同時に那須川は、勝利を確認したかのように左手を挙げた。

「30-29」、「29-28」……ここまでジャッジが読み上げられ天心の右手が上げられると、残り一人のジャッジ「30-28」は、もう大歓声にかき消された。

その瞬間、涙を見せた那須川は、リング上で「堀口選手がキックのルールで戦ってくれたことに感謝します」と第一声。

そして「人間と戦っているんじゃない。動物、獣みたいな感じでした。一歩間違えると自分がやられる。そんな試合でした」と続けた。

攻撃の手数と最終ラウンドのダメージを考慮すると、ジャッジの評価は妥当だった。

堀口も「3ラウンドにキックをもらったり、自分の手数が少なかったので判定はしょうがない」と結果を受け入れた。だが、那須川は、元UFCトップファイターを「獣」と表現したが、堀口は20歳のキックボクサーを「人でした」と評した。

「思うような攻撃はできた。(彼の蹴りは)ブロックしているので致命傷にはなっていなかった」

それが堀口の本音でありプライドだったのだろう。

「日本を盛り上げるために(UFCから)帰って来たので(会場が盛り上がったのは)満足ですが、負けているので、そこは練習が必要」

フロイド・メイウェザー並みの動体視力と反射神経で天心のパンチのほとんどを見切っていた。パンチはスウェーとステップ、キックはブロックと距離を微調整することで殺した。

那須川に距離を少し詰められたことで、遠くから一撃必殺を完璧に打ち込むことはできなかったが、常識の枠では、計算も対策もできないパンチは、天才キックボクサーに恐怖を与えた。

本来ならば、交わるはずのなかった2人の格闘家が、異種ファイトで見事に融合してスイングしたのは、まぎれもなく堀口の格闘家としての高いポテンシャルが理由だった。

伝統派空手、そして、亡き恩師のKIDからインスパイアされた格闘家の“幅”が日本の格闘史に残る名勝負を生み出したのである。

堀口は14年前の魔裟斗vs山本“KID”徳郁戦と、この試合を重ねて「その試合が目標なので、まだまだ超えられていないかなと」と言った。

社会的な背景も違う2つの試合を比較することはナンセンスだが、14年の間に起きた大きな技術の進化と、その高貴なスピリットだけは、時代が違えど、なんら変わらぬことを示した。

忘れてはならないのは、勝者が那須川だったということ。

「KOを狙いたかったが、それ以上に堀口さんがよかった」と言うが、3分×3ラウンドの9分間に恐怖を克服し倒しに行った。“神童”の名に恥じない、何が出てくるかわからないスペクタルなファイトで観客を魅了した。

「3分、3ラウンドが、長かった。楽しかった。天下分け目。この先の格闘技人生が決まるような試合だと考えていたが、人生の節目のような試合ができた。今後がどうでもよくなるような非日常的な時間だった」

20歳の若者の表情が試合数日前に比べて変わったように思えた。

さて、格闘ファンの次なる焦点は、那須川がMMAもできるため、今度は、MMAルールで両者の再戦があるのかどうかという点だ。

堀口は、「試合が終わったばかりなのでまだ何も考えてないが、もっと日本を盛り上げたい。オファーがあればキックルールでまたやろうかな。負けているのでやり返さないといけない」と、キックルールでの再戦にも意欲を見せたが、MMAルールでの再戦には否定的だった。

「はっきりと言うがMMAでは相手にならないと思う。組み際とかが出来ていないので自分が普通に勝つので面白くない」

那須川のパンチとキックのスピード、威力を感じとった上で、そう言うのである。

一方、那須川も、「今度はMMAで」とは言わなかった。

「MMAか、キックか、ボクシングか。悩んでいる。中途半端に両方できるような甘いものじゃない。MMAでやるならば、しっかりと準備をしないと」

リング上では、興奮のあまり、日付と場所を間違って告知してしまったが、すでに11月17日に両国国技館でキックの試合が組まれている。那須川と堀口が将来的にMMAルールで、再び合間見えることがあるとしても時間はかかるのかもしれない。

交通機関が止まる前に……と観客は席を立ち、まだ数試合を残して格闘技の聖地はさずかに空席が目立った。だが、そこには確かな熱が残っていた。

「希望が見えた。まだまだ日本の格闘技界が盛り上がるという希望が見えた」

試合後、那須川天心は、そう言った。

彼が格闘人生をかけて見たものに嘘はない。台風24号が日本列島を直撃した9月30日は、日本の格闘技界復活の日として刻まれるのかもしれない。 

[via:THE PAGE]
https://thepage.jp/detail/20181001-00000001-wordleafs

堀口恭司 試合後のインタビュー

緊張感のある3分3Rを戦い抜くも判定で那須川に敗れた堀口は、

「思っていたよりは相手も警戒していて攻めづらかったですね。強いとは前から思っていたので終わった後もそんなに印象は変わらないです。

自分が思うような攻撃は出せました。3Rにキックをもらったり、自分の手数が少なかったので判定はしょうがない。(那須川の蹴りは)ブロックしているので致命傷にはなっていなかったですね」と試合を振り返った。

台風の影響で当初のメインイベントから前倒しになったが、「それは問題なかった」とし、ボクシンググローブでの試合も「練習で使っていたので想定内でしたね」という。

また、2度のローブローに関しては「モロ入っていますが、負けは負けなので仕方が無いです」と潔い答え。

試合中には何度か笑顔を見せていたが、それは「駆け引きが分かるんですよね。フェイントを入れたらこう来るとか。それが楽しかった」と駆け引きが楽しかったからだと説明した。《中略》

師匠である亡くなった山本“KID”徳郁と、魔裟斗のキックルールでの試合(2004年大みそか)を超えられたと思うかとの質問には、「その試合が目標なので、まだまだ超えられていないかなと思っています」と、まだ満足はいっていないようだった。

[via:イーファイト]
https://efight.jp/news-20180930_306767

ネットの反応

・秘技とは天チン蹴り
・金的ズルいな 1ラウンドと2ラウンドは堀口のほうが勝ってた
・もう1Rやってら堀口KOされてかも
・3分3Rは短すぎ 最低でも5Rはないと
・百歩譲ってドロー 金的の減点があったら100%勝っていた つーか玉蹴り放題だね(笑)
・しかも減点は無しで注意だけ(笑)
・キンタマ蹴られてやり得とか どういうルールしとるんや?
・1R2Rは堀口がとっといた 3Rに10ー8をつけるのなら百歩譲ってドローの延長
・キンタマ蹴らなかったら負けてたろ天心
・金的蹴り言うたら空手の看板技やないか それを空手家が食らうのはあかんわな
・堀口金的食らったあと一気に汗出て来たからな 相当効いたぞ
 >脂汗って奴だろうな…
・あんな腰低い構えしてたらローの軌道に金玉あるようなもん 路上なら天心の勝ち
・こんなんだから格闘技とか盛り上がらねーんだよ
・フジテレビが中継やるとゲスト陣がもれなく糞しかいない
・キックボクシングルールなんだからキックボクサーが勝つのは当たり前
・判定になった時点ナスの勝ち確なのはみんな知ってたやろKO以外で堀口に勝ちはなかった
・まさに軍鶏の喧嘩
・キックボクシング初挑戦の総合格闘家にキックルールで互角のキックボクシング王者(笑)
・まぁキックで最強語りたいなら、いくら堀口相手でも天心の判定価値は負けに等しいな。
・BLADE2の頃は神がかってたけど、今だとガチでやれば武尊にKOされてしまうんじゃないかな?
・キンタマのせいで名勝負になり損ねたな
・KIDも魔裟斗もイケメンで雰囲気あったから人気が出たけど こいつらじゃ無理
・堀口天心の試合以外がクソすぎて、今後RIZINほんとやばいだろ
・DAZNに契約してBellatorを見ろ RIZINのレベルの低さがわかるから
・こんなつまらん茶番より新生K1のほうが面白い
・ついこの前の試合で武尊の異様な強さを見た後だからなぁ
・天心あと武尊ぐらいしか相手いないな
 >K-1がライジンと喧嘩してるから難しいな
・これから天心が戦う予定の大雅 K-1では武尊に連敗 よっわい大雅を減量させて さらに弱らせて戦おうというのが天心w
・完全に底が見えたな 天才でも神童でもないじゃん 井上尚哉と同列に扱わないでほしい
・堀口のパンチに対する反射神経がすごかった
・天心はタイから少し強い奴連れてきたらボコボコにされて地元判定で救われたぐらいのレベルだしなー
・3Rの那須川のコンビネーションなんて何やってるのかマジでわからんかったが、アレを見切って反応する堀口スゲーと思った。
・堀口ももう相手いないんじゃないの?
・なんにせよ、堀口はやっぱ凄かったし那須川も負けずにすんだ ヒリヒリして面白かったよ
・昔はPRIDEのような真剣シリアスな雰囲気が好きで色物K-1を見下してたけど今日はサップの試合が一番面白かったわ もうお笑い路線でいいよ
・天心がかわいそうなのは、キックでしか輝けないのに RIZINがキック団体ではないってところだな

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/10/03 4:41

    早く武尊とやってほしいわ

  2. 1
    名無しさん 2018/10/02 16:40

    那須川は極真出身で、堀口は伝統空手出身。両者ともに試合で金的蹴りは狙わない。
    狙わないが、勝手に金的蹴りをもらいに行くような体勢になるのが伝統空手。極真はわざわざそんな姿勢をとらない。
    魔裟斗vsKIDは身長差がありすぎて金的になったが…。いずれにせよMMA勢は、立ち技勢と違って、自分が片足上げているわけでもないのに金的をもらう姿勢を勝手にとる。
    ローを必ずカットしろとは言わないが、だったら金的に当たらない姿勢をとったままでいろ、とは思う。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事