SPORTS

HEADLINE

【MLB】大谷翔平トミー・ジョン手術を決断した理由 セカンドオピニオンを求め抵抗も!?

エンゼルスの大谷翔平(24)が、10月第1週に右肘の靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けることを発表した。

大谷は、日本時間9月6日にMRI検査で新たな損傷が見つかり、エンゼルスのチームドクターから手術をすすめられていた。しかし、手術は避けたいというのが大谷の本音だった。

「トミー・ジョン手術を受ける前に、(日本ハム時代のチームドクターである)同愛記念病院の土屋正光名誉院長の診断を受けたい」

米経済誌「フォーブス」が報じた、大谷の「日本の医師にセカンドオピニオンを求めたい」という発言が、エンゼルス内で大きな物議を醸した。

「エンゼルスのチームドクターは、大谷が長く活躍するには、手術が最適との判断を下した。

それでも大谷が日本の医師に頼るということになれば、エンゼルス側は『我々を信用しないのか』となる。これまでは相思相愛の関係だったが、この発言によって関係が崩れかねない」(現地記者)

元メジャーリーガーのマック鈴木氏は、「大谷は順番を間違えた」と指摘する。

「セカンドオピニオンを希望することを、最初にエンゼルスに伝えていれば問題はなかった。

チームドクターが判断しているのに、ほかのドクターに聞きたいとなれば、おもしろくない。それと、日本と米国の手術するレベル、意識の違いもあると思う。

日本ではまず休ませる。それから判断するが、米国ではそうしない。ダメージが出ているので、これ以上よくなることはない。だったら、早めに手術しておこうというわけです」

大谷といえば、これまでは優等生発言が目立ち、どちらかといえば自分の意見を強く押し出すことはなかった。その彼が、今回に限ってなぜセカンドオピニオンを求めるのか。

そこには、「日本人投手とトミー・ジョン手術の相性の悪さが関係している」と、日ハム関係者は語る。

「これまでも多くの日本人投手が手術を受けているが、手術後に成績が上がったケースは少ない。3度も手術を受けた大塚晶文は、結局メジャー復帰ができなかった。

松坂大輔と和田毅の2人は、全盛期とはほど遠いピッチングに終始している。ダルビッシュ有も球威は戻ったものの、今季は右肘炎症でクリーニング手術を余儀なくされている。

一方で、手術をすすめられながら回避した田中将大は、今季で5年連続して12勝以上をマークするなど、いまやヤンキースのエースとなった。

大谷本人も、『ダルビッシュさんや田中さんの例もあるし……』と近しい関係者に漏らすなど、手術をすすめる球団に疑心暗鬼になっていた。

これまでも手術を受けた場合、成功する確率が70%、無理をすると再発する確率が30%というデータがある。そのデータを考えて、大谷はなかなか手術に踏み切れなかったのだろう」

大谷がセカンドオピニオンを求めた同愛記念病院関係者が明かす。

「昨年、同病院でPRP注射の治療を受けたことは事実です。右肘内側に自分自身の血小板を注入して、悪化した箇所の修復、再生をおこなった。 その時点で、手術の必要はないとの判断が下されました」

一度は手術が必要ではないと診断されていた大谷の肘。手術は吉と出るか、凶と出るか――。

[via:週刊FLASH 2018年10月9日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/15362423/


同愛記念病院(東京都墨田区)土屋正光名誉院長

セカンドオピニオン求める

エンゼルス大谷翔平投手だが、球団にセカンドオピニオンを求めたい意向を伝えていたことが分かった。米経済誌「フォーブス」のバリー・ブルーム記者が伝えている。

記事によると、大谷は球団に「手術を決める前に、同愛記念病院の土屋正光名誉院長の再診察を受けたい」と伝えたという。

土屋氏は日本ハムのチームドクターを務め、昨年の11月に大谷の右肘内側側副靱帯がグレード1の損傷を負っていると診断。

その当時は「さらなる損傷に発展した場合にはトミー・ジョン手術が必要になるという見立てだった」と伝えている。

[via:Full-Count 9/17]
https://full-count.jp/2018/09/17/post205815/

大谷翔平「自分で決めた」
手術しないと100%のものが出せない

米メディアに決断の理由を聞かれると「やらないという方向も含めて、いろんなプランを提案してもらって、最終的には自分で決めました」と話した大谷。

投手としては来季マウンドに上がることはできないが、スローイングをしないDHとしては開幕に間に合う可能性もある。

それだけに「(投手としてプレーできないことに)もちろん残念な気持ちはありますけど、普通なら1年と半年は試合に出ることはできないけど、その中でまだ貢献できるものがあるのは、むしろプラスかなと思っているので、なんとかそこで頑張っていきたいなと思っています」と前を向いた。

手術をしないという選択肢もあったが、「しないならしないに越したことはないと思いますし、それで自分の100%のものが出せるならやらないほうがいいと思うんですけれども、そうではないとは思ったので、ここで1回リハビリも含めてもう1度、一からやりたいなと思っています」と言及。

今季、二刀流で活躍する自信を掴めたかを聞かれると、「正直1年だけでは分からないこと、僕自身もわからないことはたくさんありますし、今年の成績だけで来年これ以上、このくらいの活躍ができるとは限らないので、毎年毎年レベルも上げていかないといけないですし、その中で怪我をして、来年リハビリしながら試合に出るというのはすごく自分にとっては大きいことかなと思うので、また1つ成長できるように頑張っていきたいと思っています」と謙虚に話した。

二刀流の完全復活は2020年になるが、まずは来季、打者として大暴れしてくれそうだ。

[via:Full-Count]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00213564-fullcount-base

ネットの反応

・慌てずにリハビリしてくれ
・怪我と付き合うこと覚えて、うまく乗り越えられれば長くプレイ出来るかもしれんしね。
・凄いのはリハビリ中はバッターでやれること そんな奴いない
・丸一年リハビリに使った方がいいぞ
 >来季は打者をやるらしいけど大丈夫なんかね
・トミージョン手術って米国で言われているほど成功例はない。
・それまで以上又は変わらないほど長期的に活躍したのはトミージョンだけで、他はほとんど実績が残っていない。
・しかし、毎日毎日同じような質問に嫌な顔全くせず丁寧に考えながら答えてるのが凄いな
・リハビリ期間中に打者やって結局投手の方に響くパターンしか浮かばない
・来年30本打てるかだな
・故障してる限りDH専門なのがな
・左手でオナニー
 >大谷なら抜いてくれる女はいくらでもいるだろ
・左腕から移植する可能性が高いがそうすると打撃にもろ影響が出てくる
・投手専門の選手と違って他が無傷ではいられないのが二刀流
・打者として出たら、投手としてのリハビリが出来ない。結局、2年は出られません。
・来年はじっくりとリハビリしてからの出場になるだろうから夏頃までは出ないだろう
・投手としての復活が目標なら、来年はそのリハビリに専念した方が良いって手術経験者が言ってた。
・無理させるなよ、早く使いたいとかケチくさいこと言って投手としてダメになったらどうすんだ。
・外科医のジョーブ博士ってギャグみたいな名前だな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事