SPORTS

HEADLINE

甲子園優勝校の主将が強盗団の一味になったワケ 大学中退の原因は窃盗事件 先輩のイジメも!?

プロには行かず大学で金銭トラブルに巻き込まれた?

甲子園野球ファンには大きなショックとなったのが、花咲徳栄の野球部元主将・千丸剛の逮捕だ。

昨年4月、千葉県八街市の住宅に男5人で押し入り、住人夫妻をバールや刃物で攻撃した強盗致傷などの疑いで1月末に千葉県警佐倉署に逮捕され、その後、千葉地検に起訴されている。

5人は当日に市内でナンバープレート窃盗にも関与した疑いがあり、ナンバーを付け替えた車での犯行と見られている。

県警の調べでは、5人は一部が友人同士だが、互いに面識のない者もいて即席の強盗団となっていたようだ。

千丸がそんな悪党に成り下がったのは、17年、埼玉県勢初の夏の甲子園優勝の快挙を手にしたヒーローだったことからすると信じがたい落差だ。

選手時代を取材した新聞記者によると「監督からの信頼も厚かったし、チームメイトはみんな彼を誉めていた」という。

同僚だった清水達也(中日)や西川愛也(西武)のようにプロには行かず、駒沢大学に進学していたが、何があったか中退していた。

異変を感じたのは高校時代の友人だ。

「アイツ、めちゃくちゃイイヤツだったんですよ。後輩の失敗を『俺のせいです』と言ったり責任感あって男らしくて、それでいて冗談も面白いし、みんなに好かれてました。

だから、『イイヤツすぎて人間性が異次元レベル』とか言われてたんですよ。でも、大学行ってから久々に連絡とると、前は絶対に言わなかった愚痴とか言ってて様子がおかしかったです。『大学の奴ら全員むかつく』みたいなこと言ってましたから」

この友人はそんな千丸の“異変”を他の元同級生に話したところ、さらに驚くことを聞いたという。千丸が、

「億万長者になったユーチューバーがやってる極秘の裏アプリがあり、それを使うと投資で自動売買ができて絶対儲かる。裏アプリは高いけどユーチューバーと知り合いの奴がいて、みんなで金を出し合えば使わせてくれる」

というような内容の話をしていたというのだ。

「千丸ってそんな話をして人を騙すような奴じゃないんで、ちょっと信じられないですよ。でも、本当なら何か事情があるよねって友達とも意見で一致したんですよ。お金に困る理由があるとか…」

一説には大学中退の理由がチームメイトとの金銭トラブルではないかとのうウワサもある。

友人らはそのトラブル解決に「まとまった金が必要で仕方なく儲け話をしたのではないか」と推察、今回の強盗事件も「その延長線だったら…」と言っている。

人格者だったはずの千丸が窃盗団になっていたのは何か人知れぬ理由があるのだろうか。

いずれにせよ強盗致傷罪は裁判員裁判の対象となる重罪で、有罪となれば原則、執行猶予もつかない無期または6年以上の懲役。

ただ、犯行に及んだ経緯や動機に汲むべき事情があると減軽されるケースもあることから、友人やファンたちはそこに望みを持ちたいところだろう。

[via:覚醒ナックルズ]
https://k-knuckles.jp/6/9848/

駒大退学は“窃盗事件”

この千丸は2018年に進学した駒澤大学を退学しているが、その理由が“窃盗事件”だったことが「週刊文春」の取材で分かった。駒大関係者が明かす。

「駒大野球部に入部した千丸は、1年生で東都の春季リーグ出場を果たすなど将来を期待されていた。そんな矢先の夏、先輩部員の財布からお金を抜こうとしているところを“現行犯”で見つかったんです。

処遇をどうするか、部内でミーティングした結果、まだ未成年である千丸の更生を期待し、許して守ってやろうという結論になった。ところが、千丸は野球部を退部し、大学も退学してしまいました」

その後、1年も経たないうちに強盗致傷事件を起こしてしまった。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/32014

強盗犯に転落した理由

甲子園で栄冠に輝いてから、わずか2年半後に「強盗犯」として逮捕。高校卒業後は、強豪・駒澤大学野球部に入部した千丸被告にいったい何があったのか。

「大学で野球をやめたことがすべてだと思います。1年生の夏に退部して、同時に大学も退学したんです」

千丸被告の知人はそう明かす。

「駒澤大の野球部は上下関係に厳しいことで知られています。千丸は1年生のときから試合に出ていたから、先輩からの風当たりが強かったのかもしれません」

一方で、こんな情報もある。

「千丸は野球部の先輩のおカネを財布から窃盗しようとして見つかり、居場所がなくなってしまったんです」(駒大関係者)

失意のまま大学を去った千丸容疑者は、翌春には強盗グループの一味となった。

スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏はこう手厳しい。

「名門校のキャプテンというのは、勝つことにこだわることがすべてで、世間のリーダー像とは別物。人間的な成熟とは関係ないんです。千丸容疑者は自分の立場や影響力を自覚してなかったのでしょう。

過去の偉業や仲間たちの努力に傷を付けただけでなく、今後、母校が甲子園で優勝しても、今回の事件がついてまわることになる。勝つことだけを教えている全国の名門校は、生徒にこのことをちゃんと伝えたほうがいい」

行き過ぎた勝利至上主義が強盗犯を生んだのか――。

[via:FRIDAY]
https://friday.kodansha.co.jp/article/95989

強烈な縦社会体質

甲子園優勝チームのキャプテンを務めた男の変貌ぶりは大きな話題となり、朝の情報番組でも各局が取り上げる事態となった。更に浮かび上がってきたのは大学野球部の体質だ。

千丸容疑者の同級生が、所属していた大学野球部の下級生に対する扱いを綴ったメッセージがSNS上で拡散され、こちらも大きな話題となっている。

世間的な注目度の高さから高校野球に関する不祥事は話題となることが多いが、大学野球についてはそこまで取り上げられることは多くない。

しかし野球部に限らず、大学の体育会系部活動には、「4年神様、3年天皇、2年平民、1年奴隷」という言葉があるように、強烈な縦社会があると言われてきた。《中略》

「救う道」はなかったのか

チームに合わないと思って退部、退学してそのままフェードアウトしてしまうのではなく、新たな環境を見つけることがいかに大事かということがよく分かるだろう。

また大学野球全体の組織として、不幸な選手を出さないためにも転校した際のルールなども見直す必要があるのではないだろうか。

苦労に耐えながらチームに残り続けることで養われるものもあるかもしれないが、相性というものも確実に存在している。

そして大学生であれば、やり直すことができるケースも少なくない。途中で退部、退学したことを負い目に感じるのではなく、自分の力で新たな道を模索して切り拓く選手が一人でも多く出てきてくれることを切に願いたい。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2020020600006.html

ネットの反応

・これは衝撃の事件だったわ
・万引き置き引きレベルじゃなく強盗致傷ってヤバすぎ
・殺人未遂やんけ
・盗癖の病気やな
・それにしても徳栄は、上に行って辞める奴が多過ぎ
・駒沢なんて行かないで唯一先輩が進学して成功してる監督の母校東北福祉大にして置けば良かったんだよな
・プロいきゃ稼げたのに
 >いや、それは無理w
 >プロ蹴って駒沢行ったわけじゃないだろw
・野球をとったら何も残らなかっただけな気もする
・元々クズだったんだろ
・盗癖のあるやつが、たまたま甲子園に出場したってだけさ。
・何で盗塁は良くて窃盗は駄目なのか
・野球が全てだと思い込むのはマスゴミが高校野球を神格化するから
・花咲から駒大ルートはもう消えたな
・おそらく高校時代もしてたな窃盗
・当時の在学生ですが財布やスマホがなくなることが多発していて体育がある日はスマホも学校にもっていけなかった。全部が彼だとは思わないけど何件か絡んでいたかも。
 >バレなかった、或いは外に漏れなかっただけだろうね
・初めてなわけがない。ロッカーから財布を盗もうなんて中・高時代からそんな事件はあったが、犯人不明のまま流れていたのでは?誰も人柄から「千丸が犯人だ」なんて思う人もいないまま大学へ。そして、現行犯で目撃されてしまい逃げられなくなって気まずさで自主退学。自由になった千丸は本性を現して、金の為なら手段選ばず集団強盗。
・これは本人が悪いんだろうけど、大学の体育会って異様だからな
・キツイ大学に入ってしまうと、コラしめられる可能性が極めて高い。
・精神病んでたんだろ キャプテンやるくらいだから根っからのクズではないはずw
・高卒エリートはイジメ回避で大学を飛ばすべきだな
・折れた時に選択肢が無くなる洗脳教育はよくないということやね
・出所後もカウンセリングなどで治療しなければ、またやる可能性大。
・勝つための使い捨てだからな強豪校のスポーツなんて教育でも何でもない
・まぁ大学中退したからって普通は窃盗犯にならないからな


千丸剛のツイッターには2017年に甲子園優勝したときの感謝のツイートが固定されている

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/03/04 18:47

    いつかやると思ってたぞ。
    いいやつなんかじゃねーよ。人間のクズだこいつは。

  2. 1
    名無しさん 2020/03/04 17:00

    盗癖ある人って意外と人望あって怪しまれない人だったりするパターンも多々ある
    病気ですね

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事