TALENT

HEADLINE

井上真央と松本潤 秋にも結婚!と東スポが報じるも・・・信仰上の壁のウワサ

女優・井上真央(28)と人気グループ「嵐」の松本潤(31)が、この秋にも結婚!という最新情報をキャッチした。井上といえば、もっかNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」に主演中で、注目度も高い。

そんな井上が親しい共演者に「神前(結婚)式をして、必ず白無垢を着ます!」と堂々と宣言したという。早ければ大河の撮影が終了する秋口には、紋付きはかまの松潤の横に、初々しい白無垢姿の井上の姿が見られそうだ。


井上真央と松本潤 秋にも結婚!と東スポが報じる


井上の「結婚宣言」を耳にしたある大河のスタッフは「事あるごとに『必ず白無垢を着ます!』と話しているんです。お式の話題になれば『神前式』と言い切っているんですから…もう完全に花嫁モードに入っています」と証言する。

井上の相手といえば、もちろん2005年に放送されたTBS系ドラマ「花より男子」で共演して以来、交際を続けている「嵐」の松本だ。

「あの2人は外で会うときは、まるでグループ交際のように見せかけるなど、絶対にツーショットを撮らせないようにしている。ある意味、”アイドル”としては正しい気の使い方ですが、うまくはいっています」と話すのはある芸能プロ関係者だ。

交際が始まってからすでに10年近く経過しているだけに「28歳の井上が結婚を意識するのは当たり前」(同関係者)というのもうなずける。

また、この2人は「花男」で共演した小栗旬とも仲がいい。

「小栗の奥さんの山田優とも気が合うようで”家族ぐるみ”の付き合いとも言われている。2人の中で結婚はそう遠くないと言われています。(松本が所属する)ジャニーズ事務所も以前に比べれば結婚に対してそれほど厳しくはなくなっている。

もちろん了解は必要ですが、これだけ長期間の交際ですから。一説には、井上の性格がジャニーズ幹部に気に入られているなんて話もある」とは別の芸能プロ関係者だ。

とはいえ「大河主演」の大役をこなしている最中に”結婚宣言”が飛び出すのは、やはり不思議な気も…。しかも、「花燃ゆ」自体が決して好調とはいえない滑り出しだから、なおさら不可解ではある。

そもそも「花燃ゆ」は初回視聴率16・7%と、大河史上3番目の低さでスタート。1日に放送された第5話の平均視聴率が同作ワーストを更新する12・8%だった。1か月で”危険水域”まで落ち込んだことになる。

数字が下がれば撮影現場の雰囲気も悪くなるのがドラマ界の常だが、今回に限っては違った。なぜなら、井上が超ハイテンションになっているからだという。

吉田松陰の妹・杉文を演じている井上は、ドラマの中では久坂玄瑞役の東出昌大(27)と小田村伊之助役の大沢たかお(46)と2度結婚することとなっている。ただ、その前に、姉役である優香(34)の白無垢姿を目の当たりにしてから変化があったという。

「大沢さんと一緒に優香さんの白無垢姿を見ていた井上さんは、感動して目を潤ませていました。そして突然『私も着られますよね?』『絶対白無垢を着ます!』と周囲のスタッフもあっけにとられるほどしつこく言い寄ってきたんです」(あるNHK関係者)

井上の興味は実生活での結婚そのものにも向けられているのは、間違いないとの声も。

「優香さんの白無垢姿を見てからというもの、井上さんはやたらと自分の結婚願望を共演者に話したり、杏さんと結婚したばかりの東出さんに新婚生活の様子を聞きまくっています。あまりのハイテンションに周囲はちょっと引き気味ですけどね(笑い)」(同)


井上真央と松本潤 結婚に宗教の壁?


この2人、実は昨年末にも一部で「結婚か」という情報が流れた。

「ファンは大騒ぎでしたよ。15周年コンサートという一大イベントを終えた松潤と大河が始まる井上では、このタイミングでの結婚はおかしくないという筋書きでしたが、結局、ウワサにすぎなかった。ただ、裏を返せばいつ結婚してもおかしくないということ」(前出の芸能プロ関係者)

昨年末はウワサにすぎなかったが、撮影は秋口には終わる予定。そのころに”井上&松潤が電撃入籍!”なんていうニュースが駆け巡っても何らおかしくなさそうだ。

[引用/参照:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/363274/]

結婚に”宗教”の壁が浮上か

ジャニーズの滝沢秀明(32)、俳優の松山ケンイチ(29)、そして日本アカデミー主演女優賞の井上真央(28)。彼らにはNHK大河ドラマの主役を務めたという以外に”ある共通点”が存在すると、1月15日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

その共通点とは、創価学会の会員であるということだというのだ。

同誌によれば、1月2日に開かれた創価学会の新年執行会の席上において、役員から、「大河主役の井上さんは生粋の学会っ子で、少年少女部会には欠かさず参加していた」という発言が飛び出し、学会員たちを喜ばせたのだという。

真偽を問うため、同誌記者が井上の母親を直撃すると信仰を認め、聖教新聞を購読していることも認めたという。

このタイミングで井上が創価学員であることを明らかにしたのはなぜか。同誌は、井上が大河ドラマの主役になったことは大いに関係があるとして、

「今年は4月に統一地方選があるため、選挙で戦う会員たちの士気を高めるとともに、彼女の名前を出すことで票集めや勧誘の枕に使おうと考えている」

というジャーナリスト・乙骨正生氏のコメントを掲載している。

本人がカミングアウトしたわけでもないのに、選挙の道具に利用される形の井上は気の毒だが、やはり気になるのは、恋人である嵐・松本潤(31)との行く末。

創価学会といえば、異なる宗教を認めていないことで知られる。松本も学会員であれば話は早いだろうが、仮に違った場合、結婚へのハードルは上がるのではないだろうか。

「両親が活動家の2・3世の場合、結婚と同時に入会を迫られるのは必至で、入会してくれないなら結婚できないと言われるケースは多い。両親が未活動の場合であれば、説得できないこともない」(創価学会員)

と、両親が熱心な学会員かそうではないかでかなり違ってくるという。ただ井上自身も「『朝晩の勤行』とされる『唱題』と言われる儀式を1日2時間行なっているという話があります」(同・会員)

というから、やはり「生粋」の熱心な活動家といえそうだ。

今まではファンも”お似合いカップル”と温かい目で見守ってきた松潤&井上カップル。これをきっかけに世間の風当たりが強くなるという事態にならなければいいのだが。

[引用/参照:http://dmm-news.com/article/909150/]


井上真央と松本潤 結婚に宗教の壁?
週刊現代「大手広告代理店が作成 “創価学会系タレントリスト”」
※画像クリックで拡大

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2015/02/06 20:11

    口が曲がってる

  2. 2
    名無しさん 2015/02/06 9:35

    どーでもいい。

  3. 1
    名無しさん 2015/02/05 21:50

    誰か結婚を阻止して〜。冗談じゃない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事