TALENT

西野七瀬『あなたの番です』最終回で演技力の評価ガタ落ち!?「謎解きはHuluで」に失望の声も

西野七瀬 演技力の評価は…

ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の放送が2019年9月8日に終了した。最終回となる第20回では、西野七瀬さん(25)演じる黒島沙和が連続殺人を起こしていたことが明かされ、事件の全貌が明らかになった。

2クールにわたって放送された同ドラマについては、視聴者の間では早い段階から「黒島が犯人だ」との声が上がっており、大多数の予想が的中。

作中ではたびたび黒島が不審なそぶりを見せていたほか、同ドラマの企画・原案を作詞家の秋元康氏が務めていたことから、乃木坂46のOGの西野さんが大役をもらうのは当然との指摘もあり、これらの推理が的中した形だ。

「彼女の役者としてのキャリアを考えると及第点であると感じました」

最終回を見た視聴者からは、西野さんについての感想がネット上に続々。あるツイッターアカウントは、

「あなたの番ですの総合的な感想 1話から19話はくそおもろかった!しかし最終日ちょっとな。西野七瀬の演技力がな。ちょっと下手だなって思った笑」

と、演技力が役柄にやや追い付いていなかったのではないかとツイート。また、別のアカウントは

「子供な殺人犯、て感じで、切実感のなさにゾッとしたが、もっと共感なり怒りなりを呼び起こす演技をしてほしい人が多かったんだろう」

と、やはり物足りなさを感じたとツイートした。

また、これとは逆に、

「西野七瀬さんの演技を酷評する声が多いけど、彼女の役者としてのキャリアを考えると及第点であると感じました」

と、昨年のNHK紅白歌合戦で乃木坂46を卒業後(卒業コンサートは19年2月)、1年に満たない時点では合格であるとする声が上がったほか、

「最終回を終えて西野七瀬を嫌いになったとか、演技下手とか言ってる人多いけど俺はより好きになったよ!」

との声も。放送開始直後から注目を集めていた西野さんだけに、番組終了から半日が過ぎても西野さんをめぐる視聴者からの声は後を絶たない。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2019/09/09367056.html

ネットの反応

・棒演技すぎて最悪だった
・一言で言うと学芸会、以上
・電影少女から何の進歩もなかった
・ありゃ叩かれてもしゃあないな
・演技がクソなのは仕方ないとしても顔面がブスなのはどうにかしろよ
・西野七瀬はワイルド系ディレクターの棒でもずっとしゃぶってろよ
・最終話の重要役が演技下手過ぎてせっかく今まで積み上げてたものが一気に萎えた感じw
・このドラマ周囲は演技派な俳優ばっかなのにあ~あって感じ
・奈緒が凄すぎて引き立て役では
・まあ、あんなもんだろ それより看護師役の方がはるかに棒演技でシラケた
・筧美和子と大体同レベルだろ
 >筧美和子の方がまだ2段くらいマシだろ
 >筧美和子はうざい女の役やらせたら絶品だぞ おっぱい引っ付けてぶりっ子の役とか
・自分は田中圭の顔芸が無理でやめた
・演技の場数踏んでない元アイドルにあの役は酷でしょ
・電影少女は棒っぽさが良かった
・ああいうロボットみたいな演技はサイコパスや役柄にはよく合ってたわ
・好きになった男性が彼女のために殺人を犯してしまうが、本人は直接手を下さないという設定かと思ったら、暗殺者並みの運動神経と体力を最終回で見せつけてきてワラタわ
・設定が悪いw殺人を愛してるとか言って何のこだわりも美学も無し
・サイコパスな役というかただのメンヘラだったな
・ナナちゃんはあの細っこい女をブッ飛ばして院内で騒げば助かったと思うの。
・誰を演じても「西野七瀬」なんだよなぁ
・犯人は演技力ある奴にやらせてくれ
・これからどんどん秋元アイドルの女優進出が進みそうだけど
・秋元のごり押しで全部台無し
・むしろ棒読みのおかげで内容のくそっぷりを誤魔化せてるから西野に感謝しろよ
・西野七瀬の演技は全く問題ない サイコ殺人犯=目をひん剥いて唸る、喚くって、そんなワンパターンな演技で何が面白いのか
・難しい役だったけど西野七瀬、よく演り切ったと思うけどなー
・西野は頑張ってたと思うけど、流石にお多江さんと奈緒の怪演のインパクトがありすぎた。
・黒島が犯人なのはいいんだけと、二階堂の行動がクソ過ぎてガッカリした
 >よく裏切って首絞めた相手の作った鍋のほほんと食えるな

最終回が台無しに!?

放送前は、これまでの伏線を最終回だけで回収できないのではないかと心配する声が多く、間違っても「続きはHuluで」とネット視聴を促すようなやり方だけはやめてほしいとの指摘も少なくなかったのだが・・・。

交換殺人をテーマにしたドラマ「あなたの番です」が9月8日に最終回を迎え、シリーズ最高の視聴率19.4%で有終の美を飾った。

その最終回では女子大生の黒島沙和(西野七瀬)が連続殺人事件の黒幕だったことが明かされ、人を殺してみたい衝動に抗えないと告白する姿には視聴者から〈サイコすぎる!〉といった悲鳴もあがっていた。

だが一方で、ミステリードラマとしての本作に期待していた層からは〈この終わり方にはガッカリ…〉との酷評が続出しているという。ミステリーに詳しいライターがこう首を振る。

「ミステリー作品の最終回で重要なのは、《WHO》と《WHY》の2つを明かすこと。

この『あな番』では、犯人の正体についてはともかく、犯行に至った理由が“殺人衝動を抑えられない”という黒島の異常な性癖だったというのは、あまりに安易な結論でガッカリです。

黒島は自身の殺人衝動について『人を殺すことを愛している』と告白していましたが、快楽殺人はすでにさんざん使い古された手法に過ぎません。

その実行犯がか弱い女子大生だったところに意外性を込めたのかもしれませんが、彼女が黒幕であろうことは最終回を前に多くの視聴者がすでに見抜いていました。

そのため最終回が深みのない内容にとどまってしまったのが残念でなりません」

謎解きは配信任せ

ただ、放送終了後に映し出された「番外編」の映像には、犯人・黒島沙和の裏側が映し出されているという。

日本テレビでは、各登場人物を主人公とした外伝的なショートドラマ『扉の向こう』を動画配信サービスのHuluにて配信しているが、その最新回について前出のライターが続ける。

「最終回の放送後には黒島を主役とした『番外編 過去の扉』の配信が始まり、ここでは《度々凶行に走る妄想に襲われ、内心、自分が異常ではないかと悩んでいた》という沙和の高校時代が描かれてました。

つまり、彼女が数々の凶行に至った背景が最終回ではなく、番外編で明かされているわけです。

地上波とネット配信のメディアミックスはスマホ時代にマッチした制作手法ではあるものの、肝心の謎解きを配信任せにするのはいかがなものでしょうか。

番外編はあくまで番外編であるべきで、本編を補完する役割を与えるのは視聴者を置いてけぼりにした悪手と言わざるを得ません」

そのHuluでは2週間のお試し期間はあるものの、基本的には有料サービスに加入しないと観られないもの。Huluを視聴しない人は、黒島が連続殺人に至った真の理由が分からないまま、モヤモヤし続けるのだろうか。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/132974

ネットの反応

・工エエェェ(´д`)ェェエエ工
・続きはHuluで!
・なんだよー!Huluふざけんな!www
・なんだよ・・・これ・・・て感じ
・ドラマで完結せず、映画で完結と予想したがハズレたのかコレ?
・じっさいラス前までは面白かったのにな…最終回のこれじゃない感
・予想通り、秋元康らしい有耶無耶な終わり方だったな
・1秒も見なかったおれの勝ち
・サブタイトル「あなたの茶番です」
・Huluで重要なのやられても困る
・ハマって見てた彼女が見終わってキレてたw Huluで番外編あるみたいだけど見ないってよ。
・妻が憤慨してます
・ミステリードラマとして一番やっちゃいけない結末w
・最終話だけガッカリしただけで自分は半年間楽しめたよ ただ逆に楽しんでいただけに「この結末は無いわぁ…」っていう反動が今はすごいけどね
・さすがにただの殺人鬼オチはないだろ・・・2時間ドラマレベルのオチやん
・有りがちな、まだ終わってませんパターン
・最後気持ちよく終われないだろうなあと思ったけど案の定でした
・最後の車椅子に置いてあったあなたの番ですって紙どういう意味なの?
 >続編を可能性残してんじゃね?
 >殺したから次は視聴者の番ですよ
・伏線回収どころか、ババア発狂してダイブ、最後の車椅子とか新たな謎を残して終わった。最低な終わり方。
 >ババア殺しは二階堂。
・犯人は二階堂 田中の手首縛ってたテープとババアの一緒だったろ?
  >思ったわそれ あのテープ使ったのしってるの3人しかいないのに婆にもテープ使ってた
・真のエンド

 >これだったら神ドラマだったのに~

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2019/09/11 9:09

    まぁ〜作品に対して評価を出すならいざ知らず、1出演者に対してしか評価を出せない輩は基本擁護派かアンチのどちらかだからね〜
    それを一々拾って評価対象にするしか出来ないのは無能の極み

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事