TROUBLE

HEADLINE

アヴリル・ラヴィーンの新曲「Hello Kitty」のMVがyoutubeから削除!!そのワケは!?

カナダ出身のロッカー、アヴリル・ラヴィーン。156センチともいわれるスリムで小さな体がはじき出す、パンクでロックな彼女の音楽は世界中で愛されている。

アヴリル・ラヴィーン
アヴリル・ラヴィーン

そんなアヴリルの新曲「Hello Kitty」のミュージック・ビデオ(以下、MV)が22日、「YouTube」で公開されたのだが、すぐに削除されてしまった。このことをいち早く報じた米ゴシップ芸能サイト「Hollywood Gossip」は、「Hello Kitty」のMVはアジア人のネガティブなイメージが描かれた人種差別的な作品だとし、人権団体から抗議を受けて削除したようだと伝えた。なお、現在はMVを見ることができる。

アヴリルの新曲「Hello Kitty」のMV
アヴリルの新曲「Hello Kitty」のMV

米音楽専門誌「ビルボード」も、「『Hello Kitty』のMVは、見る者を困惑させる恥ずかしい作品」と手厳しく酷評。大手芸能誌「エンターテインメント・ウィークリー」は、「侮辱的なのか、もしくはわかりやすく侮辱しているのか。どちらなのかが重大な問題だ」とし、日本の文化に夢中になっていると思わせつつ、面白おかしく描いていると手厳しく評価した。

5枚目のアルバム『アヴリル・ラヴィーン』

「Hello Kitty」は昨年11月にリリースされた、5枚目のアルバム『アヴリル・ラヴィーン』に収録されている曲。同年6月に受けたインタビューで、

「ハローキティが大好きなの。虜になってるの。だから『ハローキティ』って曲を書いたの。楽しい曲よ。パジャマ・パーティー的なキティを愛する曲なの」「エレクトリックなバイブのある曲で、アタシっぽくないけど。というか、初めて経験するジャンルの曲なんだけど」

と説明しているように、彼女らしくない日本っぽいサウンドで、ハローキティへの愛を楽しく歌った作品である。「みんな、サイコー」「ありがとう」「かわいい」という日本語も入っており、彼女を応援している日本人へのファンサービスという印象も受ける。

しかし、米メディアや音楽ファン、ネットユーザーたちは、「アジア人をバカっぽく描いている」「アジア人のネガティブなイメージを詰め込んだ作品」だと酷評。

バックダンサー

とりわけ、髪の毛を似合いもしない色に染め、タイツにショートパンツという奇妙なファッションで無表情な4人のバックダンサーの存在が、「アジア人をバカにしている」と受け止められたようだ。

10年前に日本の原宿が大好きなグウェン・ステファニーが、日本のポップカルチャーを詰め込んだ「Harajuku Girls」なるグループを作り、MVやパフォーマンスに登場させていたことがあるが、それを真似た「コピーキャット」だと叩く者も多い。

Harajuku Girls
Harajuku Girls

「YouTube」にアップされた「Hello Kitty」のMVがすぐに削除されたことについて、アヴリルの代理人は、「このMVは23日の午後にプレミア公開されることになっていたのに、フライングしてしまったため、公開されるまで再生できないような処置を取った。削除ではなく、再生できないようにしているだけ」と説明。

アヴリルもTwitterで、「人種差別主義者ですって???爆爆爆!!!日本の文化が大好きで日本に入り浸ってる、このアタシが?このビデオはわざわざ東京に行って撮影したのよ。アタシの日本のファンに捧げるために、アタシの日本のレーベルと、日本人振り付け師と日本人監督と一緒にね」と説明し、憤りをあらわにした。

今回、アヴリルのMVがここまで「人種差別」だとバッシングされているのには理由がある。

マーガレット・チョー

05年に、アジア人女性として初めてハリウッドで成功を収めたコメディエンヌのマーガレット・チョーが、グウェン・ステファニーの「Harajuku Girls」について、「アメリカで生まれアメリカに住み、アメリカの芸能界で活動する私が、アジア人に対する(ネガティブな)固定観念を大げさに描いたHarajuku Girlsを好きになることは、どうしてもできない」と発言したからだ。

マーガレットは、アジア人の女性たちが個性を無視され、同じイメージで見られていることに嫌気が差しており、「アメリカで活躍しているアジア人は本当に少ないからね。Harajuku Girlsも活躍しているだけマシだろってことなんだろうけど」と、Harajuku Girlsは人種差別を絵に描いたようで不愉快だと批判したのである。

日本では、「日本が好きで、日本の文化を作品に取り入れてくれるなんてうれしい!」と素直に受け止める人が多いようだが、さまざまな人種が混じり合うメルティング・ポットのアメリカでは事情が違う。

マーガレットも、「アメリカで生まれたアメリカ人だっていうのに、いまだに、『で、あなたは本当はどこ出身なの?』と聞かれる」とうんざりしている。

彼女は韓国系なのだが、白人や黒人のアメリカ人にそんなことを聞くアメリカ人はいないことから、「アジア系はアメリカ人として見られていないことが嫌になる」とも発言している。その上、「アジア人女性は、誰もが似合いもしない変な格好をしており、個性がない」と見下されることに我慢できないのだろう。

なお、アメリカの音楽ファンの多くは「Hello Kitty」にはアヴリルらしい尖ったロックな要素が1つもないこと、これまでの彼女の作風とは大きく異なることから、「あまりにもひどい音楽」「聞くに堪えない曲」だと叩いており、「こんなひどい曲と日本の文化を融合させていることが、日本人に対する最大の侮辱」という声まで上がっている。

「Hello kitty」は、アヴリルが再婚相手のチャド・クルーガーと共同制作した作品でもあり、彼女の思いが詰まった曲だともいわれている。しかし、いまだ物議を醸しており、アヴリルへのバッシングは当分続きそうだ。[サイゾーウーマン]
http://www.cyzowoman.com/2014/04/post_12069.html

【関連画像】
アヴリル・ラヴィーン 実は貧乳幼児体形なSEXYお宝画像コチラ

【関連動画】
アヴリル・ラヴィーン – Hello Kitty – MV

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 6
    名無しさん 2014/05/01 20:43

    チョーのチョンだからハラジュクガールが嫌いな肛門をクンカクンカしたい

  2. 5
    名無しさん 2014/05/01 2:30

    白人様はレイシストだな
    何かにつけて差別差別と
    なにか後ろめたい事でもあるのか?と

    だいたいにしてアジア人は気にしないだろ
    白人社会で生まれ育った奴は悪意ある差別受けてるからで
    アジア生まれの人は話題に取り上げてもらってハッピーくらいのお花畑だ

  3. 4
    名無しさん 2014/04/30 5:01

    成功してんのにやっかむわけないだろ

  4. 3
    名無しさん 2014/04/30 1:23

    安売りしてる感が拭えないから、こういう扱いされちゃうんじゃないw

  5. 2
    名無しさん 2014/04/30 0:16

    洋楽に疎いので曲は解らないけど米系韓国人コメディアンがやっかんでるのは解った

  6. 1
    名無しさん 2014/04/29 23:25

    フローズンジャップよりはマシな気がする

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事