TROUBLE

HEADLINE

冷えきった親子関係…自著『Dolly girl』での未だに許せない感…松田聖子の写真なしで確執が表面化か!?

1月23日、神田沙也加(28)のスタイルブック『Dolly girl』(宝島社)が発売された。彼女にとっては、初めての自著。


神田沙也加 Dolly girl


半生紹介にも6ページが割かれ父・神田正輝(64)とのツーショットも掲載されているが、母・松田聖子(52)の写真は1枚たりとも使用されていないのだ。

ある芸能関係者は言う。

「昨年2月に、聖子は兄が代表取締役、母・一子さん(82)が役員を務める所属事務所から新事務所に移籍しました。いっしょ移ったのは元恋人でいまもマネージャーを務める11歳年下のA氏です。

沙也加は昔からおばあちゃん子でしたから、そのまま残りました。それ以来、聖子と沙也加の”断絶”も報じられていますが、今回のスタイルブックの内容は、その冷え切った関係を浮き彫りにしているようですね」

『Dolly girl』には《父神田正輝、母松田聖子の間に、1986年10月1日長女として生まれました》と、”松田聖子”の名前はこの1カ所にしか登場しない。

半生紹介からは、母が仕事や恋愛に邁進するあまり、振り回され続けた娘の複雑な心境も読み取れる。

《中学校は正直辛いことしかなかったです。結局4回転校を繰り返しました。最初は高校までエスカレーター式の学校に通う予定だったんです。でも入学ギリギリになって、親が海外を拠点として仕事をすることになって……》(『Dolly girl』より)

沙也加が中学進学時期を迎えたのは99年4月。その前年に、聖子は6歳年下の歯科医と再婚していた。

もともと沙也加は中高一貫の私立校・M学園への入学手続きを済ませていたのだが、4月から聖子がハリウッドの映画撮影に入ることが決まり、また夫もロサンゼルスの大学に通うことになって、突然事情が変わった。

入学直前に聖子が米国に拠点を移すことが決まり、”ビビビ婚”した継父とともに渡米するかの選択を迫られたようだ。

結局、千葉県内の私立中学校で寮生活をおくることになったのだが、待っていたのは”すさまじいいじめ”だったという。

《継父と一緒に行くことが当時の私にはすごく抵抗があったんですね》

《自分で色々考えた結果、寮に入ることを決心しました。でも、寮ではすさまじいいじめが待っていて。寮生活でのいじめって逃げ場がないんですね》

前出の芸能関係者は「聖子の娘ということで目をつけられ、標的になってしまったそうです」と語る。

血縁のない遠戚のもとに移って通学生になったものの続かず、聖子が暮らすロサンゼルスの学校に編入したが、母も仕事で留守がち、継父と2人で過ごすのも気づまりで、また日本に戻ってくることに……。

《その頃の写真を見ると、全ての顔が引きつってるんですね》

「学校でのいじめや、継父との関係といった悩みを相談できるのは、アメリカ進出に燃えていた母・聖子ではなく、祖母・一子さんだったのです。現在の母娘冷戦の遠因には思春期から芽生えていた母への不信もあるのでしょう」(沙也加の知人)

02年に歌手デビュー。通算10枚のCDをリリースしたが、物心ついたころから周囲は猛反対していたという。


神田沙也加 松田聖子 共演


《周りの大人は私が歌手になりたいと思っていたようで、「あなたは歌手にだけはなってはいけない」って言われ続けてきたんです。母親があまりにも偉大な存在だから、同じ道を選んでも比較されて辛い思いをするだろうって》

母・聖子に対する”いまだに許せない”という思いが初自著には反映されているようだ。

[引用/参照:http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150128_621111]
[引用/参照:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/156648]

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2015/01/29 9:22

    神田正輝と暮らす選択はしなかったんだね?

  2. 1
    名無しさん 2015/01/29 9:20

    この子えらいよね。聖子をあてにせずがんばってる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事