TROUBLE

HEADLINE

珍事【第89回アカデミー賞】封筒渡し間違えて発表ミスのハプニング!喜びのスピーチ中に訂正・・・

映画界最大の祭典、第89回米アカデミー賞の発表・授賞式が26日(日本時間27日)、米ロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターで行われ、作品賞は「ムーンライト」(監督バリー・ジェンキンス)が受賞した。

いったんは13部門14ノミネート(主題歌賞候補2作品)と大本命視されていたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(監督デイミアン・チャゼル)と発表されたが、同映画関係者のスピーチ中に「間違いがありました」と訂正が入り、「ムーンライト」の“逆転受賞”となった。

プレゼンターのフェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティ

プレゼンターの女優フェイ・ダナウェイ(76)が「ラ・ラ・ランド」と発表。

「ラ・ラ・ランド」陣営のスピーチの最中、アカデミー賞か生中継のスタッフとみられるヘッドマイクをした男性が現れ、封筒を確認するなど右往左往。

すると、1人目のスピーチ者が「間違いがありました。冗談ではありません」と切り出し「ムーンライト」と書かれた紙を掲げ、テレビ画面にもハッキリ映し出された。

前代未聞のハプニングが発生し、ステージ上は大混乱に陥った。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000108-spnannex-ent]

まさかの封筒渡し間違え

プレゼンターを務めたウォーレン・ベイティに間違った封筒(主演女優賞エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』)が手渡されたために起きたハプニングで、会場は一時騒然となった。

バリー・ジェンキンス監督はまさかのハプニングに狼狽しながらも、キャスト・スタッフと共に受賞の喜びに浸った。

[via:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27753]



『ラ・ラ・ランド』プロデューサーが受賞のコメントをし、役者やスタッフが喜びの涙を浮かべる中、今回の封筒手渡しのミスが発覚。プロデューサーは既に手渡されたオスカー像を「僕たちから『ムーンライト』のみなさんに渡したい」と話し、両作品が互いを称え合った。

[via:http://www.cinemacafe.net/article/2017/02/27/47396.html]


『ムーンライト』は、マイアミの貧困地帯を舞台に、シングルマザーの家庭で育てられた内気な少年の成長を、3つの時代構成で描いたヒューマンドラマ。

プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作『それでも夜は明ける』を手がけたブラッド・ピットが製作総指揮を務めた。『ムーンライト』は作品賞を含め、脚色賞(バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー)、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)と3部門で受賞を果たした。

ジェンキンス監督は、

「この映画を完成させることは不可能だと思っていました。でも、ここいる全員が"決してそんなことはない"と必死で励ましてくれました。そして僕に力を貸してくれた皆さんありがとうございました。選んでくれたすべての人に感謝しています。これは夢でない。これが現実なんです」

とスピーチで語った。

司会のジミー・キンメルは前代未聞のハプニングに動揺しながらも、「スピーチを余計に聞けたね」と、何とかその場を笑いに変えていたが、一度は作品賞を確信しオスカー像を手にした『ラ・ラ・ランド』の製作陣には、とても気の毒なハプニングとなった。

『ムーンライト』は4月、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

[via:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/27753]

第89回アカデミー賞
全部門受賞結果

作品賞:『ムーンライト』
主演男優賞:ケイシ―・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
主演女優賞:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
助演男優賞:マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
助演女優賞:ヴィオラ・デイヴィス『フェンス』
監督賞:デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
脚色賞:『ムーンライト』
脚本賞:『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
撮影賞:『ラ・ラ・ランド』
美術賞:『ラ・ラ・ランド』
音響編集賞:『メッセージ』
録音賞:『ハクソー・リッジ』
編集賞:『ハクソー・リッジ』
作曲賞:『ラ・ラ・ランド』
歌曲賞:「City of Stars」(『ラ・ラ・ランド』)
衣装デザイン賞:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
メイク・ヘアスタイリング賞:『スーサイド・スクワッド』
視覚効果賞:『ジャングル・ブック』
外国語映画賞:『セールスマン』(イラン)
長編アニメ映画賞:『ズートピア』
短編アニメ映画賞:『ひな鳥の冒険』
短編実写映画賞:『合唱』
短編ドキュメンタリー賞:『ホワイト・ヘルメット‐シリアの民間防衛隊‐』
長編ドキュメンタリー賞:『O・J:メイド・イン・アメリカ(原題)』

ネットの反応

・アメリカンジョークと思ったらマジだったw
・スタッフが違う封筒を渡してしまったらしい
・これすげー事件だったわ 見てて良かった
・ヤフーサイトでは「ラ・ラ・ランド」って発表されたぞ!
・この辱めをどうしてくれるの
・トランプの呪いだな
・ララランド6冠も納得の出来だったし、ララランド抑えて作品賞取ったムーンライトも楽しみだわ
・パプニングといったら乳ポロしか認めない
・去年の差別ニダとトランプがなきゃララランドだったろうなぁ
・ありえねー。絶対誰かが故意に仕組んだ。
・逆転なのかこれ
・主演男優賞ウォーレン・ビーティ
・主演女優賞フェイ・ダナウェイ

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 4
    名無しさん 2017/03/02 0:01

    切り返しはさすがやな。
    僕もこういう大人になりたい

  2. 3
    名無しさん 2017/03/01 1:14

    ウォーレン・ビーティーて懐かしいなオイ。「天国から来たチャンピオン」今でも好きな映画だ

  3. 2
    名無しさん 2017/03/01 0:54

    サザンが紅白でやらかしたのといっしょだわな。政治的主張はしてもいいけど、大勢が見てるお祭りでやることではない。

  4. 1
    名無しさん 2017/02/27 23:08

    こういう賞を今回のように政治利用されるとシラケルよなぁ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事