TROUBLE

HEADLINE

水原希子のプレモルCMヘイト騒動「日本人を使え」差別ツイートのワケと火種

モデルで女優の水原希子がCMに出演しているサントリーのツイートに対して、差別表現を含むコメントが多数投稿され、ネット上で物議を醸している。

当該のツイートは9月7日、サントリービール株式会社の商品「ザ・プレミアム・モルツ」のキャンペーンに伴い、同商品の公式アカウントが投稿した。

水原はアメリカ人の父親と韓国人の母親を持ち、アメリカ・テキサス州のダラス生まれを公表している。外国にルーツを持つことから、このツイートに「なぜ日本人を使わないのか」といったコメントが書き込まれた。

また、これ以前にも、5月から7月にかけて同アカウントには水原が出演するCMのツイートが複数回投稿されており、いずれも「在日」などの言葉を差別的な文脈で使ったコメントが付いている。

9月8日、Twitter社が民族差別や性差別にあたる投稿を放置しているとして、都内で市民らが抗議活動を行った。こうした動きやデモに対して、Twitter社は「早急な問題解決に向け動いています」とのコメントを発表している。

このような経緯から、9月7日に投稿されたザ・プレミアム・モルツのツイートに対する差別発言への同社の対応に注目が集まったとみられる。

[via:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/13/kiko-mizuhara-suntory-cm_a_23208289/]

恋人・野村周平が参戦

㊨水原希子と㊧野村周平の富士急デート

9月16日、俳優の野村周平が自身のTwitterに「外国人だから日本名使ったらだめっていうのは意味がわからないね」と投稿。

この一文について、ネット上では「こういう問題に関しては、黙ってるのが利口なのに」といった指摘の声が上がっている。

「恋仲だとうわさされている野村自身が、中国人クオーターであるため、同じような境遇の水原がこうした騒動に巻き込まれているのを見逃せなかったのでしょう」(芸能ライター)

今回の野村の擁護ツイートには、

「Twitterじゃなくて、本人に直接言えばいいよ」
「自分から首突っ込んでくるなんて、バカだねぇ」
「野村さんは表現者として魅力的だけど、今回のことが足かせになって停滞しそう。芸能人として沈黙する賢さがないのが残念」

といった声が上がり、野村にも炎上が“飛び火”してしまった格好だ。

騒動の中心になっている水原は、Twitterに

「今この世の中では色んな争いが起きてますが、どこの国で生まれても、どこの国で育っても、どこの国に住んでいても、みんな地球人である事には変わりありません」
「この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」

と書かれた画像を、9月15日にアップしていた。

「そもそも、水原がここまで批判にさらされている理由は、過去に起こした炎上騒ぎが根深く残っているからでしょう。

水原は2016年7月頃、インスタグラムに投稿された“中国・天安門に中指を立てた写真”に“いいね”を押したことによって、中国で大バッシングを受けました。

水原は、その行動に対する謝罪動画を作成し、その中で

『自分は韓国系アメリカ人で日本人ではない』
『誰も攻撃するつもりもないし、中国の人を傷つけるつもりもありませんでした』
『投稿した友人を励ます意味で“いいね”を押しましたが、1時間以内に取り消しました』

と発言。これに対しネット上では、『国籍うんぬんの話じゃなくて、有名人なんだから考えて行動しないと』『日本人じゃないなら、日本名を名乗らないでほしい』『都合の良い時だけ、日本人。悪くなったら、日本人じゃない』との指摘が続出し、さらなる炎上が巻き起こったんです。

この一件により、今なお彼女のことを“日本人じゃないことを盾にして逃げた人”と捉えているネットユーザーは多く、今回の“ヘイト騒動”にもつながったのでしょう」(同)

水原が投稿した「今この世の中~」のツイートに対して、外国人タレントのフィフィは「偏見がなくなって欲しいと願うなら、彼女の場合は分からないけど、例えば生まれ持った名前で活動する方が素敵だと思う。それを躊躇することこそ偏見って思われちゃうからね。頑張って!」とTwitterで発言。

こちらには「ごもっともで正論すぎる」「その通り!ごちゃごちゃ言うなら本名を名乗れよって思う」といった声も。

水原を擁護したと思われる野村だが、メディアに引っ張りだこで大活躍中なだけに、個人的な発言が大きな騒動になってしまったようだ。

[via:http://www.cyzowoman.com/2017/09/post_153302_1.html]

サントリーの失敗はtwitter投稿!?

このように、水原希子という人は、ネトウヨを筆頭に日本の保守層から批判を受けてきた人なのだ。今回のサントリーの失敗は、そんな人物をキャラクターに起用したキャンペーンをtwitterに投稿したことだと思う。

twitterはいまや、ネトウヨとパヨク(左翼に対する蔑称)の壮絶な戦いの場になっている。

右翼と左翼が主張し合う、議論するというより、ほとんど罵り合うかのような場なのだ。そこが同じSNSと言っても、FacebookやInstagramとはまったく違うところである。

ネトウヨはネトウヨで、パヨクはパヨクで、相手を攻撃したり、自分たちの意見を声高に主張したりできる機会やネタを常に虎視眈々と狙っているような場であるのだ。

そんなところに、ネトウヨから付け狙われているような人物を起用したキャンペーン投稿するなど、まさに燃料投下でしかなかったわけだ。

もしこれが、同じSNS投稿でも、FacebookやInstagramだけでやっていれば、もう少し事態は変わっていたかもしれない。しかしtwitterは違う。炎上は必然だったと言えるだろう。

[via:http://diamond.jp/articles/-/142489]

関連商品

コメント

  1. 2
    アカサカサカア 2017/09/25 0:53

    二穴中出し決定。

  2. 1
    名無しさん 2017/09/20 15:45

    むしろこいつがヘイトスピーチの煽り役になっている気がする

    力強く生きるこいつの姿なんて誰も見たくないし、少し前の噂通り引退してくれ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事