TROUBLE

HEADLINE

大森靖子「クソミュージシャン」と若手バンドを罵倒し大騒動「音楽は魔法」にブチギレ

「音楽は魔法だよ」。

若手ロックバンドのボーカルがライブ中に呟いたこんな一言に、シンガーソングライターの大森靖子(せいこ)さん(29)が激怒し、ツイッターやブログで相手のバンドを激しく非難する騒動があった。

すでに大森さんは問題の投稿を全て削除しているが、一時は相手のバンドを「クソミュージシャン」「気持ち悪ぃ」などと罵倒していた。いったい、何がここまで大森さんの怒りに火を点けたのだろうか。

トラブルの発端は…

今回の騒動は、2017年9月9日に神奈川県川崎市で行われたロックフェス「BAYCAMP 2017」のステージ上での出来事が発端だ。

大森さんが激怒した相手は、このフェスで共演した4人組若手バンド「Yogee New Waves」(以下、Yogee)。大森さんの投稿などによれば、BAYCAMPのステージで起きたYogee側とのトラブルは以下のような顛末だった。

まず、大森さんはこの日のステージで、「音楽は魔法ではない」という歌詞が繰り返し登場する楽曲「音楽を捨てよ、そして音楽へ」を披露した。

その直後、次の出番でステージに上ったYogeeのボーカルは、演奏を始める前のMCで、「音楽は魔法だよ」と口にしたという。

これに激怒したのが大森さんだ。自身のライブが終わり、Yogeeがまだ演奏をしている最中のツイッターで「簡単に音楽は魔法っていうクソミュージシャンが永遠に嫌いです」と投稿したのだ。

その後、Yogeeの演奏中にベースの弦が切れるトラブルが起きた。ここで、スタッフが大森さんのバンドメンバーのベースを代用として手渡した。

この出来事についても、大森さんが「本人の許可なく(楽器を)使われた」などと主張したことで、さらに騒動が拡大することになった。

大森「どういう神経して触ってんの。気持ち悪ぃ」

大森さんは先述した一連の出来事について、9日深夜に更新したツイッターで改めて怒りを爆発させた。

まず、Yogeeのボーカルが「音楽は魔法だよ」と呟いてライブを始めたことを「最高にロックだった」などと称賛した一般の観客のツイートに返信する形で、

「(自分が)どんな気持ちで曲をつくってライブをしているか、それを平気で踏みにじる人間の音楽の魔法とやらに、弦が切れたとかでうちのバンドの楽器で加担させられた。そんなロック死ね」(原文ママ)

と呟いたのだ。

さらに10日にはブログを更新し、YogeeのMCについて「私のひとつのステージにかける気持ち全部、無駄ですって踏みにじられたことなので、とてもつらくなりました」と非難。

続けて、「ただまあそうしないと私のステージの空気を断ち切れないぐらい弱くて自分の音楽に自信がなかったんでしょうね」と皮肉った。

ブログによれば、大森さんにとって今回のYogeeのボーカルの発言は、手渡した自分のCDを目の前で叩き割られることに匹敵する出来事だったという。

さらに大森さんは、Yogeeのメンバーが楽器を借りたことについても、

「弦が切れて困ったからって、本人の許可無くうちのメンバーの楽器を使って欲しくなかった。(略)どういう神経して触ってんの。気持ち悪ぃ」

と痛烈に非難。その後、11日に再び更新したブログでは、Yogeeのメンバーが直接大森さんの元を訪れ、問題のMCについての謝罪と真意の説明を受けたことを報告したが、

「あーなんかなんでこんなやつ相手しちゃったんだろーと余計不快というか 日本語の断絶がすごくて、かなしくなっただけだった。もう忘れよう。ゆるさないけどわすれよう」

とまたもや苦言を呈していた。

ツイッターアカウントを削除

このようにツイッターやブログで怒りを露わにした大森さんだが、12日夜までにツイッターのアカウントを削除。あわせて、Yogeeに関して言及したブログ記事も全て削除している。

一方、Yogeeのボーカルを務める角舘健吾さんは今回の件について、10日のツイッターで、「弁明したいっすねー!悪意のない行動に色々付随して噂になってるのが悔しい」とだけ反応。大森さんの主張の真偽などについては、一切言及していない。

若者に人気を集める両アーティストの間で起きた今回のトラブルをめぐり、ツイッターやネット掲示板では、大森さんがSNSで激怒したことについて、

「同じステージに出る相手の歌詞の、表面的な揚げ足を取るような発言はいけないと思う」

「発端の大森さんの怒り自体は理解できる」

などと理解を示す声が出る一方、

「馬鹿にされたくないくせに自分は人の音楽馬鹿にするのか」

「もう大森靖子の幼稚さしか残らない事件だったな…。直接会いに来て自分たちの想いを伝えた相手をブログにボロクソ書くって…」

と否定的にみる意見も目立った。

このように様々な意見が出る中、「凛として時雨」のドラマーとして知られ、大森さんのバンドのドラムもを担当しているピエール中野さんは13日夕、今回の騒動についてツイッターで、

「水面下で事実関係の確認含めいろいろと動いているので、とりあえずみんなには落ち着いてもらえると助かります。双方のメンバー、ファン、関係者が納得するカタチに持っていきたいです」

と双方のファンに呼びかけていた。

[via:https://www.j-cast.com/2017/09/13308436.html]

Yogee側の全面謝罪で決着

これら一連の事態に対し、9月10日に行われていた野外フェス「夏の魔物」で、角舘さん、上野さんがスタッフとともに直接謝罪に向かったが、大森靖子さんが受け入れることはなく、和解には至らず。《中略》

そんな状況のなか、大森靖子さんは「夏の魔物」での自身のライブを全編YouTubeに公開。

この動画は音楽メディアでも取り上げられ多くのファンの目に触れたが、そもそも同フェスは撮影禁止であり、主催者である成田大致さんも真意は不明ながら「人間不信」とツイートし、困惑を表明していた(該当ツイートは削除されている)。《中略》

【関連リンク】
「夏の魔物」主催者 成田氏が「人間不信」とツイートした理由

一向に余波が収まらないなかで、映画監督・岩井俊二さんも「映画も魔法ではないよ」とツイート。シーンの外側にいる大御所も反応したことから、いかに大きな炎上だったのかがわかる。《中略》

本人たちだけでなく、多くの関係者、ファン、シーンの内外を巻き込み炎上状態となっていたこの騒動。

ついにYogee New Wavesから正式な声明が発表された。

冒頭のMCについては、「他意はなく、ましてや大森靖子さんの作品や表現を否定する意図は全くありませんでした」が、結果として気分を害してしまったことについて、全面的に謝罪を行っている。

また、ベースの借用については、大森靖子さんバンドのギタリスト・畠山健嗣さんの厚意から、えらめぐみさん本人に連絡を試みていたが、結果として無断借用となったこと、そして万が一の準備を怠っていたことを、上野さんは謝罪している。

その際、えらめぐみさん及び畠山健嗣さんがもしも冒頭の角舘さんのMCを知っていたら、「大森靖子さんのバンドメンバーとしてベースを独断で貸す行為はなかったともおっしゃっていました」と記されている。

上野さんも同様に、そもそもその前後の状況を把握していなかったため、もしも大森靖子さんのステージを聞き、状況を把握していたとすれば、「大森さんのバンドメンバーから楽器をお借りすることは失礼にあたるため、出来なかったと思います」とコメントしている。

Yogee New Wavesが大森靖子さん事務所の確認も経て、全面的に謝罪する形の文書を公開したことで、双方の説明が出揃った形になる。

[via:http://kai-you.net/article/45450]

【関連リンク】
BAYCAMP 2017 に関して|Yogee New Waves

ネットの反応

・タイタニックの後にパイパニックを同時上映されてキャメロンが激怒した、みたいなもんか

関連商品

コメント

  1. 14
    名無しさん 2017/09/28 16:51

    大森ナントカってヤツの音楽?
    YouTubeで聴いたら気持ち悪くて
    5秒で閉じたわ。マジきつい。

  2. 13
    名無しさん 2017/09/28 16:44

    そもそも、こいつら誰やねん。
    知らんわ、こんなアーティストもどき。
    「音楽は魔法じゃない」だの、
    「音楽は魔法だよ」だの。
    くっさ!ヘドが出るわー!

  3. 12
    名無しさん 2017/09/21 5:50

    あ~歌詞みました お怒りごもっともです

  4. 11
    名無しさん 2017/09/20 17:38

    音楽は何ですか? 
    サビしか聞きとれないしな
    突っ込みたくなる

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事