SCANDAL

HEADLINE

【ワイドナショーの呪い】今度は政治記者に昏睡レイプ疑惑の新潮砲 本人がFacebookで反論も・・・

自著や報道番組などで政権のウラ話をたびたび披露し、“安倍首相に最も近いジャーナリスト”として知られる山口敬之・元TBSワシントン支局長(51)。

そんな山口氏には、婦女暴行の嫌疑を掛けられるも、警視庁刑事部長によって逮捕状が握り潰された過去があった。被害女性が告発する。

山口氏にレイプされたと訴えるのは、海外などでジャーナリスト活動を行う27歳の女性である。氏とは、就職先を探す過程で、2013年に知り合った。

“事件”が起きたのは15年の4月3日。山口氏と2人で東京・恵比寿の飲食店に入ったあと、途中から記憶を失ったという。

「私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています。身体に痛みを感じて目覚めた時、あの人が身体の上に乗っている状態でした」(被害女性)

その後、彼女は警察に訴え、6月頃に山口氏への「準強姦」の逮捕状が発付された。

ところが逮捕直前になり、逮捕状の執行は取り止めに。その背景には、菅義偉官房長官の秘書官も務めた中村格・警視庁刑事部長(当時)による隠蔽の可能性が取り沙汰されている。

「週刊新潮」の取材に対し、山口氏は法に触れることは一切していないと語り、中村氏も首相への“忖度”による捜査中止を否定するが……。

5月10日発売の「週刊新潮」で詳しく報じる。

[via:https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05091700/?all=1]

乳首から血が滲むほどのレイプ

またしても、「週刊新潮」によるスクープが安倍に向けてブチ込まれた。

安倍政権のスーパーヨイショ御用記者である元TBS社員山口敬之が、2013年、海外でジャーナリスト活動を展開する27歳女性(事件当時大学生)をレイプした疑惑で「準強姦」の逮捕状が発付され、あわや逮捕寸前という時に急展開、“逮捕取りやめ”が警視庁幹部の判断により下されたという記事である。

1つ、山口氏は安倍政権の中心にいる御用ジャーナリスト(自民党の広告塔)で、当時TBSのワシントン局長を務める権力者であった。それゆえ、本来逮捕されるべきものが取り消された可能性があるということ。いわゆる揉み消し疑惑である。

2つ、被害女性によると、山口氏は女性の酒に薬を仕込み、寝ている女性をコンドームも装着せず、乳首から血が滲むほど乱暴にレイプしたという凶暴さ。
(新潮の記事には、この点に関する山口氏の“驚くべき言い訳”も掲載されているのでぜひ読んでみてほしい)

3つ、安倍政権は、山口氏の犯罪事実を知りつつ、今だ重宝し続けている可能性。そしてレイプ揉み消しに一役買っている疑惑である。

もう1つのヤバすぎる不倫

さて、新潮の記事では最後に「被害女性の主張がふんぞり返った権力を揺らすだろうか」と結んでいるが、ここでもうひとつ、トカナ編集部が仕入れた重要な情報を付け足しておこう。

編集部は、山口氏の逮捕揉み消しについては昨年から情報をキャッチしていたのだが、そこには新潮に書かれていない驚くべき“別の女性との追加不倫情報”があったのだ。以下、事情通の話である。

「山口氏は、レイプ事件のほかにも局内で問題行動を起こしており、それも原因のひとつとしてTBSを退社したといわれています。それは、TBS局員Aさんとの不倫です。

しかも、山口氏は離婚を偽装し、独身を装ってAさんに接近。これを信じたAさんは山口氏とK市で同棲し、事実婚状態となっていました。戸籍謄本まで偽造して信じ込ませたという噂もありますら、タチが悪い」(事情通)

「その間にAさんは二度も妊娠した可能性があるといわれています。しかし、後に山口氏がいまだ現在の妻との婚姻関係を続けていることを知り、別れるに至ったとか。昼ドラを凌ぐ泥沼不倫を経て退社したというわけです」(同)

「裏切られたAさんの怒りは凄まじかったと聞いています。彼女その怒りがどこへ向かったかというと、なんとTBSドラマ。

そのドラマの内容がAさんの恋愛そのものであることに気づいた当時のスタッフは、山口氏及び上層部からお咎めはないかとヒヤヒヤしていたそうですよ。

なにせ公共の電波を使ってリベンジポルノをしているようなものですからね…。とはいえ、山口氏の撒いた種ですし『もっとやってやれ』と思っていたスタッフは多かったんじゃないですか」(同)

あの森友問題でも擁護を貫いた山口氏という“忠実な犬”をとことんかわいがる安倍政権。

自分に都合の悪い者は冷徹に切り捨て、犯罪疑惑をもつ男でも“ポチ”であれば重宝し続けるその判断が正義を支柱としたものではないことは明らかだ。

自身の面子を保つためならとことん不正義を貫く……それが日本のトップの判断であり、「モンスターレイプ記者犬」の誕生の一助となった可能性は否めない。

[via:http://tocana.jp/2017/05/post_13164_entry.html]

山口氏はFacebookで反論も

昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)がトップで報じた、元TBS記者でジャーナリストである山口敬之氏の「準強姦疑惑」が大きな話題を呼んでいるが、早速、本人がFacebookに反論を投稿した。

【関連リンク】
山口 敬之 – 【週刊新潮の記事について】… | Facebook

しかし、その内容はまったく反論になっていないものだった。山口氏は、

〈私は法に触れる事は一切していない〉

〈当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている〉

〈この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。(今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)〉

と記事の内容に抗言している。

だが、被害者の女性も「週刊新潮」も山口氏が逮捕も起訴もされていないことは明言しており、明らかな準強姦行為があったにもかかわらず、その処分がおかしい、と声を上げているのだ。

また、今回、告発した被害者女性は山口氏と会食の際に「デートレイプドラッグ」を使用されたのではないかということや、暴行の模様を撮影されていたのではという疑いをもっていることを明かしているが、これに対しても山口氏は、こう反論している。

〈私が「デートレイプドラッグ」なる薬物を使用したり、盗撮したり、レイプしたのであれば、日本の優秀な捜査機関や司法機関が見落とすはずはありません〉

しかし、薬や盗撮がなかったとしても、酩酊状態の女性に性行為をしたら、それは立派な”準強姦罪”が成立する。

そして、山口氏は、Facebookにあげた反論のなかで、酩酊状態でホテルに連れ込み、性行為を行ったことも、そして避妊具をつけず膣内射精をしたことも否定していないのだ。

それは、「週刊新潮」が、2人を乗せたタクシー運転手の「彼女は体ごと抱えられて、座席から降ろされたのです」という証言や、誌面上で公開されている山口氏が女性に送ったメールからも、反論の余地がないからだろう。

にもかかわらず、山口氏は〈法的措置を含め断固たる対応を検討〉と恫喝し、女性をさらに傷つけるようなことを書き綴っている。

〈犯罪行為がなかったという最終的な結論が一年ほど前に出た後も、当該人物側がこの話をスキャンダルとして各種メディアに売り込もうとしていたことは察知していました。

しかし私としてはやましいことは一切ないので、本を出版したりテレビに出演したりしてジャーナリストとしての活動を続けてきました〉

事件がもみ消されようとする中で、被害をメディアに訴える手段に出ることは当然の話だが、それを山口氏は「売り込もうとしていた」などと、あたかも女性が金銭目的であるかのように印象付けているのだ。

安倍昭恵夫人が「いいね!」と賛同

このように、山口氏の反論はセカンドレイプと言ってもいいものなのだが、信じがたいことに、この一方的な主張に「いいね!」と反応した人物がいる。安倍昭恵夫人だ。

昭恵夫人といえば、森友学園問題が浮上し籠池泰典理事長の証人喚問が行われた3月23日に自身の関与を否定したコメントをFacebookに投稿して以来、しばらく沈黙していたが、それを初めて破ったのが、山口氏が投稿した記事に「いいね!」だった。

山口氏は森友学園問題ではテレビで安倍首相と昭恵夫人を徹底擁護しつづけ、他方、ネトウヨによるデマであることが確定した辻元清美議員への流言をテレビで垂れ流していた。

デマで問題をすり替える山口氏には、ジャーナリストを名乗る資格などまったくないが、それでも昭恵夫人は国民から注目を集める中で、山口氏に「いいね!」とエールを送るのである。

だが、今回の山口氏の投稿に「いいね!」と反応することは、大きな問題がある。

昭恵夫人が「週刊新潮」の記事を読んだのか否かはわからないが、どちらにせよ、レイプ被害を訴える女性がいるにもかかわらず、その女性をさらに貶める山口氏の文章に「いいね!」を押せるとは、一体どんな神経をしているのだろう。

[via:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1338167182929232 ]

【関連リンク】
韓国軍のベトナム慰安所報道で処分「左遷」TBS山口敬之ワシントン支局長

ネットの反応

・新潮記事 要約
>気が付いたら山口が上に乗ってて、避妊具なしの陰茎が入ってた
>なんとか体をはねのけたら、パソコンのカメラで撮影しているようだった
>山口に抗議すると、ヘラヘラしながら、「なら、これから薬局に行ってピルを買おう」「土産にパンツよこせ」
・流石にドン引きですよ・・・
・身体の関係を持っていない とは一言も言ってなくて草
・やってないって反論はしないのね
・レイプしたのは認めるんだな?
 >不起訴になったので
・森友飽きて、次はこれかw
・一度でいいから見てみたい 握りつぶされた逮捕状w
・そのパンツくれは自分の体液がついてるから持って帰られたらヤバイって考えた気がする
・うわあ これは鳥越どころじゃないな、ひどすぎる
・ジャーナリストは強姦好きだねw
・ちと安倍ちゃん絡めるにはむりくり杉
・これに関しては新潮の飛ばしだと思うよ レイプで告訴されたけど嫌疑なしで不起訴になっただけだろ これを謎の力とか言い出すのは単なる陰謀論
・連れ込みレイプ中出しは確定
 >酩酊も確定 つまり準強姦確定
 >マジかよ絶倫じじいワロタ
・これは警察を叩くべきだろ
・この女の素性もたぶん出て来るんだろうな 最終判断はそれからだな
・辞めた理由はこれか
・その時強引にレイプしたことが事実かどうかが問題なんだよね?
・あー これじゃダメだわ
・酔っ払った女とSEXして酔いが覚めた後に文句言われたら立派な準強姦罪で刑務所行きです
・韓国のレイプ叩いた記事書いて英雄気取りだったのにてめえがレイプ犯ってどんなギャグだよ
・慰安婦記事書く奴がこれでパクられるのは洒落にならんからな
・グッデイ早速切られてたな 代わりに知らないヒゲメガネ(白毛多め)が座ってた
・恐ろしや・・・ワイドナショーの呪い

コメント

  1. 9
    名無しさん 2017/05/16 19:38

    ハイハイ反日組織が裏工作であの手この手でいろいろと…………まー普通信じるわな~一般人なら

  2. 8
    名無しさん 2017/05/14 11:20

    証拠や証言の程度が低すぎる。
    明らかに悪意のみで書いた記事という印象w

    女性も我慢できないなら弁護士をつけて何がしらかの対応をすべきでしょ。週刊誌に告発って・・・

    山口を擁護する気はないけどくだらなさすぎるわ!

  3. 7
    名無しさん 2017/05/13 6:55

    被害者の証言だけで準強姦罪を犯した事が明らかと断じる前提が悪意に満ちている。

  4. 6
    名無しさん 2017/05/12 16:13

    幼稚だな

  5. 5
    名無しさん 2017/05/12 15:09

    27歳の女性の顔と名前が知りたいです!

  6. 4
    名無しさん 2017/05/12 15:08

    どうせテロ防止法阻止の提灯記事。マスゴミとパヨクはホントにいらない

  7. 3
    名無しさん 2017/05/12 14:08

    安部内閣がTBSの人間性を信用するわけないだろうが、本当にパヨク共は頭悪いな。

    そもそも警察幹部にお前らの同胞がいるから、今まである程度もみ消してんだろうが。

  8. 2
    名無しさん 2017/05/12 5:03

    安倍内閣で事件を揉み消したとしたら、そんな危ない(リスキーな)人間をわざわざ自分のスポークスマンとしてテレビに出させる馬鹿は民主党員以外おらんわな。

  9. 1
    匿名さん 2017/05/11 21:09

    逮捕状って裁判官が出すものだから警察が握りつぶしたらすぐ問題になりそうだけど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事