TROUBLE

HEADLINE

セクハラトークの全貌【新潮続報】福田「キスしたい」「何カップ?」【会見要約】テレ朝記者 「黙認される危機感」で新潮に


旧「ロゼッタ」店舗

セクハラの舞台となったのは、東京・品川区の目黒駅にほど近い「ロゼッタ」という店。

財務省はコメントで〈女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある〉としたが、れっきとしたワインバルでの模様である。

なお、前回の音声と併せて報じたセクハラは今春のものだが、こちらは2016年11月。現在、店はオーナーが代わり、店名も変わっている。

福田次官の肩書も当時は「主計局長」で、セクハラ発言が昨日今日だけのものではないことが分かるはずだ。

その頃の福田主計局長は、公共放送に不満をお持ちだったようで、

福田 テレビなんか見たくないよ。NHKも下らないじゃ~ん。左翼的で。

記者 う~~ん……まぁ……でもNスぺとか……。

福田 (割り込んで)すいません、キスしたいんですけどぉ……。

記者 ダメです。

また、以下のようなやりとりを、財務省がいうところの〈お店の女性〉とするだろうか。

福田 俺、新聞記者だったらいい記者だったと思うよ。

記者 うんうん、そうじゃないですか、絶対。

福田 キスする?

記者 え、キスする記者に、いい情報あげようなんて、あんま思わない。

福田 いや思うよ~。

記者 えぇー!? 本当ですか!?

福田 いやいや、好きだからキスしたいんだよ。いやいや、キスは……。好きだからキスしたい。好きだから情報を……。

相手が「記者」であることを前提に、会話が展開されていることは明白である。

4月19日発売の「週刊新潮」では、セクハラ福田次官の続報を掲載。「何カップ?」といった新たな発言を紹介するほか、“嫌なら男の記者に替えれば”と言い放つ麻生財務相についても報じる。

[via:「週刊新潮」2018年4月26日号]
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/04181700/

テレ朝 深夜に緊急会見

辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題について、テレビ朝日は19日午前0時から緊急の記者会見を行った。

東京都港区のテレビ朝日本社で会見した篠塚浩取締役報道局長は、「先ほど福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております」と話した。

当該の女性社員は精神的に大きなショックを受け、セクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないとの思いを持っているという。

テレビ朝日は、「福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です」としている。

テレビ朝日は同日夜の「報道ステーション」の番組終了間際、社内調査の結果、福田氏に取材した同社の女性記者が福田氏からセクハラ被害を受け、その様子を録音していたことが分かったと報じた。

福田氏は18日の報道陣の取材に対し、「あーんな発言をしたことはありません」とあらためて疑惑を否定。裁判で争う姿勢を示していた。

テレビ朝日の発表で、被害を受けた女性記者とその時の録音が実在することが明らかになった。福田氏の主張と対立しており、福田氏は、今回のテレビ朝日の会見を受け、再度説明する機会が必要になりそうだ。

テレビ朝日の緊急記者会見の案内は、テレビ朝日から18日午後10時半過ぎに発信され、「(セクハラ問題について)緊急にご説明いたしたく、ご参集くださいますようお願いいたします。急なご案内となり誠に申し訳ありません」との内容だった。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201804190000006.html

自分の身を守るため会話を録音

・女性社員は1年ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をした。

・福田次官からは、取材の度にセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために会話の録音を始めた。

・4月4日に福田氏から連絡をうけ、取材のために1対1の飲食の機会があったが、その際にもセクハラ発言があったことから途中から録音をはじめた。

セクハラが黙認される危機感

・女性社員は後日、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談した。

・上司は「放送すると本人が特定され、いわゆる2次被害が心配されることから報道は難しい」と伝えた。

・女性社員は、「財務次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、セクハラ行為が黙認され続けてしまうのではないか」という強い思いから、週刊新潮に連絡。取材を受けた。

・その後、女性社員は週刊新潮からの要請を受けて、録音の一部を提供した。

テレ朝「適切な対応ができず反省」

・テレビ朝日としては、社員がセクハラ被害を受けたことを財務省に抗議するとともに、セクハラの被害者である社員の人権を徹底的に守っていく。

・社員からセクハラの情報があったにもかかわらず、適切な対応ができなかったことについて深く反省している

・社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、テレビ朝日として遺憾に思っている。

・セクシャル・ハラスメントという事案の性格から、被害者保護を第一に考え、当該社員の氏名を始め、個人の特定につながる情報は開示にしない方針。

[via:ハフィントンポスト]
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/18/tvasahi_a_23414395/

テレ朝「録音提供は不適切」

女性社員はその旨を上司に「報道すべきでは」と相談したが、「本人が特定され、二次被害が起こる恐れがある」などの理由で「報道は難しい」との判断がなされたという。

テレビ朝日はこの判断について「適切な対応ができなかったことに関しては深く反省しております」と見解を述べると同時に、「当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは、報道機関として不適切な行為であり、当社としては遺憾に思っております」としている。

またこの日の福田氏の会見を受け、女性社員は「とても残念。財務省には捜査を続けて事実を明らかにすることを求めています。すべての女性が働きやすい社会になるように心から願っています」と話しているとのこと。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201804190000021.html

テレ朝 深夜の緊急会見要約

・テレビ朝日「取材で得た情報を第三者(新潮)に漏らしていたことは大変遺憾なことで重く受け止めている」

・女性社員は4月4日に1対1で会食に呼び出されて途中から録音開始

 →その後に実際はそれぞれ別日に複数回録音していたと認める

 →さらにその後に最初に女性社員が録音を開始したのは2016年からだと認める

・録音の該当箇所は「福田記者~」の一連のやり取り

・録音の理由は「自分がこのようなセクハラ被害を受けているという事を証明するための証拠として」

・取材のための録音でなかった

・録音することは事務次官には伝えず

・4月4日以降にテレビ朝日の上司にセクハラ被害を訴えて報道するよう求めたが「個人が特定される恐れがあるため」に上司個人の決断で却下される(実質握りつぶされる)

・その後に「事務次官によるこのようなセクハラを明るみにしなければ」との意思で女性社員自ら新潮に記事にしてもらうために持ち込む

・その後に数日タイムラグがあった後に女性社員自ら「少し悩んだ末に」録音データについても新潮に提出

・新潮に持ち込むことでの女性社員への報酬は一切なし

・先週の新潮が発売されてからテレビ朝日社内でも調査を進めていたが今週の月曜日(4/16)に女性社員本人から「新潮の記事の被害者は自分」との申し出で発覚

 →女性社員から相談を受けていた上司は気付いていて黙っていた?

・女性社員本人の希望(新潮への訴えと同じ理由)で当社(テレビ朝日)も報道してほしいと申し出があったので今回の会見を開いた

・女性記者が上司にいつ相談したのか複数回相談したのかについては答えず

・テレビ朝日としては財務省へは速やかに抗議するつもりである(女性社員のセクハラ被害が発覚してからこれまでに財務省への抗議はなし)

・女性記者の身を案じて担当を変えたり対処はしなかったのか?との問いには「あー、そのー、担当等は、えー、身元情報になってしまうのでー・・・」

 →担当を変えたのかどうか一切明言せず

今朝の福田次官

福田淳一財務事務次官は19日、記者団に対し、同日未明のテレビ朝日の記者会見を受けて「向こう(女性社員)の音声が出ていない。全体を見てくれと前から申し上げている」とあらためてセクハラ疑惑を否定した。

[via:共同通信 ]
https://this.kiji.is/359485052113126497

ネットの反応

・おっぱい事務次官絶命w
・テレ朝は隠蔽しようとしたくせになに被害者面してんだ
・セクハラ受けてるって言ってる人の担当を外さないってどういうことよ
・面白いことになった
・テロ朝は自分が社員をセクハラ被害の生贄に捧げておきながら それがバレそうになったら逆ギレでごまかそうとしてるな
・どこがセクハラ だよハニトラだろ
・これは流れが一気に放送法改正に傾くな
・ずっと放置プレイしてたテレ朝がどの面下げて抗議するのか?
・辞めてから抗議したって遅いやろ。
・一年半も放置しておいて今更かよ
・ハニトラ容認してましたと認めた
・とっとと担当変えてやれば良かったのに朝日は何を言ってるんだ?
・コンプラ違反じゃねテレ朝的にもブーメランじゃんw
・報道機関のくせに他社にネタ持ち込まれて恥ずかしくないの?
・抗議するんなら揉み消そうとした自社の社員も処分しないとな
・タイミングがおかしい。いつ知ったのか?

セクハラの全貌[追記]

記者「あの、ちょっと真面目な話をしていいですか」

福田氏「どうぞ」

記者「佐川(宣寿・前国税庁長官)さんの証人喚問終わって、調査が続いていると思うんですけど、いつぐらい、めどにしておけばいいんですか。心構え」

福田氏「わかんない。わかんない。矢野(康治・官房長)に聞いてくれよ」

記者「矢野さんに聞いても分からないって」

福田氏「オレに上げてこないから、矢野が調査しているんだよ」

記者「矢野さんで止まっているんですか?」

福田氏「矢野で止まっているんだろ。僕は仕事何もないもん」

記者「でも伊藤(豊・大臣官房秘書課長)さんとむっちゃ話していたじゃないですか」

福田氏「胸触っていい?」

記者「だめですよ」

福田氏「手縛っていい?手縛られていい?」

記者「そういうこと、本当にやめてください」

福田氏「手縛られていい?手縛られておうち行って、クローズアップ現代見るか」

福田氏「毎日のバカがさ、車に乗ってきやがってさ、朝来てさ、しょうがない質問するから頭にきてんだよ」
記者「どういうことですか?車に乗ってきて、朝?」

福田氏「車に箱乗りさせてくれって来るわけ」

記者「家の前に?」

福田氏「かわいそうだから乗せていくじゃない?しょうもないことばっか聞きやがって、あいつもう乗せないよ」
記者「何を聞いてきたんですか?」

福田氏「あれはどうなんですか、知らねえよって言ったら、知らないわけないじゃないですか。知らないわけないけど、オレが知らねえよって言ってるんだから、知らねえって答えていることを前提に聞けよって、だろ?」

福田氏「キスしていい?」

記者「ダメ」

福田氏「すっごいしたいんだけど」

福田氏「オレ、新聞記者ならいい新聞記者になってる」

記者「そうじゃないですか?」

福田氏「キスする?」

記者「じゃ、キスする記者になんかいい情報あげようとは思わない」

福田氏「そりゃ思うよ」

記者「ええ?本当ですか?」

福田氏「好きだからキスしたい。キスは簡単。好きだから情報」

記者「へえ」

[via:J-CASTニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/14600837/

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/04/19 21:46

    左翼やリベラルと言われるジャーナリストは女性記者は被害者という一点張りで福田次官を責め立て、テレビ朝日には多少の批判を浴びせるものの一定の評価(正直に申告した等)をする。
    確かに明確なセクハラ事例だし、セクハラは社会悪という風潮を世の中に認識させる為なので福田次官を叩くのは仕方ない。
    だが、テレビ朝日も大いに批判されるべき。
    しかし、恐らくテレビ朝日だけに限らず、全てのテレビ局や新聞社で暗黙の了解のようにセクハラは黙認されてきたはずだ。
    何故なら福田次官のセクハラは日常的に行われ、マスコミ業界では有名だったらしい。
    このような男に1対1で夜の飲食店にて酒の席での取材活動を行い、かつそれを指示し、または黙認していた上司は女性という性別を利用した取材活動をしていたと批判されても仕方ない。
    この程度のセクハラでいちいち報道していたらキリが無いと評するジャーナリストも居たが、それはその通りで、社会的地位の高い年配者になると横柄な態度になり、セクハラが常習的に行われるのだろう。
    なのに今回は大きく報じられたのは、結局昨今の財務省スキャンダルの流行りに乗っただけだからだ。
    週刊新潮や女性記者が英雄のように語られるが、週刊誌だって財務省スキャンダルの流行りが無かったら報じていたかどうか怪しい。
    安倍憎しの朝日系列のなりふり構わず(女性という性別を利用)の取材活動や、流行りに乗っただけのジャーナリズムが問題視されるべきニュースという認識も持つべき。
    民間企業の株式会社のやってる事だから報道なんてのはしょせん商売。
    だから商売を誰も邪魔は出来ない。
    だがその商売という金儲けばかりに走った報道に日本のジャーナリズムの未熟さが現れた問題。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事