TROUBLE

HEADLINE

失踪中の中国女優ファン・ビンビン 謝罪で生存確認も…23億円の脱税で罰金140億円支払い命令w

3日の新華社電によると、中国国家税務総局などは中国を代表する人気女優、ファン・ビンビン(37)と関連企業が映画の出演料を巡り計約1億4000万元(約23億円)を脱税したと認定、ファンと企業に追徴課税や滞納金、罰金計約8億8000万元(約146億円)の支払いを命じた。

ファンは3日、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」を通じ、「法律を尊重すべきだった」と謝罪するコメントを発表した。 

中国の著名アナウンサーが5月、ファンが巨額の脱税に関わっているとネットに投稿。ファンは6月に自身のブログを更新したのを最後に公の場に姿を見せず、消息不明となっていた。

新華社電によると、税務当局は6月、ファンが映画出演の際に偽の契約書を作成し、契約料を過少申告した疑いがあるとして調査を開始。脱税の事実を確認し、9月30日に罰金などの支払いを命じた。

このほか、ファンのマネジャーらが会計帳簿の破棄を指示するなど脱税の隠蔽(いんぺい)を図った疑いで、公安当局の取り調べを受けているという。

ファンは10代で芸能活動を始め、出演作が次々とヒット。

「X-MEN フューチャー&パスト」などハリウッド作品に出演するなど国内外で活躍し、2010年の東京国際映画祭では最優秀女優賞を受賞した。米経済誌フォーブスの「世界で最も稼いだ女優」の一人に選ばれたこともある。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810030000452.html

最新作は中国軍プロパガンダ映画という皮肉

日本で公開中の最新出演作「スカイハンター 空天猟」。

「この映画は『中国人民解放軍空軍政治工作部』が製作でクレジットされている通り、軍の主導で作られたものです。

毛沢東が『政治工作はわが軍の生命線』と語った通り、昔から中国軍とエンタメ産業の関わりは深く、プロパガンダ映画も数多い。

本作にもJ20ステルス戦闘機はじめ、中国空軍が誇る軍用機の実物が続々と登場して西側のそれを撃破し、国威発揚ムードを盛り上げています」《中略》

米軍機とおぼしき戦闘機に領空侵犯され、スクランブル発進した中国機が追い返す勇ましい空戦シーンなど、ハリウッド映画とは真逆の展開が新鮮だ。

フィクションとはいえ、小型ドローンの支援を受けた陸上部隊の突入シーンなど、現実の米軍を凌駕するようなハイテク戦術をアピールしている点も印象に残る。

「2機の飛行機が背面飛行する『トップガン』を彷彿とさせるシーンもあり、製作した人民解放軍が米軍をライバルとして意識しているのは明らかです。

しかし同時に本作のVFXや音楽スタッフには巨匠ハンス・ジマー(『ダンケルク』)などハリウッドからも多数の人材が参加している。

マネーと人の両面で、もはや切っても切れない米中の複雑な関係を象徴しています」(前出の前田氏)

監督・脚本、そして主演も兼任したリー・チェンは、ファン・ビンビンの婚約者でもある。


リー・チェンとファン・ビンビン

米中の対立が深まる中、軍と共産党政府のために作った映画に主演させた最愛の婚約者が、当の政府の手によって軟禁されるとは……。現実の方が映画よりもはるかにスリリングである。

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-098293/

ネットの反応

・生きてたの?
・ビンビンついに脱税でやられたか
・消えるかな、こりゃ
・23億円の脱税で罰金146億円ってw
・中国こえーw
・追徴課税額がすこいなw
・日本も経済事犯に対してこれくらいやるべき
・そんな大金どう払えっちゅーねん
・中国では今まではこういう事案では全財産没収がふつうだったのに政策が変わったのかな。
・脱税額が23億ってことは収入は50億以上だろう
・すごいなあ 日本の女優の収入とケタ違いじゃん
・中共がハリウッドにまで介入してるから稼げてるのに脱税なんかするからw
・ジャッキーは、局員だからセーフなのか。つか、中国の芸能は常に2重帳簿のような契約があるんじゃないの
 >みんなやってるそうだ だから今月中だかに修正申告したら罪に問わないと芸能人たちに警告だしてる
・実は共産党員の多くは脱税してるが、近平派はセーフで反対派は検挙・投獄。
・ビンビンは見せしめだな
・儲けると根こそぎ持っていく共産党システム素敵やん
・これが中華式錬金術や!
・人気国家主席も調べよう
・AV出演して借金返すしかないなw
・共産党のセックス奴隷として生きるんんだな。
・アメリカに亡命するでしょ。金持ってるし

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事