TROUBLE

HEADLINE

NGT48で楽屋ドロ!?内情暴露「足の引っ張りあいが異常」&黒幕説もw文春取材の不気味な闇

プロインタビュアーの吉田豪さんが1月29日、「モーニングCROSS」(TOKYO MX)でNGT48の騒動について言及した。

山口真帆さんが、自宅に押しかけてきた男性2人に顔をつかまれるなど暴行を受けたことを、動画配信サイトやSNSで告白したことで明るみに出た今回の騒動。吉田さんは、

「大前提として運営の不手際なのは間違いない。ちゃんとした運営はメンバーがやらかしても自分が泥をかぶる。初手を完全に間違えた」

と運営の対応を批判した。

今回の暴行騒動は「正義の気持ちで怒っている」と”ファンの暴走”を指摘

また運営の不手際の点で言えば、以前からNGTは他の48系グループと比べ「トップクラスで統率が取れていなかった」と話す。吉田さんは、メンバー間で「足の引っ張りあいみたいなものが異常だった」といい、

「あるメンバーがふと仕事の途中で控室に戻ったら、他のメンバーがその子のカバンを漁ってたって。財布の中の給与明細をチェックするために。あと移動中の車の後ろから、携帯のパスワードを盗んで(見て)中のいろんな物とったりとか」

と明かす。今回の件もその延長で起こったことと分析。ただ周辺取材を行うと、「多くの人が報道もそうだけど、ネットの情報が間違いだらけ」なのだという。

その情報を元に、ファンが「正義の気持ちで怒っている」と”ファンの暴走”を指摘した。

そのため一部メンバーがSNSなどで「私は関係ない」と表明しても、「いくら言ったところで『ウソつけ』となる恐ろしい状況になっている。間違いの可能性が高い情報を元に無関係の人が攻撃されている」と述べた。

「動画配信中にファンが大声をあげる、呼び鈴を押すなどして部屋を特定」

一方、「正義」のファンでなく、過激なファンの存在も指摘する。

山口さんが事実を告白した動画配信サイト「ショールーム」について、今まで売れるには運営側のプッシュも必要だったが「運営に推されなくても自分で人気が出るシステムが出来た」と評する。しかし、

「自宅で配信してる最中、家の外で叫び声をあげたり、呼び鈴を押したりするファンがいる。『ここのマンションに住んでいる』ということだけ把握して、放送中に呼び鈴出してどの部屋が鳴ったかで(アイドルの部屋を)把握する。そういう恐ろしさの問題もある」

と警鐘を鳴らした。元々、山口さんは「NGTをなんとかしたい」という思いで被害を告白していた。

しかし現在、正確な情報が出ていない中でファンの意見が「スポンサーを降ろさせる」「グループを解散させる」といった方向に暴走しており、「それが一番怖い」とコメント。

「最近の世の中の流れですよね。自分のことより他人のことで正義っぽいことが乗っかりやすいと思う」

この状態から脱する方法を聞かれると、「難しい。(必要なのは)リテラシーですけど、なんとなく信じやすい情報に乗っかりやすい」という。

仮に今、運営側が詳細を説明しても「現時点で名前が出ている人を傷つけたり、(それによって誰かが)喜んだりする可能性がある」と難色を示し、「一旦落ち着きましょう」と呼びかけた。

[via:キャリコネニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/15943060/

span style=”color:#FFFF00″>ネットの反応

・吉田さんフォローになってないですよ
・で、誰から聞いたの?
・ネットの情報が間違いというなら本当のことを納得できるように話せや
・こいつがMXでいうことより山口がネットで言うことを信じるよ
・秋元康に売り出して貰ってた吉田豪
・文春は、そんな情報源は切ればいいだけ なんで捏造報道までしなきゃならないのか?
・確かに文春のネット配信とテレビの情報は間違ってるな
・楽屋ドロしてた奴は太野とか山田らの集団だろうなw
・敵がグループ内にいるNGTとか言う魔のグループw
・そら山口も病んでまうわ
・あー、太○とか西○とか中○とかやりそう いなぷぅに情報売るために
・コイツらがやってる事は韓国軍のレーダー照射と同じ。
・楽屋に戻れば楽屋ドロボウ 移動車内でパスワード盗まれる 寮に帰れば半グレ強姦魔 元責任者も半グレ強姦魔とつながってる こんな環境によくおるなw
・しかしまあ次から次へとメンバーもファンも犯罪者だらけってこんなもん何故解散しないんだよ
・吉田豪と中井りかが対談した時、さそがにそれは載せられない と言ってたのがこの辺の話だと思う。ソースは中井
 >中井りかの財布が漁られてたんじゃなかったけ?まあどちらにせよ異常な光景だわな
・ネットの情報が虚実入り混じってるのはそうだろうがコイツは自分が正しい情報握った振りして大きく見せようとしてるだけだろ
・では是非ともネットの情報で合っているところを教えてほしい。間違って疑われているメンバーが本当に可哀相。
・守るために黙秘する事も重要 もしかしたら事実が公になり一番被害被るのは山口かもしれん
・こんなキャバクラ商法を守ろうとしている、吉田壕がおかしいわ
・さあ三上悠亜の後を追いかけるのは誰だ!
・Z会から文春が情報を買ってたのが本当かどうかハッキリさせないと無理

「週刊文春」の不気味な闇

NGT48・山口真帆への襲撃事件について、今もなおさまざまな臆測が飛び交う一方で、この一件を通して「週刊文春」(文藝春秋)の不気味な闇が浮かび上がってきた。

ネット上には「週刊文春」が作成した事件の相関図と、メンバーの配信動画などから見られる矛盾点が指摘され、「文春の過激な取材方法が招いた事件」「文春=黒幕説」までささやかれている。

その過激な取材方法については、お笑い芸人の劇団ひとりが、ネット番組『劇団ひとりの編集長お願いします。』(FOD)で、「AKBグループのメンバー1人に1人ずつ記者をつけているが、それらの記者は素人の大学生など。彼らはファンであるため、1日3,000円程度の報酬で満足し、『文春』の手足となっている」と語っていた。

ところで、この「情報源」については、AKBグループのファンばかりではなく、ジャニーズファンの間でも大いに話題になっている。

ジャニーズに関するこれまでのスクープなども、同様の手法よる取材によるものだったと考えると、納得の行くケースが多いからだ。

一時は「ゲス不倫」報道で絶好調だったものの、いろいろほころびの見えてきた「週刊文春」。しかも、意外にも、スクープされる側との奇妙なつながりもあるという。

「週刊文春と各芸能事務所とは、スクープする側とされる側で、いわば天敵のような関係性に見えますよね。でも、その実、なれ合いに近いところもあるんですよ」

そう話すのは、あるスポーツ紙記者。それは「法廷上のお付き合い」だという。

「週刊文春は、スクープ記事によって、事務所側に訴訟を起こされるケースも多々あります。

両者にはそれぞれ優秀な顧問弁護士がついていますが、毎度訴訟問題で顔を合わせる者同士のため、訴える側、訴えられる側、それぞれの弁護士も含めて、すっかり顔なじみになっています」(同)

これは立場上避けにくく、喜ばしくない「顔なじみ」のように思えるが、

「意外とギスギスしていないんです。お互いに『いつもお世話になっております』なんて声をかけるし、なんなら文藝春秋の社員がプライベートのいざこざで訴訟を起こすときなどには、自分の会社がお世話になっている弁護士ではなく、事務所側の顧問弁護士に依頼することもあるとか。理由はシンプルに『事務所側の弁護士のほうが優秀だから』だそうです」(同)

素人を雇って取材要員に仕立て上げ、訴訟の相手とは「プロレス」のような関係性を築き、なおかつ相手の弁護士をプライベートでは頼る。

こうした計算高さの上に、「週刊文春」のこれまでの数々のスクープ記事は成り立っていたようだ。

[via:日刊サイゾー]
https://www.cyzo.com/2019/01/post_190886_entry.html


週刊文春の相関図

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/02/03 3:44

    (´゚∀゚)・:.・:∵ブハッ

  2. 1
    名無しさん 2019/01/30 11:45

    こんだけ人多ければ泥棒もいるだよww

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事