TROUBLE

HEADLINE

NHK森本アナ問題が紅白に波紋

NHK森本健成アナウンサー(47)の強制わいせつ事件が思わぬ波紋を広げている。

森本健成
森本健成

森本アナを捕まえたとされる一般人が、ツイッターでその模様を告白、ネット上で話題になっているのだ。また、公共放送の”朝の顔”がハレンチ犯罪で逮捕されたことを受け、紅白歌合戦の出場者発表が延びる可能性まで出てきているという。すでに処分保留のまま釈放されている森本アナだが、騒動はまだ収まる気配はない。

ネット上で騒動になったのは、森本アナの逮捕が発覚した15日だった。ある一般人がツイッターで「二子玉川で痴漢を今日も取り押さえてやったぜ~」とつぶやいていたからだ。捕まえたのが森本アナだったとは、ニュースで知ったという。

興味深いのは、「あの逃げ方は尋常じゃなかったよ!」というツイート。これが事実ならば本紙既報通り、森本アナは必死で逃亡を試みようとしたことになる。「酔っていて覚えていない」という供述にはもう説得力がなくなる。

ネット上では「本物?」と真偽を問う声や「冤罪の可能性もまだ消えていない」と指摘する声などがあり紛糾。同ツイートは現在一部が消えてしまっている。いずれにせよ、この事件が世間に与えた影響の大きさを物語っていると言えそうだ。

一方、NHK局内にも大きな衝撃を与えている。

16日には処分保留で釈放された森本アナだが、「こうなった以上、どんな罪になっても、もう表には出せないだろうという判断がなされるようですよ。NHKの中でもアナウンサー専任という立場にいましたが、先はないでしょうね」とはある局内関係者。本人は供述で「これからが不安」と語っていたようだが、局内では決して甘い処分には終わらせない腹積もりのようだ。

森本アナは局内で「あんな人が?」と驚かれるほどの品行方正ぶりをみせていたことは間違いなく、「アナウンサーとしてNHKを代表する看板アナになるような逸材」(同関係者)ともいわれていたが、そんな評判も吹っ飛んでしまうような事件だったのだ。

「報道に直接携わるスタッフにはいまだ、かなり厳しいかん口令が敷かれている。NHK自体もこの事件を取材しているでしょうから、報道されている以上に、よほどのヤバい話があるのかもといわれている」とはあるNHK関係者。

阿部渉

16日の早朝には阿部渉アナが「おはよう日本」の冒頭で謝罪をしたように、今回の事態をかなり重く受け止めていることは間違いない。だからこそ、「この時期には紅白歌合戦の出場者発表が控えているんですが、それが多少延びるのではといわれています」と前出のNHK関係者。

例年であれば、早ければ今週にもあると見込まれていた出場者発表。あるレコード会社関係者は「今年は12月までにはいかないようにしたいと紅白スタッフは常々口にしていた」というが、今回の事件は、この恒例行事のスケジュールも変えかねないという。

「『問題ないでしょう』と言い切る人も多いですが、やっぱりこんな事件を起こしておいて何もなかったかのように”紅白やります”と大々的に宣伝していいのかと疑問視する空気はゼロではない。あるスタッフは『まあ、ほとぼりが冷めるまでは無理でしょう』とこぼしていましたし」(同関係者)

NHKはそれだけナーバスな事件と認識しているのは間違いない。森本アナの犯した罪は本人が思っている以上に重い。

[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/55897/

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 11
    名無しさん 2012/11/26 2:48

    この人痴漢です

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事