OTHER

HEADLINE

子ども番組のおねえさんが『ブラタモリ』に大抜擢!タモさんの新相棒、桑子真帆アナってどんな人?

3年ぶりにレギュラーで復活する『ブラタモリ』(4月11日スタート)で、タモリ(69)の新相棒を務めるNHKアナウンサーの桑子真帆(27)。


ブラタモリ 桑子真帆

先週行われた番組会見ではタモリから「堅いし真面目」と指摘され、本来の持ち味を発揮できなかったようだが、彼女のポテンシャルの高さは折り紙つきなのだ。

2010年の入局以来、長野3年、広島2年と地方局の所属だが、女子アナウオッチャーの間ではかなり知られた存在で、「澄ました感じの美人アナですが、実はNHKらしからぬハッチャケキャラ」で有名なのだという。

そのいわれとなったのが、BSの子供番組『ワラッチャオ!』(日曜17時半~、プレミアム)での「お姉さん」役。

毎回、奇抜なコスチューム姿で毒舌の着ぐるみたちを相手に番組を仕切り、「タレントのローラの物まねを喜々としてやってのけたこともある。


ワラッチャオ! 桑子真帆 ローラの物まね


天然キャラ炸裂で、推定Dカップの胸の膨らみがわかる体操着やセーラー服のコスプレを惜しげもなく披露しています」(女子アナウオッチャー)。

「おかあさんといっしょ」がそうであるように、子ども番組のお姉さんはタレントを起用するのが恒例。それを広島所属のアナウンサーが月イチペースで上京し収録していたというから珍しいし、NHKとしての期待の高さもうかがわせる。

NHKは「個別の番組出演者の起用の経緯については、お答えを控えさせていただきます」(広報局)とにべもないが、こんな背景があるという。

「桑子アナは大学在籍中からNHKでアルバイトをしており、それが縁で番組の起用につながったと聞きます。大学当時は”ショートの金髪”というチャラ系だったようで、その過去は本人も番組で公言しています」(前出の女子アナウオッチャー)

神奈川県川崎市で生まれ育ち、東京外国語大でチェコ語を専攻。長野放送局時代のインタビューでは、クローズアップ現代の国谷裕子に憧れてNHKを志したと語っていた。

この4月からは東京アナウンス室に異動になり、ブラタモリほか、平日朝の『ニュース7』でサブキャスターも担当する。しかし、惜しむらくは出世作の”ワラッチャオ!”を3月末で降板すること。コスプレ姿はあと1カ月で見納めだ。

[引用/参照:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/157435]

□ タモリ『ブラタモリ』新相棒・桑子アナに心得

タモリは桑子アナに「子ども番組からジジイ番組ですか。最近、私も幼児化が進んでおりまして。子どもたちと同じ態度で接していただけたら」とあいさつし、「アナウンサーであることを忘れなさい」などと心得を説いた。

『ワラッチャオ!』では、番組キャラクターたちから、シビアなツッコミを受けつつも、苦笑いとユーモア、時には逆ツッコミで跳ね返す”反射神経”の良さを見せ、番組を盛り上げてきた。


ワラッチャオ! 桑子真帆 さらけ出す


桑子アナは「子どもたちがどんな質問してくるのか未知数な中で、自分を作らず、さらけ出して、子どもたちとの関係を作ってきたので、今度はタモリさんという大御所中の大御所の方と番組でご一緒させていただくのですが、そのスタンスは変えずに、タモリさんの着眼点が理解できなくても合わせるのはやめよう、と。真っ直ぐぶつかっていきたいと思っています」と意気込みを語った。

[引用/参照:http://www.oricon.co.jp/news/2048103/full/]

□ 桑子真帆のうなずき力

ニュース番組を観ていると、原稿を読み上げるキャスターの隣でもう一人のキャスターが表情を作りうなずいていることに気が付きます。

それが深刻なニュースならば軽く眉間にしわを寄せつつ、重々しくうなずく。明るいニュースならば、おふざけに取られない程度の笑顔とともに相槌を打つ。

このことでニュース番組にグルーブ感が生まれ、ある話題に対して視聴者の取るべき姿勢をあらかじめ設定するような効果が生まれるわけです。

それも度が過ぎると危険。視聴者を一定の方向へと誘導しかねません。しかし昨今のニュース番組は、みんなこの調子です。

そんな傾向に一石を投じたのが、お盆期間中のNHK『おはよう日本』に出演した桑子真帆アナウンサーでした(広島放送局所属)。

男性キャスターのわずかな読点や息継ぎの合間も逃さずうなずき続けることで、ニュースから不必要な感情を拭い取ったのです。

何に同意しそこから何をうながそうとしているのかが分からなくなってしまうほどにうなずきを乱打した桑子アナのケースはそれとも違う様子です。

男性キャスターが動詞も目的語も読んでいない段階で確信に満ちた表情で相槌を打つことは、尋常ならざる事態です。

しかし文意が確定していないのにうなずかれることで、その小芝居じみた演出によって生まれるはずだったグルーブが途切れます。

すると単なる事実の報告に過ぎないというニュース本来の姿が復活するのです。いささか倒錯してはいますが、桑子アナの無意識が生んだファインプレーだったかもしれません。

自己主張が強く「私は仕事ができます」とでも言いたげなアナウンサーが強弱をつけたテクニカルな相槌をたたみかけてきたとしたら、それは糾弾されるべき事態です。

しかし桑子アナの場所を選ばないモノトーンのうなずきには、その種の積極性に生じる意味が感じられません。

アナウンサーとしての自分を大きく見せるためだとか、仕事に対する真摯さをアピールするためだとか。そういったうっとうしい向上心とは無縁のところで、一旦こくりとやったら止まらなくなってしまっただけなのではないか。

その慣性がなんとも微笑ましく、ニュースの内容そっちのけで心和むものでした。


ワラッチャオ! 桑子真帆


[引用/参照:http://joshi-spa.jp/131092]

【関連商品】

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事