ADULT

HEADLINE

元AKBメンバーの末路・・・国民的アイドルが風俗嬢転身?マイクをチ●コに持ち替え手コキ奮闘で予約殺到中!

あの国民的アイドルグループの元人気メンバーが都内の風俗店で働いている。

今年に入って東京の風俗のプロたちの間で、こんな噂が噂を呼び、ネット掲示板にも飛び火し、「博多にいたSか」「いやOだろ」と大騒ぎになっているという。

そんななかフライデーが、「都心の繁華街にある『M』で、元メンバーのAが働いている」という情報をキャッチ、プレイ中の彼女の写真を撮影、直撃することに成功した。



ホテルを出た彼女と客
ホテルを出た彼女と客| 料金を支払った後、近くのホテルでプレイ


Aは、国民的アイドルグループに加入するや、小動物系のキュートさと高いダンススキルで人気となった。グループの冠番組にも出演し、ファンが投票する総選挙でも上位に食い込むなど、将来を嘱望されていた。

しかし、すぐに男性とのツーショット写真が出回り、グループを卒業。芸能界も去り、消息不明になっていた。



元AKB石黒貴己 プリクラ流出で解雇



そんなAが風俗嬢に転身してアッという間に大人気となり、『M』には予約が殺到して、すっかり会いに行けないアイドルになってしまっているとすれば、これは国民的関心事である。

さっそく『M』への「潜入」を試みたが、ようやく彼女の予約をフライデー記者が取れたのは、初チャレンジから1ヵ月後のことだった。

『M』で料金を払い、ホテルの部屋で待っていると、「はじめまして~」と彼女が現れた。大きな瞳、くしゃっとした笑顔、ストレートの黒髪、どう見ても元メンバーのAである。

二人っきりのホテルの中、プレイしながらフライデー記者がさりげなく彼女から聞き出した年齢、誕生日、身長、服を脱いだ時の体型の感じなどもAと一致した。

ファンならずとも、夢のような時間を過ごしたあと、フライデー記者はあらためて、『M』から出てきた彼女を直撃した。

その反応と取材後のMの動きを見る限り、彼女が元メンバーだったことは間違いないようだ。

[引用/参照:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150320-00010000-friday-ent]

□ ネットでは石黒貴己で確定情報も


この事態に、当然ネット上では「一体誰!?」と議論が交わされている。

“国民的”とのキーワードからAKB48やその関連グループの元メンバーであることはほぼ間違いなく、OやKなど、さまざまな名前が飛び交っている。

「選抜メンバーでもなく、何年も前にグループを去ってしまったAですが、ネット上では面白がってAの素性を調査するファンが続出しているようです。

しかし、メディア関係者の間では、このAが2010年にグループを去ったメンバーだと特定されています。研究生ながら総選挙でアンダーガールズ入りしたAですが、交際相手とみられる男性との2ショットプリクラの流出で、その後、審査落ちに。

当時は『有吉AKB共和国』(TBS系)にもレギュラー出演しており、公式サイトにも名前が入っていました」(芸能ライター)

ネット上ではAの名前を挙げて「当時はぱるるより推されてたのに……」といった声も出ているようだ。そして過去に発生した”アイドル風俗嬢疑惑”にも飛び火している。



元AKB石黒貴己 手コキ オナクラ店勤務



「以前ネット上でうわさになったのは、元HKT48のメンバー・菅本裕子です。14年5月下旬頃、菅本が風俗勤務していたといううわさが出回りました。

同月28日に菅本はTwitterで『色々と噂が飛び交っているようですね。凄く悲しい』『ネットは怖いです。芸能界もう怖い』と胸中を打ち明けました。

また、菅本がHKT48を卒業した12年頃にも同様のうわさが流れたことに触れ、『やっと忘れかけてたときに、また。悲しい』ともツイートしています」(同)

ファンの中には菅本を擁護する者も見られたが、ネット上には彼女とうわさの風俗嬢を”検証”する者が続出。菅本のグラビアと風俗嬢の写真などを並べ、左わき腹の傷痕や腕のホクロの位置が一致していることが指摘されていた。

菅本は疑惑否定し続け、Aらしき女性も元アイドルであることを肯定しなかったものの、このような疑惑を耳にするファンは、さぞ複雑な心境だろう。果たしてこれに続く者はまた現れてしまうのだろうか。

[引用/参照:http://www.cyzowoman.com/2015/03/post_15421.html]

【関連記事(画像)】
元AKBにチンコをニュルニュルされてきました。


マイクをチンコに持ち替えて奮闘している。

【関連商品】



コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/03/27 7:29

    AV転向するのもいるし、別に。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事