ADULT

HEADLINE

現役ヤクザが仲介【芸能人売春リスト】ブレイク前の女優が目を瞑り快感に耐えきれずマジイキ…

東京・六本木にある会員制のサパークラブ『Z』。薄暗い階段を降りた地下で、看板も出さず営業しているこの店は、アイドルや女優、プロ野球選手やJリーガーが夜ごと出入りする有名人たちの社交場だ。

記者という身分を隠して潜入を繰り返した末、ようやく“核心”に辿り着いたのは、通い始めて1年が経った頃だった。

「最近、芸能人と飲みたい、できれば“その先”もしたいっていう成金連中と仕事してるんだけど…。こういうのって、誰に頼めばいいんですかね?」

タイミングを見計らって店長に持ちかけると、ある人物に連絡をとってくれた。

後日、『Z』の個室で迎えてくれたのは、40代半ばの紳士だった。

仕立てのいいジャケットを着こなし、腕には高級時計のオーディマ・ピゲを巻いている。短く刈り込まれた髪に精悍な顔つき、ジャケット越しでも分かる屈強な体つきで、黙っていても威圧感がある。

彼が、いわゆるカタギでないことは、個室の外に立つ「若い衆」の存在からも明らかだった。

「回りくどい話はやめましょう。このリストにあるタレントなら、私のほうで“都合”つけられますよ」

そう言って渡されたのが、クリアファイルに挟まれたA4用紙2枚の紙だった。

ひと目で息を飲んだ。そこには、名だたる女性芸能人の実名と値段が書かれていたからである。

●グラビアアイドルS 200万円

●人気タレントY 200万円

●国民的アイドルグループの下位メンバー 30万円

●ママタレX 150万円

●現役トップクラスの女優A 1000万円

●往年の人気女優I 500万円

記者が、この“売春名簿”を閲覧できたのは、時間にして1分にも満たなかった。他にも錚々たる名前が並んでいたが、途中で閲覧終了を告げられ、ファイルを取り上げられた。

「本当に彼女たちを抱けるんですか? 時間はどれくらい? 一晩?」

質問を遮り、仲介者は静かにしゃべり始めた。

「いくつか条件があります。まず、身分証をこの場で2種類以上見せること。初回は保証金代わりに、別途100万円を預けること。女性には紳士的に振る舞うこと。連絡先の交換もNGです。

そして、間違っても録音・録画をしようと思わないこと。した場合は…お分かりですよね。彼も(Zの店長)迷惑を被るし、あなたにも相当シビアなことをしなきゃいけなくなる。

あなたが紹介してくれたお客さんが狼藉を働けば、あなたも同等の責任を負う。これが基本的なルールだと頭に入れてください。時間はだいたい2時間を目安に。こちらで予約したホテルで遊んでいただく感じです」

何度も同じ説明をしているのだろう。仲介者の説明は淀みなく流暢でありながら、彼ら特有の迫力を伴うものだった。

「このリストにない芸能人で気になる女性がいたら、言ってください。都合がつく場合もあるから。今日はこの辺にしておきましょう」

そう言ってグラスを空けると、仲介者は席を立って個室から出ていった。

あまりの衝撃に呆然としていると、個室にZの店長が顔を出した。

「どうだった?」

「どうもこうも…。あれ、ホントに本当なんですか? 芸能人って言っても、どうせ売れないグラドルレベルだと思ってたんだけど…」

「僕が保証しますよ。実際、彼からの紹介で遊んでるお客さんも大勢いますから」

「彼、何者なんですか? どう見てもカタギじゃないよね」

一瞬、店長の顔が曇った。

「そう、本職(現役のヤクザ)だよ。大手(指定団体)の二次団体の幹部クラス」

だとしても、なぜ、こんなことができるのか。こちらが質問する前に、店長が種明かしを始めた。

「あの人は、芸能界に女の子を送り込む“入り口”から関係してるんだよ」

[via:週刊実話]
https://wjn.jp/article/detail/1509599/

超有名女優をローター責め

仲介者の暴力団幹部は、タレント養成学校を複数経営しているという。

「実態は、高額なレッスン料が主なシノギで、あとは提携している歯科医とか整形外科医に送客してキックバックをもらうんだって」

タレントを目指す女の子にとって、この暴力団幹部は芸能界への水先案内人。まだ右も左も分からないうちから、「男は実力、女は枕でのし上がっていくのが芸能界だ」と刷り込んでいくらしい。

その過程も、まるで新興宗教の勧誘のように、よく練られた手口だった。

「いま流行りの“ギャラ飲み”ってあるでしょ? 最初は『酒の席はかっこうの営業の場』と説き伏せて、芸能界の実力者やスポンサー筋の飲みの席に送り込む。

このとき、まだ売春経験のないタレントの卵に、あえて古株のグラドルなんかを同席させる。その子は、もう金で抱かれ慣れたベテラン。

そこそこ売れている先輩が、当たり前のように割り切ってオヤジに抱かれていく姿を見て、『芸能界では、これが当たり前なんだ』と思わせる。もはや洗脳だよね」(店長)

何度かこうした経験をさせると、タレントの卵たちは「こんなことも出来ない自分は覚悟が足りない甘ったれなんだ」と自ら思うようになるという。

また、芸能界特有の低賃金も売春へのハードルを低くしている要因だ。テレビで見かけるようなクラスのアイドルや女優でも、給料は我々が想像するより、ずっと安い。

「雑誌の表紙を飾るレベルでも手取り12万円~15万円がほとんど。最近の芸能人はパーソナル・トレーナーをつけるのも、高額な歯のホワイトニングも当たり前。

セキュリティーの面から、それなりのマンションに住む必要もあるし、10万円台の給料じゃ全然足りませんよね。正直、売春や愛人契約をしないと成り立たないという側面も否定できない」(芸能記者)

こうして、売れないうちから売春に慣らされたアイドルや女優の中には、のちのち大ブレイクする“金の卵”もいる。

彼女たちは大手事務所に送り込まれて売れっ子になってからも、仲介者の暴力団幹部の頼みは断れなくなるのだという。

「当然、彼(暴力団幹部)も“味見”してるだろうし、動画もあるんでしょう。どんなに売れても、彼から呼び出されたら断れないよね」

こう言って笑う店長に頼み込んで、実際に有名芸能人を抱いた客を紹介してもらうことにした。

後日、再び通された個室にいたのは、40後半から50前半とおぼしき冴えないオッサンだった。ただ、不動産関係で派手に儲けているらしく、20年以上、この遊びに興じているというのだ。

「最初にヤッたのは、ブレイク前の女優N。

いまでこそ映画やドラマの主役に抜擢されたり、化粧品会社のCMをやっていたりと一流芸能人に名を連ねていますが、当時、20歳そこそこだった彼女は、正直そこまで人気がなかった。

値段は20万円くらいだったかな。『仲介者に半分以上持っていかれて、私には8万円しか入らない』なんてボヤいていたのを覚えてますよ」

当時のNは売春を始めたばかりだったようだ。

「最初にセックスしたときは、ずっと目をつぶってシーツを握りしめたままで、露骨に嫌そうでした。でも抱き心地がよかったので、もう一度お願いしたんです。

その時は手錠で拘束してローターで責めたら本気で感じて目を潤ませていました。四つん這いにさせてじっくり責めたんですが、あの美顔を歪ませて快感に耐える表情は忘れられませんよ」

[via:週刊実話]
https://wjn.jp/article/detail/4901432/

ネットの反応

・実話です
・毎度の事だが名前をアルファベットにすればなんでも書けるなw
・ブレイク前じゃ素人も同然やん
・吉岡里帆?
・芸能人なんて寝て、ナンボだろwどんどんやりなよw
・長澤まさみやろなあ
・夏菜とか
・20万より暴力団に借りつくる方が後々怖いと思うのだが
・中村アン?
・仲間由紀恵やろ
・これはローリングフェラ定期
・菜々緒しかおらんやろ
 >これしか無いな。でも一瞬だけ中条あやみの涙目SEXをイメージ出来たので感謝
・菜々緒 だって事務所のプラチナ厶はガチもんのヤ●ザ事務所だからw
・ブレイク前にテレ東深夜の番組で NON STYLE 井上の部屋に入ってって、井上の使用済みコンドームをゴミ箱から見つけて平気で手にとって「見つけたー」とか言ってた菜々緒
・20年以上やってて最初にヤッた20歳そこそこの女優だぞ 40歳代だよ女優Nは
・紀香とか松嶋菜々子とか
・新山千春 中山エミリ 中越典子
・鈴木保奈美とやったとはしゃいでいた成田空港近くのパチンコ屋の社長は元気にしてるのだろうか?
・こういうホラを吹く奴もいるからなんとも
・昔遊んだ女が出世したのを偉ぶる男って最悪だろ
・コンビニで500円で売ってる漫画みたいな話だな
・20万ごときで「アイドルや女優呼べ」って言ったら馬鹿にされるわw
・20万はない その額なら中堅のAV女優掴まされる
・実話がおっさんに売れるわけだな プレイの描写がエロいw
・ブレイク前のナジャ・グランディーバ
・私失敗しないので

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/06/09 23:29

    20万も払ってくれるパパがいない芸能人ってもう終わっとるやろ

  2. 2
    名無しさん 2019/06/05 21:22

    だけど、今の世の中は既にネットで様々な情報が拡散・共有される時代になってるからな。正直、タブー(特に鶴タブーなどのカルト絡みに関することやその裏側に隠れる黒幕を言及したもの)なんて在って無いようなモンだよ

  3. 1
    名無しさん 2019/06/05 20:53

    このサイトはネタが無くなると実話ネタばかりになる

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事