ADULT

HEADLINE

女性のアエギ声が大きな都道府県は!?

女性も十人十色。スケベな人、そうでない人と色々だ。女性器の内外のつくりも千差万別だが、セックス中に出す声もそうなのか。そもそも、女性はセックス中になぜ、あんなに大きな声を出したり、多弁なのか。

動物人間学研究者の春江次郎氏が語る。

「元来、女性の言語中枢神経が男性よりはるかに発達しているのは事実です。だから女性のほとんどがお喋りが好きです。

しかし、これだけが原因ではない。セックス中、黙っていると声帯が閉じたままになり、体の筋肉が固くなる。

そうすると、骨盤内にある何種類もの子宮や膣を囲んでいる筋肉が柔軟に活動できなくなり、セックス中に下りたり、上がったりする子宮がスムーズに動けなくなるのです。
つまり、声帯を開かせておくために、女性は喘ぎ声やよがり声を連発すると考えられます」

セックス中の女性の声や言葉について、詳しく調査、研究している性研究者の色川わたる氏にも話を聞いた。

「喘ぎ声というのは女性がセックスによって反射的に出る言葉です。

アンアン、イクイク、ハンハンなどア行とハ行と『ん』しか使いません。なぜか。それは反射的に出るため、唇や舌、口内の筋肉を動かさなくても出る声だからです。

それに対して絶頂語は絶頂が近付くにつれて、歓喜や激情を表現し、オーガズムを知らせる合図の言葉ですから、喘ぎ声とは異なる。

女性のアエギ声~都道府県別考察
都内の女性の場合、喘ぎ声は『あは、あはん』ですが、言葉は『あ!イキそう。そのまま、そのまま』。コギャルともなると、絶頂が近づくと『MAX、ヤバイ』になる。中には、『殺して!』と絶叫する女性もいるようです」

色川氏はネット上に開設している2つの研究サイトで全国の男女約1万4000人から収集したデータをもとに「県別の声と言葉の特徴パターン」をまとめた。

どの地域の女性がどんな喘ぎ声を上げ、絶頂時にいかなる言葉を発するのか、喘ぎ声の微妙な違いはどこからくるのか。

旅作家の想野富夢氏が解説する。

「その土地の歴史や風俗、文化、土地柄などの影響を少なからず受けていますが、母親の遺伝子を受け継いで、プログラミングされた結果のほうが強く表れると考えられます。

私自身、『親子丼』の経験が4組くらいありますが、母親の喘ぎ声と娘のものは瓜二つです。ただし、オーガズムワード(絶頂語)はこうしたプログラミングがなく、読み物で知ったり、男に教えられて覚える言葉だから、その意味で地域的環境の影響を受けると思いますね」

面白いことに、オーガズムワードには、方言があまり使われないという。

「世界的に見ても『イク、イク』『来る、来る』『終わっちゃう』『最高』という言葉が基本形です。ただ、声が高音になる過程やテンポなどには地域性が大いに表れています」(色川氏)

女性のアエギ声~都道府県別考察
例えば、東北、北海道では声の高音化が著しいエリアで、4拍子のテンポ型が多いという。

中部地方は高音化については標準であるが、2拍子~3拍子のテンポ型が多い。

関西にいくと、高音化は標準以下だが、テンポが速く、「ああああああ~ん」の多拍子型が多い。

一方、西日本は高音化が最も顕著なエリアで、テンポは2~3拍子型。

沖縄は2拍子が多く、高音化が最も少ない。

「喘ぎ声のテンポは東日本よりも西日本のほうが速い。
絶頂時の早口度はバラバラで地域格差があるというより、個人の感じ方の差ではないか。

声の高さは一般的に性感度と比例すると考えられています。そのため、その時々のイキッぷりに左右される。つまり、セックスの上手な男、あるいは相性のいい男とのセックスはオーガズムに向かって、女性の声はかなり高音なものになっていく」(色川氏)

すなわち、いつもセックスしている女性がその日に限って声が今一つだという時は何らかの理由でセックスを満喫していないのだ。

参考までにいえば、声が大きく、にぎやかな反応の県の上位3県は1位千葉県、2位福岡県、3位埼玉県。そして、比較的おとなしい反応の県は1位山口県、2位愛知県、3栃木県だった。

さらに、色川氏はオーガズムについて、もっと深い考察を行っている。

「例えば、オーガズムのパターンに恐怖、不安型というのがあります。
頭の半分ではこんなに気持ちがいいのに、半分は恐怖感がつきまとう。なぜ、気持ちよくなっているのに恐怖感があるのか。

それはセックスで気持ちよくなると、人間の脳にはドーパミンやベータエンドルフィンなどの神経伝達物質が前頭葉にエンドレスに分泌される。

本来は神経伝達物質の分泌にはブレーキが利くものなのですが、セックスの時にはブレーキが働かずに過剰に分泌されるため、『この先どんな風になってしまうのか』という不安感が恐怖につながるようです。だから、必死で腰を使いながらも『ダメ、ダメ!』と無意識に拒絶語を発するのです」

ここで、セックス時の珍言、奇声を紹介してみると、あるわあるわ、こんな言葉を発する女性がいるのかとビックリするほど。

女性のアエギ声~都道府県別考察
「ナムアミダブツ」と発するのは浄土宗が多い石川県の女性で、「殺して、お願い、殺してエ~」と絶叫するのは長野県の女性。

かわいいのは大阪府の「おかあちゃ~ん」。「女に生まれてよかったと~」(熊本県)と素直な女性もいる。

「失神の多い県は秋田県、徳島県、潮吹きの多いのは新潟県、徳島県です。

一方、『イッて!イッて!』と男の射精に気配りするのが山口県の女性に多い。逆に長野県、和歌山県には『イカせて、イカせて』と切願する少数派もいる」(色川氏)

そのほか、「落ちる、落ちる」(岩手県)と絶叫する女性がいる一方で、「きた、来だア」(山形県)となまる女性もいる。<

最近の若い女性は絶頂語もブッ飛んでいる。「MAXヤバイ」「マジ来てる」といわれたら、中高年の男性はチンチンが萎えてしまったりするかもしれない。

「セックスが佳境に入る頃、男性はいかに女性を気持ちよくさせるか、自分も最高のオーガズムをどう完結させるかで無我夢中です。そのため、喘ぎ声や絶頂語に耳を傾ける人が少ないが、女性の声や言葉を聞いて高揚している心に響かせることは、大切なことだと思いますよ」(色川氏)

世の中にはあの時の声や言葉をめぐって、珍体験をした男性も少なくない。

女性のアエギ声~都道府県別考察
千葉県の公務員のAさん(37)はOLと信州を旅行し、蓼科高原の民宿に一泊した。

むろん、その晩、OLと事に及んだが、彼女のよがり声が余りに大きく、甲高い。これでは隣に丸聞こえではないか。

困ったAさんは、腰を使いながら思わず彼女の口を塞いだ。すると、今度は彼女、「ダメ、ダメ!いやア~ん」と民宿中に轟く声で叫んだのだ。

「時間が時間ですから、お静かに」

経営者に注意されて恥ずかしくなったが、翌朝、朝食を食べていると、他の客がじろじろ見てクスクス笑う。が、忘我状態の彼女は何食わぬ顔。

「もう、恥ずかしくて、恥ずかしくて仕方ありませんでした」(Aさん)

女性のアエギ声~都道府県別考察
山形県の居酒屋店員・B子さん(31)が東京から出張で来た会社員と家の敷地内にある物置で昼間、セックスしていた時の話が面白い。

ゴザの上で重なって腰を使っていると、B子さんがオーガズムを迎えた。「来る、来る」「来た、来だァ」「来るからあ~」の絶頂語。

すると、会社員は慌ててペニスを抜いて膝まで下げたズボンを上げながら物置から逃げ出したのだ。

その夜、店に来た会社員が「バレませんでしたか」とB子さんに聞いた。
会社員は「来る」をてっきり亭主が帰って来たと勘違い。それからというもの、B子さんは他県出身の男と浮気する際、別の絶頂語を使うように努めている。

女性のアエギ声~都道府県別考察
静岡県のフリーターのC子さん(18)は今年、中年オヤジを逆ナンパしてホテルでエッチした。が、オヤジのアソコは10センチ足らずの短小なうえ、女のイカセ方をまるで知らない。おまけに、酒を飲んでいるため、ちっともイカないのだ。

それでも、オヤジは「イクか、まだか」と何度も聞く。その度にC子さんは大声で「無理ッス、無理ッス」と答えた。結局、C子さんがイカないまま行為を終えたが、服を着ながらオヤジはこう呟いた。

「今の若い人はイク時に『むりっす』というんだね」

「無意識にしろ、意識的なものにしろ、喘ぎ声や絶頂語は女性の感性と情念を表現するセックスランゲージです。つまり、自己主張や自己体現が込められている。

もっと掘り下げて考えれば、母親の母胎で我々が受精卵になった瞬間、まさに母親が忘我熱中の中で発した『原風景の声』でもあるのです。これらの声や言葉を大切に考え、耳を傾けることに大きな意味があると私は考えています」(色川氏)
イキ声も地方の財産だ。[週間実話]

【関連画像】
都道府県別アエビ声、ヨガリ声一覧[アサヒ芸能]
※GIF画像/機種依存有

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2014/12/30 0:37

    石川だけど 南無阿弥陀仏なんて言う女いないよ

    彼女の最上級は スゴイ

  2. 4
    名無しさん 2011/08/24 13:51

    ムリっす!

  3. 3
    名無しさん 2011/03/09 6:41

    ナムアミダブツなんて言うか?

  4. 2
    名無しさん 2011/02/25 17:15

    ユキナ?

  5. 1
    名無しさん 2011/02/23 0:25

    あほや

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事