ADULT

HEADLINE

「嘘イキ」「こんなの初めて」紗倉まなが語る-女の子が思わず男子についてしまう嘘-

a20160922-1

優しいウソでも嘘は嘘。何気ないふとした瞬間に、無意識の内に、彼に嘘をついてしまっていることってありますよね……(白目)。

嘘といっても、相手を思ってついてしまう嘘もあれば、全てを計算したあざとい嘘もあり。愛がある嘘もあれば、呆れてついてしまう嘘もあるわけです。

というわけで今回は「女の子が思わず男子についてしまう嘘!」について取り上げてみたいと思います!

a20160922-2

まずセックス中についてしまう嘘といえば……そう、「嘘イキ」!(早速セックスのお話です……照)ここで唐突ですが、女性読者の皆様は「嘘イキ」ってしたことありますか?

……ふむふむ、なんだか「したことあるよ!」という意見がとても多いような気がしますぞ。

a20160922-3

セックス中に、彼をより一層興奮させるために「イッた演技」をしたり、「気持ちよかった?」とか「イッた?」とか聞かれて、「うん、何回も……イッチャッタヨ(片言)」とイッたことにしてしまったり。

そういう男性への気遣いから生まれる「嘘イキ」って意外とありますよね。

私も仕事を始めてから、場の空気を察して「こ、ここはイカナクテハ……!」と半強制的に絶頂に持っていこうと心がけることが増えて、「嘘イキ」を身近に感じるようになりました……。

a20160922-4

と、これは勝手なカミングアウトになりますが、実は私「イク」という感覚が未だにきちんと把握しきれてなかったりして、絶頂の瞬間が曖昧だったりするんですよね(ってこれ、仕事の致命傷やないか~い!)。

そもそも「『イク!』って何よ!?」っていう根本的な疑問。

そりゃあ確かにセックス中に「気を失いそうになるくらい気持ちいい」瞬間は訪れますが、男性みたいに「イク=発射」と目に見える状態にならないわけで、どこで「あ、今イッた!」って理解するんだろう……と前々から疑問だったわけです。

a20160922-5

女性のイク=??? という未知の世界。

意識が飛ぶとか、痙攣するとか、力が抜けたような気がするとかいろいろな絶頂の体感があるわけですが、「さあこれがイクってことだぞ!」っていう正解はないですよね。

だからこそ「嘘イキ」もしやすくなっているのだと思うのですが。

男性が「ほっ」と安心して喜んでくれるための嘘なら、それもまたひとつの愛情として可愛らしい気もします。

ただ、嘘もどんどんと蓄積していくと不満要素となって、ある日突然ドカーンと爆発してしまったりするんですよね……とほほ(私の場合は今までそうでした)。

a20160922-6

女の子が言う「大丈夫」。

咄嗟の嘘(後々嘘扱いされてしまうようなことも含め)といえば、過去の恋愛(元カレ)に関することも多いような気がします。

例えば、「ここ、前に元カレと来たことあるな……。汗」とか、「そういうデート、前の人としたことがあるな……。涙」と思っていても、「うわあ凄いね、ここ!」とか「こんなの初めて♪ 楽しいね!」だなんて、目の前にいる彼と楽しい時間を共有するために「こんなの初めてだよリアクション☆」の嘘をついてしまったり(まあここで本当のことを言われたら、彼もしょぼんってなっちゃいますもんね)。

女性のほうが、「やばい! 悟られる前にナイスなリアクションを!」という頭の回転が早いような気もします……。ううん、さすが女子。

a20160922-7

あとは寂しいのについつい「大丈夫」って強がっちゃうのも、女の子特有の「相手に嫌われたくない」っていう可愛い理由から出てしまう言葉だったりしますよね。

おまけにこの「大丈夫」という言葉の中には「もういいよ、これ以上話したって時間の無駄だから(悟)」だなんていう三行半のような意味も含まれていたりして、男性側としてはきっと掴みにくい女子心かもしれませんね。

「嘘イキ」はばれたくないけど「大丈夫」っていう言葉に関しては、裏の気持ちを察してほしいな~だなんて(本当に都合の良い話なんですけど……白目)思ってしまったりします。

嘘はつかないほうがいいのかもしれませんが、私は嘘をついてこそわかる“女性の優しさ”もあるような気がします。

裏切ろうとしているわけではなくて、彼との時間を平和に過ごしたいと願った上での嘘であって、嘘も貫けば真実になることもありますよね。

過去の人との記憶を自分の嘘で塗り替えてしまったり、彼に愛されるために自己防衛の嘘をついてしまったり。

a20160922-8

私は刺激を求めて相手にわざと嘘をついたりする凄い嫌な女ですが(どうしようもない女だな全く……)、こうした「誠実な嘘」は美しくて好きだったりします。

恋愛の駆け引きの材料として嘘も上手に使い分けながら、今年も「夏恋☆」をエンジョイできたらいいな……(願望)。

が、恋愛熱中症にも気を付けて過ごしたいと思います。

ではでは……。

[via:http://mess-y.com/archives/11082]


関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事