OTHER

HEADLINE

給料制!?歩合制!?芸能人の給料事情・・・小島瑠璃子「普通のOLさんくらい」はホントか!?

以前、タレントの小島瑠璃子が出席したイベントで自身の給料について聞かれて、「普通のOLさんくらい」と話して話題を集めた。

小島といえば、バラエティー番組やスポーツ情報番組のMC、雑誌グラビアなどマルチな活躍を見せて、4月からは週6本の生放送を抱えるなど、現在ブレーク中の人気タレントだ。



小島瑠璃子 給料は普通のOL程度



当然、収入面もブレーク前よりも大幅アップが想像されるが、小島は「ギャラも上がったのでは?」との質問に対し、「ホリプロは給料制なので、普通のOLさんくらいと思って頂ければ」と明かした。

一方、昨年から今年にかけてブレークしたお笑いコンビ「日本エレキテル連合」の2人は、1月に出演したバラエティー番組でブレーク後の給料の話題を振られると、「怖いくらい(に上がった)」と口を揃えた。

さらに、中野聡子は所属事務所「タイタン」の太田光代社長から「うちは最初歩合だけど、固定の方が安心できるのか? 歩合を続けるのがいいのか?」と切り出されて、「迷いなく歩合。頑張り甲斐がある」と即答したことを明かしている。

人気タレントともなると、プロ野球選手にも負けないほどの高給取りというイメージが世間一般にはあるが、実際のところ芸能人の収入事情はどうなっているのか?



芸能人 ジャンル別年収



「ギャラの話は業界ではタブーなのですが…」と前置きしたうえで芸能プロダクションマネジャーは匿名を条件にこう明かす。

「小島さんが所属する『ホリプロ』さんのように人気タレントを数多く抱える大手事務所の中には給料制のところもありますが、中、小規模のプロダクションに関しては歩合制のところが多いですね。

タレントにとって給料制のメリットは、旬やブレーク時期が過ぎてからも安定した収入を得られるところにあるわけですが、そもそも所属事務所自体の経営が安定していないと成り立たないシステムでもあるわけです。

芸能人を目指すようなタイプの人は一攫千金を狙ったり、『稼げるうちに稼いでおけ』という志向の人も多く、その点においても歩合制の方が業界内では一般的です」

となると、気になるのは歩合制の中身となるわけだが…。

「各芸能事務所によって歩合制の比率は異なり、タレントの取り分と会社側の取り分が半々くらいならかなり良心的な方じゃないでしょうか。

3対7や2対8なんてケースもざらです。『そんなに会社側に持っていかれるのか!』と思われるかもしれませんが、タレントを売り出すためには初期投資がかなりかかるし、デビューしたての頃はほとんどが会社側の持ち出しです。

しかもシビアな話、大半が売れずに消えていきます。そのぶんを一部のタレントが売れてから回収することになるわけですからね。

そうした背景もあり、ブレークしてすぐに所属事務所を移籍するようなタレントは、業界全体からも冷ややかな目で見られるというわけです」(前出のマネジャー)

こうした中、よく吉本興業所属のお笑い芸人がバラエティー番組で「ウチは給料が安い」や「若手の頃は給料よりも交通費の方が多かった」などとボヤいたり、ネタにする場面をよく目にする。

「確かに吉本さんはタレントのギャラの取り分が少ないことで有名です(笑)」(同マネジャー)という意見がある一方、バラエティー番組を手掛ける放送作家は給料面以外のメリットの大きさを強調する。

「吉本さんにはテレビの冠番組を持つ売れっ子芸人がたくさんいるので、実力があれば先輩芸人との繋がりで番組出演の機会も巡ってきますし、マスコミやクライアントにタレントを売り込む営業力もあり、露出や売れるチャンスがあるという意味では、タレントにとって大きなメリットがあると思います。

常設劇場や自社主催のイベントなどもあり、”仕事日照り”に陥りにくいという点も魅力でしょう。もちろん、そのぶん所属事務所内の競争も激しいですが、いくら人気があっても仕事がなければ何の意味もないですからね。

今の御時世、人気タレントといえども、黙っていても仕事が入って来るという時代ではないし、仮に一時的にそうなったとしても、”賞味期限”は短く旬なんてあっという間に過ぎてしまいますから。

それに、事務所への貢献度の高い一部の大御所クラスになると、歩合の比率も通常とは異なり言われているほど悪くないという話ですしね」

何だかんだと言いながらも吉本芸人に独立するケースが少ないのは、所属タレントがこうした給料面以外の部分に大きなメリットを感じている表れだろう。



芸能人 ギャラ 取り分



芸能評論家の三杉武氏は語る。

「昔は所属事務所の待遇に不満を抱いて独立したり、個人事務所を設立したりするタレントもかなりいましたが、そうした先人たちが思ったほど上手くいっていなかったり、テレビ不況の影響などもあり、最近は”独立騒動”も以前に比べるとだいぶ少なくなっています。

個人事務所を立ち上げながらも、結果的には業務提携という形で実質的には大手事務所にマネージメントを任せているケースも多いです」

一時の高給を取るか、はたまた安定性をとるか、芸能人にとっても悩みどころではあるが、一昔前に比べると安定志向の芸能人が増えているといったところか。

[引用/参照:http://thepage.jp/detail/20150413-00000008-wordleaf]

□ 小島瑠璃子先月は残高が数100円

今春からレギュラー番組が増えたことで、週6回生放送に出演予定と多忙を極める小島瑠璃子。

イベント後の取材で「収入が上がったのでは?」という質問に「(所属事務所の)ホリプロは給料制ですので、普通のOLさんくらいだと思って頂ければ(笑)。

先月マネージャーさんに借りたお金をまだ返していない。月末の生活が苦しくて」とお財布事情を告白。「先月は(残高が)残り何100円まで行ったので、今月はもっと堅実に暮らそうと思います」と売れっ子タレントらしからぬ決意を表明していた。

今年の「タレント番組出演本数ランキング」1位も予想されている小島だが、「(所属事務所の先輩である)石原さとみを越えたのでは?」との声には「ないですって! 足元にも及ばないです!」と大恐縮。「1番になりたいという欲はそんなにない。今年も与えられた仕事を頑張りたいです」と謙虚に語っていた。

[引用/参照:http://eiga.com/news/20150330/12/]

【関連動画】



小島瑠璃子「月末は厳しい」懐事情

【関連画像】

小島瑠璃子 水着グラビア
小島瑠璃子が週プレでアグネス・ラムの完コピに挑戦って!?即ハボな水着グラビア画像

【関連商品】



コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/04/14 6:44

    普通のOLさんはそれでやりくりしているのでは?金遣いの問題だと思うけど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事