OTHER

HEADLINE

稲垣吾郎がブラを嗅ぐ!?栗山千明の大胆な脱ぎっぷりが話題のエロ系深夜ドラマ『不機嫌な果実』の評判。

o20160509-1

林真理子原作の人気小説をドラマ化した『不機嫌な果実』(テレビ朝日)第1話が放送された4月29日夜、ネット上の男性視聴者の間では、主人公の人妻・麻也子を演じる栗山千明のセクシーなベッドシーン&シャワーシーンが大きな話題となった。

初回となったこの日は、極度のマザコン&潔癖症の夫・航一(稲垣吾郎)とセックスレスの状態になり、悶々とした日々を送る麻也子が、「女」として求められないその寂しさゆえに、かつての交際相手で妻帯者のエリート広告マン・野村(成宮寛貴)と、ついに一線を越えて不倫してしまうという展開が描かれていた。

その中で栗山は、野村との激しいベッドシーンはもとより、シャワーシーンでその美しいアラサーボディを惜しげもなく披露したり、深紅のランジェリーに身を包んで、夫・航一を挑発したり、なんともセクシーな姿を連発した。

そのため、この日の放送を観た男性視聴者からは

「くっそエロいwwww」
「心のセリフ多いからコミカルなのかと思うたらめっちゃエロくてビビッたw」
「マナミちゃんとこだけ見たら完全にアダルトだなw」
「石田ゆり子ちゃん版が好きだけど千明ちゃんもいいな」

といった声が巻き起こるこった。

最近では前田敦子主演の『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS)が、艶かしいシーンの連続で注目を集めているが、本作は、栗山のほかにも、冴えないながらも高収入で子煩悩な夫・遠山茂(六角精児)の妻でありながら、若い男と不倫に耽る人妻・玲子役の橋本マナミも、シャワーでビショ濡れになりつつのなんとも情熱的なラブシーンを好演するなど、セクシーな場面が相次いだ。

今後もこうした激しいラブシーンを含め、彼女たち”超・肉食系女子”たちが、どのような活躍を見せるのか、実に気になるところだ。

[引用/参照/全文:http://news.aol.jp/2016/05/01/fukigennakajitsu/ ]

稲垣吾郎がハマリ役
o20160509-3

放送枠が「金曜ナイトドラマ」ということもあり、エロティックかつスリリングな展開を見せた第1話。

「ちょっとデフォルメしたシーンとか、印象に残るようなカットとかセリフが多いと思うんですけど。すごく刺激的ですよね。夜11時台ですしね。結構やるとこまでやっちゃってる感じがする」

と稲垣自身が語るように、麻也子と野村のラブシーンはもちろん、麻也子の友人で若い男との不倫を楽しむ遠山玲子(橋本マナミ)の“ブドウを口移ししながらのラブシーン”や、玲子の夫・茂が隠れて玲子のブラジャーの匂いを嗅ぐシーンなど、振り切った演出が同作の特長となっている。

ネットでは「豪華な昼ドラを見ている気分」「ドロドロ不倫劇かと思いきや、コメディーっぽい部分もあってすごく楽しかった」「ドキドキする展開で面白いドラマだわ、来週も期待!」など、高評価が多い様子。

稲垣に関しても“ハマリ役”との声も多く、「吾郎さん本当に表情がいい」「存在感がちがう」「テレビ朝日は稲垣吾郎の正しい使い方を知っている」など、近年は一筋縄ではいかない役を演じている吾郎ならではの味が出ているようだ。

[引用/参照/全文:https://jmania.jp/201605/25676.html ]

バブル臭プンプン
o20160509-2

夜11時台の割に栗山千明、市原隼人、萬田久子、稲垣吾郎と豪華なキャスト。スマホが出てくるから時代背景は今なのに、「不機嫌な果実」の中身は80年代バブル期のにおいがスゴくする。

先週1回目は登場人物たちの住まいが豪華でバブルってるし、不倫してる女・されてる女が次々出てきた。

栗山の女友達はバーでワインを飲みながら、「稼ぎはいいし、何でも言いなりになってくれるし、こうやって遊び回れるのも旦那のおかげだしさぁ」なんて言っている。

栗山は昔の彼と再会して食事後、別れ際にキスしたが、「キスだけでこんなにドキドキするなんて! 唯一の不満は昔みたいにタクシーチケットをくれなかったことだ」なんて心の中で言う。

今の時代のサラリーマンが聞いたら、思わず「電車で帰れ!」と怒鳴りたくなるだろう。笑ってしまうバブリーなセリフの連発なのだ。

しかし、栗山の小悪魔的(これぞ80年代の死語!)なしぐさや目線は不倫したくなる魅力満点。

栗山は以前から年上の男性層から人気が高い。あの手の目力のある若い女と付き合いたい中年は多いらしい。その点で、栗山を主役に据えたところだけは評価できそうだ。

視聴率は時間帯の割には8%超えとスタートはまずまず。女性視点のドラマにもかかわらず、金曜夜に夜更かしのサラリーマンがたくさん見そうだ(栗山のカラミシーンもあるしね)。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/180896 ]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事