OTHER

HEADLINE

川越シェフがテレビから消えた理由を「渋谷流血事件」と告白も根強い「あの発言」説

o20160518-1

5月12日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に川越達也シェフ(43)が出演。ここ半年、テレビから姿を消していた事情を語った。

一時はあちこちのバラエティ番組に出演していた川越シェフだが、それはある事件が理由だった。

本人が語るには、後輩から渋谷のカフェで飲んでいるから来て欲しいと連絡をもらって訪れ、10分ほど過ごした後に「かっこつけて、全部(自分が)お支払いして」帰ろうと歩き出したところ、ガラスのドアに気づかず思い切り顔面を強打してしまった。

その結果、16針も縫うほどの大怪我を負って顔は大きく腫れてしまい、それがひくまで数か月もかかったという。川越シェフは、外出もしづらい状態になり、結果的にテレビ出演も控えざるを得なかったという。

o20160518-4

なんとも悲惨な出来事ではあったが、川越シェフはテレビ出演が減ったのは「イケメンシェフじゃないことがバレてきたこともある」と冗談を飛ばし、スタジオを笑いの渦に包んでいた。

「店で出す水の値段に対する対応で炎上したこともある川越シェフですが、お店自体は好調のようですね。

一時期はテレビから姿を消したために『干されたんじゃないか』などの噂が飛びましたが、もともとシェフですから、出演していなくても不思議ではないでしょう。

年齢的にもイケメンと呼ばれて喜ぶトシじゃありませんし、これからはタレント活動よりシェフ業に力を入れていくんじゃないでしょうか」(民放局関係者)――もうイケメンは卒業!?

[引用/参照/全文:http://taishu.jp/22165.php]

消えたのは「あの発言」のせい

川越は13年に自身が経営する「タツヤ・カワゴエ」に訪れた客の1人から、大手クチコミサイト「食べログ」に「注文していないのに水代として800円取られた」とレビュー投稿されている。

o20160518-3

これに対し、「年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはずで、『タツヤ・カワゴエ』が初めて行く“お水にお金がかかるような高級店”だった。

そんな人たちが書き込んでいるレビューは当てにならないしくだらない」と反論したことで、批判を浴びていた。

テレビ制作会社スタッフが言う。

「この川越の発言に対して『差別発言』『上から目線すぎる』と非難が集中したため、テレビから姿を消していたのであって、決して大ゲカのせいではありません。今回のテレビ復帰に関しても大ケガを心配する声はほぼ皆無です」

川越は本業だけに精を出したほうがよさそうだ。

[引用/参照/全文:http://asajo.jp/excerpt/9466]

ネットの反応

・アクア800事件を無かった事にしたいのか
・もう需要がないだけ
・コラ素材としても飽きたわ
・バチが当たったんだな、きっと。
・カラオケボックスの料理担当がシェフ面してんじゃねーよ
・ホスト時代に三段腹の在チョンババア客のマンカスを舐め取っていた
・庶民の味方アピールをしておいて、水に800円も払えない貧乏人はウチに来るなと言って批判を喰らいまくったから逃げたんでしょw
・水が800円なこと自体は別に問題じゃない 有料のメニューを勝手に持ってきて請求するのがアウト
・今は古市憲寿と改名して頑張っている

o20160518-2

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/05/26 13:24

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事