OTHER

HEADLINE

『ガキ使』フリートーク復活もファンからは大不評!?復活を受諾した舞台裏とは…

4月2日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の視聴率が、7.1%だったことがわかった。同番組は今回、8年ぶりにフリートークコーナーを復活させたという。

「『ガキ使』は元々、前半が企画コーナー、後半がトークコーナーと2部構成でしたが、約8年前からトークがなくなっていました。

それが今回、久々にダウンタウンが2人だけでトークするとあって、放送前から話題となり、視聴者の注目を集めました。視聴率も、前回3月26日の6.9%からアップしています」(テレビ誌記者)

放送では2人がお揃いのスーツを着て登場し、多くの観客が見守る中で久しぶりのトークを繰り広げた。

しかし放送中、視聴者からは辛辣な声が飛び交っていたという。

「この春から番組は、一部のスタッフを入れ替えて、大幅なリニューアルを行いました。そのため、これまでのカラフルな背景セットや、音楽ユニット『コールドカット』によるOPとEDの定番ジングルも廃止。

Coldcut Stop This Crazy Thing Album Ver )

セットはシャンデリアのある高級なものとなり、OPはスタイリッシュな映像に変更されました。

またトーク中は、“ここで笑ってください”と言わんばかりに、ダウンタウンの言葉にテロップがつけられるなど様々な変更があったことで、視聴者からは

『テロップがトークをぶち壊してる』

『リニューアルなんてしなくていい!』

『あのOPとEDの曲が好きだったのに!』

と出演者よりも、スタッフの演出に批判が集まる事態となったのです」(前出・テレビ誌記者)

放送28年目にして大幅なリニューアルに踏み切った「ガキ使」。しかし人気番組でファンも多いだけに、その変更を受け入れられない視聴者も多かったようだ。

[via:アサ芸プラス]
http://www.asagei.com/excerpt/78453

トーク復活を受諾した舞台裏

28年目に突入した人気番組にいったい何が起きているのか。

「2人のトークコーナーをやめたのは、当時、松本人志に娘さんが生まれ、娘や家族のことを聞かれるのが嫌だったため、というのが定説です。

その娘も8歳になり、そろそろ話題にしても差し支えないという判断があったのかもしれません。現に今回の放送では、娘から『35引く17』を聞かれ困ったエピソードで笑いをとっています」(テレビ誌記者)

しかし松本は以前、「ワイドナショー」(フジテレビ系)の中で、「今やったとしても、前ほど面白ないよ。衰えてるもん。それでもいいならやるし」と復活に消極的な姿勢を見せていた。

それを復活させたのには別のところに理由があるという。業界関係者が語る。

「2人は今や芸歴35年の大御所。最近は松本の『ワイドナショー』や『クレイジージャーニー』(TBS系)、浜田雅功の『プレバト!!』(TBS系)など、それぞれピンの番組は視聴率も安定していますが、肝心の冠番組の視聴率がイマイチと言われています。

その中でも『ガキ使』の視聴率が一番低い。これまでリリースしたDVDが300万枚売れているキラーコンテンツだけにやめるわけにはいきません。

そこで、人気の高かった2人のフリートークを復活させたという話です。ちょうど『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー『本気ではしご酒』でトークする機会も増え、復活するなら今、という判断が働いたのかもしれませんね」

いずれにせよ、コンビ結成35年の大御所だけに始めたからには、そう簡単に止めるわけにはいかないだろう。果たして、トークコーナーの復活は吉と出るか凶と出るか。

[via:アサ芸プラス]
http://www.asagei.com/excerpt/78544

視聴率上昇7・1%

ダウンタウンが8年ぶりにフリートークコーナーを復活させた2日の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日曜、後11・25)の平均世帯視聴率が7・1%だったことが3日、明らかになった。

前回3月26日の6・9%から上昇し、過去4週平均の6・9%も上回った。

[via:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/03/0010062391.shtml]

芸人たちから悲鳴

芸人たちも注目していたようで、品川庄司の品川祐はツイッターで

「ガキの使いやあらへんで やっぱりダウンタウンさん面白くてかっこいいなぁ~」

と感想をつづり、同番組レギュラーの月亭方正も

「フリートーク さすがやなぁゴリラからの流れ~ 顔がほころぶー」

とツイートした。

その一方で、圧倒的なトークを繰り広げる先輩芸人に、陣内智則は

「ガキのダウンタウンさんの二人だけのトーク。。 やっぱり圧倒的過ぎる。。 中学生の時に受けた衝撃がよみがえる。。 あの時の気持ちのまま普通に笑わされる。。くそっ!見た目の老いはあるけど、この人らいつまでオモロイねん!」

と悲鳴。雨上がり決死隊の宮迫博之も

「尊敬する大好きな先輩達がオモロ過ぎるな~~。 もぉ辞めよっかな~~」

とつづった。

[via:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1802102.html]

ネットの反応

・しかし、面白くなかった
・全盛期はこの10倍面白かったからな
・俺はこの路線を支持する
・老いを逆手に取ってメインテーマにしてたのが面白かった
・緩い感じがいいのに変に張り切り過ぎ
・あのセットは嫌だなぁ
・テロップはマジでいらない
・トークしてた頃のガキのビデオが山ほど押し入れに眠ってる
・いくら芸人界の大御所だって日頃からライブやってないとだめだってことは二人が一番分かってんだろにね。
・毎週やったらまた話すネタがなくなってつまらなくなっていくだろうね
・これから回を重ねてじわじわ面白くなっていけばいい 
・全盛期は前半企画、後半トークだからな 30分番組とは思えない濃密っぷり
・つまらないにしてもフリートークは続けるべきだったなあ・・・8年のブランクはでかい
・制作費が使えないならこういう芸人の本当の腕が試されるような番組が増えてもいいのに
・やっぱりこのセットだろ。

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/04/06 19:13

    それよりもビートたけしの事をどこのマスコミも批判しないのがおかしい。
    肺活量が無いから声が小さく、口が開かない為に滑舌も悪く、とにかく何を言ってるのか分からん。
    本人だけが笑っているクソさぶい状況。
    老いという全盛期から衰えた事を言うなら順番としてビートたけしこそ真っ先に問題にされるべきだ。

  2. 1
    名無しさん 2017/04/06 18:59

    絶頂期を知ってる世代はどうしても相対的に比較してしまうものだ。
    ただ、それを比較して絶頂期ほどのレベルではないとして今のフリートークを否定的に排除する必要はない。絶頂期ではないからってフリートークをしてはいけないとはならない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事