OTHER

HEADLINE

有働アナNHK電撃退職で争奪戦勃発も…実はフライング報道していたマル秘内部事情

NHKの有働由美子アナウンサー(49)が3月31日付で同局を退局したことが3日、分かった。退局前日の30日に、8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を卒業したばかりだった。

今後はジャーナリストとして活動していくという。「NHKの顔」である有働アナの電撃退局は大きな波紋を呼びそうだ。

有働アナはこの日夜、同局を通じてコメントを発表。

「27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりました」

と前置きした上で

「以前から抱いていた海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をしました」

と退局理由を説明した。さらに「今後、ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」と決意を示した。

NHKは「独自の存在感でこれまで貢献していただき、感謝しています。今後も活躍されることを願っています」とした。

同局がアナウンサーの退局に際してコメントを出すのは異例。有働アナの功績の大きさを改めて示す格好になった。

今後の所属先は決まっていないとみられ、退局発表と同時に芸能プロダクションやテレビ局は争奪戦の火ぶたを切った。

私生活では5歳下の実業家と交際中だが、周囲は「結婚を前提にした退局ではないようです」としている。

有働アナは「あさイチ」を3月30日の放送をもって卒業したばかり。その翌日付での退局となった。

番組で退局に触れなかったことについては「新たなスタートを切る“あさイチ”の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れましたことをお許しください」と陳謝している。

同局関係者によると、以前から周囲に「辞めようと思っている」と相談。昨年末で退局するという話を聞いた同僚もいた。

関係者は「有働アナはニュース番組から紅白の司会まで、アナウンサーとしての仕事をやり尽くした。新しい世界に飛び出したくなったのでしょう」としている。

すでに収録が終わっているBSプレミアム「100年インタビュー」(5月12日放送)などは予定通り放送される。

有働 由美子
(うどう・ゆみこ)
1969年(昭44)3月22日生まれ、大阪府出身の49歳。神戸女学院大を卒業後、91年にNHK入局。98年長野五輪から04年アテネ五輪まで4大会連続で同局の五輪キャスターを担当。
14年に初の著書「ウドウロク」を発売。趣味はゴルフ。中学から始めた剣道は2段の腕前で講演会を行ったこともある。血液型O。

[via:スポニチアネックス]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000064-spnannex-ent

結婚より管理職より現場

電撃的な退職となったが、同局関係者によると、退社の主な理由は「あさイチ」卒業が直接の理由ではなく現場への強いこだわりだという。

「あさイチ」卒業後は、管理職としてのデスクワークや不定期の大型特別番組への起用が予想されていた。有働アナは、常に現場で仕事をしていないと気が済まないタイプ。レギュラー番組がない状態は、陽気で明るく、元気な有働アナが、自分らしさを失ってしまうと指摘する。

また、07~10年までアメリカ総局に勤務した経験から、番組を仕切る仕事だけではなく、ジャーナリストとして海外における取材活動をすることにも強い関心があったという。

好きな現場の仕事が今後はこれまでのようには望めない。そんな将来を鑑みつつ一方で、27年間勤め、自身を育て成長させてくれたNHKへの恩と愛着もある中、悩んだ末に昨年末までに退職の決意をしたようだ。

今年1月中旬に、退職の意向を同局に伝え、円満退社となったという。

一方、一部で交際が報じられた5歳年下の実業家との結婚の予定はないという。有働アナをめぐっては、アメリカに赴任する前も複数の芸能関係者が獲得に動いていた。

NHKを退社したことで、今後は芸能事務所からのオファー殺到も考えられ、争奪戦が繰り広げられる可能性が高い。別の局関係者はどこかに再就職するのかは未定とした。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804040000062.html

デイリー新潮がフライング!?

人気アナだけに世間にも衝撃が広まる中、「彼女の報道をめぐり、マスコミ間では揉め事が起きていた」(スポーツ紙記者)という。

「V6・井ノ原快彦とともに司会を務めていた情報バラエティ『あさイチ』を卒業した翌31日には、有働アナが局からも去っていたとあって、ネット上には驚きの声が続出しています。

実は、マスコミによる退社発表は4月4日に一斉に行うことになっていたのですが、前日の3日、あるメディアが情報解禁日時を破る“飛び降り”をしでかしてしまいました」(同)

『あさイチ』卒業報道時から、有働アナの今後には注目が集まっていたとあって、退社情報は極めて重要だったはず。それをフライングで漏らしてしまったのは……。

「“ヤラカシ”をしたのは新潮社のウェブサイト『デイリー新潮』です。NHKサイドから情報提供があり、4日朝の一斉解禁という話で決まっていたのに、なぜか『デイリー新潮』が3日夜に“飛び降り”たんですよ。

先走りで配信された内容は、当然多くのネットユーザーの目に触れることに。記事はすぐに削除されたものの、SNS上では消されたページのURLが拡散され続けました」(同)

削除された記事には「今回の退社報道にはびっくりした人も多いだろう」という記述もあり、本来なら他社と発表の足並みを揃えるはずだったことがうかがえる。

その後、「デイリー新潮」の“犯行”から少し遅れて、スポーツ紙の各サイトも有働アナ退社に関する、ほぼ同内容の記事を配信した。

「『デイリー新潮』の記事には、今月末発売の有働著書『ウドウロク』(新潮社)の宣伝も入っていただけに、“なぜすっぱ抜いたのか”また“なぜすぐ削除したのか”、意味不明です。

同サイトは過去にもスポーツ紙を丸パクリして、関係者から苦言を呈されるなど、週刊誌のウェブ版の中でもトラブルが多い印象です」(同)

本のおかげで有働アナの情報がいち早く手に入る、という状況なのであれば、同社の「週刊新潮」などによる独自報道にも生かせるはずなのに、これでは有働本人からの信頼もなくしてしまいそうだ。

[via:http://www.cyzowoman.com/2018/04/post_179232_1.html]

ネットの反応

・ニュース番組のキャスターになるんだろうな
・テレ朝が一番欲しいだろ
・報道ステーションで使えばいいじゃん
・とりあえず脇汗パッドのCMオファーがくるだろ
・有働由美子「小林製薬のワキ汗キエール!」
・まあ単純に今の仕事に飽きたんだろうw
・少し時間を空けてからTBSかな 草野満代のパターンで
・ちゃんと番組も回せるしオファーは絶対に来る 億はいくな
・久々の大物アナの退局だな
・安藤優子の交換パーツ
・フジが獲るよ 麻呂の代わりに 7月からキャスター
・あさイチ辞めさせられたからNHK辞めたるんか
 NHK辞める為にあさイチも辞めたんかどっちなん
・争奪戦ってこれから事務所決めるん?すごい売り手市場だな
・フリーになっても仕事は引く手数多だろうし余裕を感じるな
・夏目の後釜かステーション司会
・MUTEKIデビューくる?ワキあせだけじゃないの♡

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/04/05 1:59

    有働 由美子
    決別のヌード写真集発売!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事