OTHER

HEADLINE

全盛期のインリンをしつこく口説いていたワッキー「会うたびに寄ってきた」と暴露されるw

お笑いコンビ・ペナルティのワッキーが、過去に元グラドルのインリン・オブ・ジョイトイをしつこく口説いていたと暴露され、ネットには半ば呆れた声が上がっている。

コトの発端は、AbemaTVで4月13日に放送された「エゴサーチTV」でインリンが暴露した「芸人W」からの執拗な口説きアプローチである。

ネット上での検索結果から、この“芸人W”がワッキーであると確信した番組MCのキングコング西野亮廣は、インリンに「ワッキーさんでしょ?」と詰め寄ると、本人もあっさりと“事実です”と認め、真犯人が判明。

くりぃむしちゅーの有田哲平など、かつてバラエティー界を席巻していたインリンに魅了された芸人は数多いがワッキーの場合は、いささか事情が違うようだ。

「ワッキーは“女性であれば誰でもいい”という広大なストライクゾーンを掲げていることで有名。この手の暴露話は決して初めての出来事ではありません。

過去にも、とある女芸人がワッキーから『誰でも良いから楽屋にいる女芸人の連絡先聞いてこい』と命令されたと明かしており、元極楽とんぼの山本圭壱率いる“軍団山本”の一員としてもかなり遊んでいたというのがもっぱらの噂です。

まぁプライベートで親しくしていたのが田村淳や庄司智春、次長課長の河本というメンツですから、察しがつくでしょう」(テレビ誌ライター)

“毛深いオトコは性的欲求が強い”という定説を地で行くワッキー。家庭を持っていることも鑑みれば、いつか取り返しのつかない事態を起こさなければいいのだが、と心配せざるをえない。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/102684

インリン「M字開脚しんどかった」

活動休止期間に結婚をし、3人の子供のママとなったインリンについて早速インターネットで調べていくと、当時大ヒットとなった写真集の話題に。

写真集を手に取った西野は「思い出した。こんなこと言うとアレですけど、完全にオカズにさせていただきました」と語りスタジオの笑いを誘った。

現在は、台湾で子育て中心の生活しているインリンに、西野が「グラビアはもうやらないんですか?」と質問すると、インリンは「興味はある。過去とは環境も違うし、今はヨガもやっていて。当時の私はすごく(体が)硬かったから」と答え、「股関節もすごく硬くて。いつもつりながら(M字開脚を)やっていて、しんどかった」と、当時話題となったM字開脚について言及した。

さらに、インリンは「正直、(グラビア復帰は)すごくやりたい。けど、私の周りは日本人のママ友しかいない。何かあればすぐにチェックされるから恥ずかしくて会えない」と、グラビア復帰への思いも明かした。

当時の恋愛事情を聞かれたインリンは、「恋愛禁止ではなかった。インリン・オブ・ジョイトイになってから10年位、誰とも付き合っていない」と答え、「興味はあったけど、ワッキーさん以外に電話番号も聞かれなかった」という意外な事実を語った。

[via:まぐまぐニュース]
http://www.mag2.com/p/news/356822

ネットの反応

・いい女だなー。綺麗。
・えっ、全然変わってないね!むしろ綺麗になったね ビックリ
・インリンやビビアンスー 歳とっても可愛さ残してるとこは偉いと思う
・香港や台湾系って年取っても見た目若いのが多いな
 >アグネス「照れるわ」
・意外性が無さすぎて驚かないな
・あの頃の脇田は発情期の犬みたいだったもんな。
 見境なくテレビでもセクハラしてたからな。
・まあ言えるレベルがワッキーって事なんだろう
・ワッキーってスポーツマンのイメージで隠してるけど あの顔はどう見ても変態だよな
・ワッキーも全然見なくなったな。結婚が最後の花火だったか
・インリン ワッキー ってw 誰も興味ないでしょ
・掟ポルシェがイベントでインリンが登場する前の煽りで「これから登場するのはそんじょそこらのオマンコじゃない!おまえらが普段は見れない超1級のオマンコだぁ~」と叫んだらイベント出演を拒否し掟ポルシェに土下座させたインリンw
・この人無臭マンコ晒してたよな。
・久しぶりにM字開脚見たいな

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/04/21 9:50

    親日家が多い事で知られる台湾。
    だが例外も居る。反日思想の台湾人も少なくはない。

    安倍首相が嫌いでブログで激しく歴史観や外交姿勢を批判したり、日本の保守勢力を嫌って右派・保守思想の言論機関であるフジテレビに一時期は出演しなかった。
    逆に左派メディアであるテレビ朝日のバラエティー番組にはレギュラー出演する(記事中のAbemaTVもテレビ朝日と提携関係にある)など、分かりやすい左翼思想の持ち主。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事