OTHER

HEADLINE

宇垣美里アナ 退社前夜の不協和音 闇キャラ開花も…TBS重役が激怒で飼い殺し!?出禁の可能性も

闇キャラ宇垣の腹黒伝説

「宇垣、辞っめま~す!」

レギュラー出演するラジオ番組で5日、今年3月31日での退社を自身の口から発表した宇垣美里アナ(27=TBS)。4月からは大手芸能事務所「オスカープロモーション」に所属するという。

2014年入社。学生時代は「ミスキャンパス同志社」グランプリに輝いた才媛。アイドル顔のルックスに、グラドルのようなスタイル。女子アナ評論家の松本京也氏はこう語る。

「入社当時は大いに期待しました。TBSのみならず、女子アナ界に新風を起こす逸材ではないかと。しかし、入社早々の5月、まだ研修中にもかかわらず他局の同期アナとの交際が週刊誌で報じられ出足が遅れた。


宇垣美里アナ(TBS)と草薙和輝アナ(テレビ朝日)[FLASH 2014年5月27日号]

その後、『ひるおび!』『あさチャン!』『炎の体育会TV』などに出演しましたが、報道か、バラエティーか、スポーツか、女子アナとしての仕事のイメージが定着しないまま退職することになりました」

確かに同期の皆川玲奈アナが報道路線に定着しているのとは対象的に、アナウンサーとしてはいまひとつパッとせず、人気はあるものの軸が定まらない印象はあった。テレビ関係者がこう話す。

「プライドが高くて気が強く、周囲と衝突することも多いので、扱いづらい。

Hey!Say!JUMPの伊野尾慧との交際報道もあったし、昨年3月に『あさチャン!』を降板させられた時は、プロデューサーに向かって“何でですか!”と紙コップを投げつけて食ってかかったと報じられました。

また、重要な会議の欠席連絡をLINEでして、お局アナに激怒されたという話もあります」

局内では治外法

出演番組が激減し、実質的に干されていた宇垣を同局の「サンデー・ジャポン」は「闇深いキャラ」としてイジりまくり、当人も吹っ切れたかのようにセーラームーンなどのコスプレ姿で登場。

フリー転身報道の直前に収録された「有田哲平の夢なら醒めないで」(5日放送)では、そうした「闇キャラ」を全開に。いわく、

「私らしくやっていたら勝手に世間の評価がついてきた」

「収録後の反省会で上司に叱られている時は『マイメロ』になりきって“よくわかんないな、イチゴ食べたいでーす”などと脳内で考えてやり過ごす」

などのエピソードを披露。さらに同番組では雑誌連載やコスプレ、グラビアなどで活躍していた彼女が、「宇垣、もう終わったな」と社内で囁かれていたことも自ら暴露。

「私は治外法権だった」と本人が言うとおり、アナウンス室では浮いた存在だったようだ。しかしながら、会社員が性に合わず、フリーに転身しても成功できるかどうかは別問題。

「局内でイジメがあったかどうかは分かりません。ただキャラが立っているのでタレントとしての人気は出るでしょう。しかしそれも一過性なもので終わる可能性は否めません。

“フリーアナ転身”と、単なる“タレント転身”とは違う。彼女は後者で、キャスターや司会として活躍していくとは考えにくい」(前出の松本氏)

TBS時代は、「可愛い顔して腹黒いので、“腹黒タヌキ”とか“レッサーパンダ”と陰で呼ばれていた」(TBS社員)という宇垣。頭に葉っぱをのせても世間はそうそう化かされないぞ。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/247103

社内では「したたかな奴」

宇垣アナは、「皆さんにお伝えできてなくて心苦しかったのですが、ようやく各所調整がつきまして、3月31日、3月末をもちましてTBSテレビを退社いたしまして、ちょっとパタパタと飛び立ってみようかなと思っております」と報告。

週刊誌などの報道で、「社内に居場所がない」と報じられている宇垣アナ。

その件に触れ、「そんなことないぞと。私は意外とこの会社で愛されていて、辞めると決めてから『どうしようかな』と思うし」と会社への想いをアピール。

「のびのび感はすごかったです。“治外法権”って言われてましたから」と自身の立場を明かして笑わせた。

「退社のみならず、新しい所属先の報道も出てしまったため、社内では『ずいぶんしたたかな奴』と冷ややかな目で見られています。本人は否定しましたが、居場所はありません」(TBS関係者)

発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、報道が先行したため、独立を快く思っていない幹部も多いのだとか。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/247103

退社まで飼い殺し状態!?

昨年の暮れ、「日刊スポーツ」が報じた宇垣アナの退社報道後も、彼女はだんまりを決め込んできた。今後も含めて彼女の口から直接、視聴者に説明されることが期待されてきたのだが、なぜか年が明けても沈黙を守っていたのだ。

「社内でも、突然のフリー宣言を報道で知ったという人間が多いんです」

とは、さるTBS関係者。

そのため、宇垣アナを巡ってはこんな軋轢が生じていたと続ける。

「彼女は少し不器用なところがあって、事前の社内への根回しが十分じゃなかった。報道が先行したこともあり、独立を快く思っていない幹部も多いんです。

その筆頭が編成担当の重役で、2月10日放送の『サンデージャポン』が、局アナとして実質的に最後のテレビ出演となります。

本当は2月上旬に別の番組の収録も決まっており、本人もやる気になっていたのですが、その重役の横やりで出演が潰れてしまったそうなんです。もう宇垣を使うなという上層部の“指示”が、現場に下りているとか」

退社後はTBS出禁!?

同じく4年前、フリーになった田中みな実アナの場合、上層部への報告も含めた“円満退社”で、独立直後もTBSの番組に出演できた結果、フリーとしての足場を築けたのだ。

別のTBS関係者が言う。

「宇垣アナが所属するアナウンスセンターでは、1月下旬に安住紳一郎アナが中心となって送別会も済ませて貰ってはいるものの、局のキャスティングを握るお偉いさんたちとの関係が悪化したままでは、この先が思いやられます……」《中略》

芸能担当記者によれば、

「転機となったのは昨年3月に『週刊文春』が報じたジャニーズタレントとの熱愛報道で、レギュラーだった情報番組『あさチャン!』を降板したことでしょう。

その人気とは裏腹に、局としても扱いづらいアナとなっていたのは事実ですね。同期の皆川玲奈アナは『NEWS23』など硬派の報道番組に出演している一方、宇垣アナのテレビ露出は減るばかり。

外からの取材依頼はTBS一と自負してきた彼女のプライドは傷つき、もはやフリー転身は時間の問題と囁かれていました」

で、事の真相をTBS広報部に尋ねてみたところ、

「2月10日の放送が最後の出演という事実はなく、ご質問にある“指示”についても事実ではありません」

渡り鳥となった彼女が古巣で過ごす時間はあとわずか。果たして重役がご機嫌を直し、立つ鳥跡を濁さずといきますやら。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/02100557/

ネットの反応

・もう有給消化状態じゃないの?
・さすがTBSらしいケツの穴の小さい話だ
・たった5年で辞められちゃ困るわな
・大なり小なり辞職届出してから実際に辞めるまでの日々は誰でも気まずいもんだろ
・事前に調整してから公表したに決まってんだろアホか
・飼い殺しってなに?年収1000万円超えるような給料払ってんだろうに
 >少なくても退職が決まってる人間に対して使う言葉じゃないな
・辞めるのがわかってる人間をタレント状態で使うTV局が使う理由がない
・重役をクビにしたほうが局のためじゃね?
・グラビア界での活躍を期待しています
・まずは水着から始めようか
・こりゃ、もう、脱ぐしかないよな(´・ω・`)
・田中みな実も手ブラヌードしたし、宇垣もいずれ脱ぐだろう
・ホリプロなら脊山コースなのに
・TBSなんか辞めて正解
・フリーアナで一番重要であろう、好感度が皆無なのが危ない
・コーヒー投げつけるとか素行不良そうなトコ嫌いじゃないw
・不器用そうなところも好感だが、幸薄そうな感じが気になる
・安住が取り持って送別会開いてくれるのまでなんで情報筒抜けなのか
・可愛いんやし腹黒さとかむしろプラスなんだよなぁ
・ずっと病みキャラだと思ってた。闇違いか。
・笑うと鬼奴
・この人顔面性器って言われてるのみてなるほどって思った
 >顔面性器www うまい表現するな 顔見るとムラっとくる
・田中みな実と宇垣美里と子作り3Pしたい
 >みな実は尻の穴まで舐めてくれそうだけど、宇垣はピンヒールでケツ穴グリグリしそうだから却下

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/02/17 12:14

    なんか残念

  2. 1
    名無しさん 2019/02/14 8:24

    田中みな実はなんだかんだで結構したたかだったが、コイツは単に先々が読めない一過性キャラな気がする。
    辞めても男への売込みだけでなんとかしようとするだろうけれど、オスカーだからなぁ〜
    抱き合わせキャスティングに耐えられるか?だよね。
    グラビアやったって一部のファンだけが高評価。
    結局は何をやっても田中越えは難しいよね。
    いきなりフルヌードなんてオスカーでは考えられないし•••
    怪しいITに捕まって転落人生な気がする

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事