OTHER

HEADLINE

爆乳DJ SODAさん屈辱的と激怒 「F*ckYou」レギンスで搭乗拒否 皆が見ている前で脱ぐ羽目に


DJ SODA US Tours

DJ SODAがアメリカン航空のボイコットを宣言した。

26日、自身のInstagramを通じて、前日にアメリカン航空を利用した時に経験したことを伝えた。彼女は「昨日ニューヨークで公演を終えてロサンゼルス行きの飛行機に乗ったが、出発直前に突然追い出された」と長文の書き込みを投稿した。

問題は、DJ SODAが着ていたレギンスにプリントされた言葉が原因で起きた。彼女が公開した写真の中には「FUCK YOU」という悪口が書かれたレギンスと、職員ともみ合っている現場での姿が収められていた。

DJ SODAは

「アメリカのブランドからプレゼントされたこのレギンスを履き、これまで数ヶ月間のアメリカツアーで、何の問題もなく飛行機に乗れていた。

ビジネスクラスに座って出発直前にウェルカムドリンクも飲んでいたが、突然ある男性職員が来て、理由も言わずにいきなり荷物を全部持って出ていけと言われた」

と説明した。さらに

「私のボトムスを『不快だ』と言って、他の飛行機に乗れと言った」とし、「私はロサンゼルスで重要な打ち合わせがあるのでこの飛行機に必ず乗らなければならないと説得したが、断られた」と伝えた。

この飛行機に乗る必要があったDJ SODAは、別のボトムスを着ると言ったが、断られたという。最終的に彼女は「切実な気持ちで皆が見ている飛行機の入り口でボトムスを脱ぐしかなかった」と伝えた。

彼女は「私がボトムスを脱いで何も履いていない状態だったにもかかわらず、彼らは私に『飛行機に乗る前に脱いだ方がよかったんじゃないか』と皮肉って、すでに私のボトムスのせいで不快になったので私をこの飛行機に乗せることはできないとし、他の飛行機に乗れと言い続けた」と付け加えた。

その後、「私のスタッフたちの努力の末、ボトムスを裏返しに着た状態で飛行機に再び乗ることができた」とし、

「皆が見ている飛行機の入り口でボトムスを脱いだことも、脱いだまま飛行機に乗せてほしいとお願いしていたことも、本当に屈辱的だった」

「飛行機に乗ってLAに向かう間、飛行機の中にいる全ての人たちが恐かった。フライトの間、不安に震えながらようやく到着した」と明かした。

また「個人の自由を尊重する国であるアメリカでこのようなことが起きたことが信じられない」と批判した。

そして「二度と誰にもこのようなことが起きてはならないと考え、今後アメリカン航空をボイコットする」と付け加えた。

[via:Kstyle]
https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2191726

人種差別?ネット上で賛否

このDJ SODAの話にインターネットユーザーたちの意見は分かれた。

「ズボンの文句に拒否感を感じる」

「アメリカでも露出が多いとか暴言が書かれた服は拒否される場合がある」

という意見が出る一方、大多数のネットユーザーは

「降りろと言うほどではない」

「ズボンが問題なら着替える場所を用意するべきだ」

「服装の制裁は理解できるが、過程は人種差別だ」

という反応を見せ、航空会社側を非難した。

[via:wowKorea]
https://www.wowkorea.jp/news/enter/2022/0427/10345439.html

ネットでは「当然だ」の声も

この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「マニュアル通りの対応だったのでは?もし韓国語で悪口が書かれていたら本当に不快だ。表現の自由にも限度がある」

「逆の立場で考えてみなよ。追い出されて当然」

「何カ月もの間ずっとそのズボンを着ていたということが驚き」

「いくら自由の国でも、他人への配慮は必要だ」

「悪口の書かれたズボンを履くこと=自由、と感じているの?同じ韓国人であることが恥ずかしい」

など、アメリカン航空側の対応に理解を示す声が多数寄せられている。

[via:Record Korea]
https://www.recordchina.co.jp/b893339-s39-c30-d0191.html

【Amazon】

中指を立てたシュールな猫”のアイコンで知られるロサンゼルス発のスケートブランド「リップンディップ(RIPNDIP)」
「Fuck you Fuckin Fuck」の文字をオールオーバープリントでデザインしたアイテム


ネットの反応

・公序良俗に反する服装、の判断でしょう。
・最近のディズニー・ワールドでは露出が多い服装を咎められる
・飛行機の中でドレスコードあったなんて知らなかった
・まー見た目と人種も含めやられた感はあるかな。
・アジア人がセクシーさを全面に出して世界で勝負すると飛行機の中でストリップさせられるのか…屈辱すぎるだろ
・DJ SODAエロすぎるだろ
・あなたが白人なら何も注意されなかっただろうねとかリプ欄で煽られまくってて…
・RIPN着てたDJ SODAの話、まじFU※※🖕過ぎる〜同じパンツ買おうかな〜
・このデザインを着たハリウッドスターがいたら同じ行動できるのかって話。
・正直、他国の感覚っていうのは分からないからなー。
・英語圏にとっての「F***」のような破壊力のあるワードと、同じレベルの日本語には思いつかないから、分かりにくい話ではある。
・日本人の感覚だとマ○コって書いてあるレギンス履いてるような感じ?
・JALやANAだって困惑するっしょ
・この人有名なの?
・アメリカって、こういう事が結構あったりするのかな?
・Fワード羅列のレギンスで搭乗拒否ってそんなもん履いてる奴が悪いに決まってるだろ。
・アジア人差別と言いたいようだけど、相手を罵る言葉を伏字もなしで書きまくったレギンス履いて公共の場に出れば、誰でも嫌な思いをするだろう。
・アジア人のイメージを落とすのはやめてくれ
・「F***YOU」という悪口が書かれたレギンスっていう時点で駄目でしょ。韓国語で卑猥な言葉がプリントされた服を着て、人前で歩けますか?
・大韓航空に「씨발(シバル)」と書かれたレギンスを履いてご搭乗ください。
・国内であればファッションとして通用しても、他の国では通用しない事も普通にあるだろう
・米国の航空会社のスタッフは元々高圧的なのだけど、同時多発テロ以降、国家権力者的な立ち振る舞いをする事が目立つようになった印象はある。
・パイロットには大きな権限が与えられており、搭乗拒否も可能。
・これは入国審査でも同様。正規ビザ取得でも、米国では管理官独断で入国拒否可能。「怪しい」と思われれば終わり。
・乗客の安全を守る事が最優先だから、ある程度強権的になるは仕方ないれど、服装が「不快」という理由で搭乗拒否という根拠が曖昧なのはどうかと思う。
・機内に入るまでに手荷物検査や入管検査を行なっている訳で、仮に服装が問題なのであればその段階で指摘すべき。
・アメリカ人からしてみたら喧嘩売られている訳だし当然では?
>個人の自由を尊重する国
・白人の自由だけが尊重されてきた国だが
・個人の自由を尊重する国って言うけど、何でも許容する国でしょってことではない。
・航空会社からの、この対応に関しての正式なコメントが聞きたいですね。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2022/04/29 5:02

    お◯こしたひ (*´Д`*)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事