SCANDAL

HEADLINE

小出恵介 許されざる淫行レイプ 広瀬すず似の女子高生(17)と中出し5回戦「狩野と一緒やで」「わかってる」

FRIDAYの第一報

人気俳優の許されざる淫行を告発!小出恵介「17歳女子高生と飲酒&SEX」

今年1月に本誌が報じた「狩野英孝淫行疑惑騒動」の記憶も新しいなか、またしても有名人の淫行事件が明らかになった。

今回、発覚したのは、狩野のように以前からたびたび女性スキャンダルを報じられてきた人物ではない。むしろ、そういったオンナ遊びの激しい著名人らとは正反対のイメージがあった「爽やか系」俳優、小出恵介(33)である。

デビュー以来、『梅ちゃん先生』、『シン・ゴジラ』など、数々の作品に出演してきた人気俳優が肉体関係を持ったのは、あろうことか、17歳の女子高生。

今年5月9日、NHKドラマ『神様からひと言』の撮影のために訪れていた、大阪でのことだった。

小出の乱倫について情報をキャッチした本誌は、現地で取材を重ね、被害者本人に接触できた。交渉を続けた結果、小出の告発を決意した17歳のA子さんが『その日』を振り返る。

「9日の夜11時ごろ、知り合いに『小出恵介と飲んでるからおいで』と、ミナミのバーに呼ばれたんです。

私は『キレイな子いっぱいおるんやろうからイヤや』って言ったんですけど、『小出くんが若い子を呼んでと言ってるから』と……。

バーに着いたら、小出さんを入れて男の人が4人と若いオンナの子が3人いて、皆もうかなり酔っ払ってる様子でした」

A子さんは、広瀬すず似の美少女。ひと目見た瞬間から気に入ったのだろう、小出はA子さんが店に到着するなり、両隣にいた女性を追い払い、「おいで」と、隣に座らせた。

6月9日発売のFRIDAY最新号では、この後、33歳の小出が17歳のA子さんにとった行動について、現場写真とともに詳報している。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170608-00010000-friday-ent]

17歳JKと避妊せず何度も…

※クリックで全表示 ほぼ強姦!?詳細

5月9日の夜、知り合いに呼び出されたバーにいたのが小出だった。隣で飲酒すると、突然覆いかぶさられ、キスをされたという。2軒目のバーを出た後は宿泊先のホテルに連れて行かれた。

部屋に入ると、避妊をせずに嫌がるA子さんに何度も肉体関係を結んできたという。行為自体は5回にも及び、そのうち2回は中出しされ、女子高生が「狩野英孝と一緒やで」と言うと、「わかってる」と開き直っていたことも明らかとなっている。

観光気分でドラマロケ

小出はNHKドラマ「神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~」の撮影のため、3月から大阪に滞在していた。5月29日に都内で行われた会見では「ロケがやりやすい。(街が)協力的で観光気分を感じながらやっている」「エキストラ、通行人の方のキャラが濃い。グイグイ来るけど、その距離感が楽しい」などと話していた。

事務所の対応

所属事務所の「アミューズ」は「フライデー」から問い合わせを受け、6日に小出に事実確認をした。「未成年との飲酒、不適切な関係を持ったことは事実」と確認できたため、無期限活動停止の処分とした。解雇はしないという。

この日までに小出と事務所関係者が被害女性の元に出向き謝罪。アミューズは「相手の女性に関しましては、心からの謝罪と誠意をもって対処させていただく所存です」とした。

小出はこの日、書面で関係各所に謝罪した上で「何よりも相手の方のお気持ちを察するにお詫(わ)びしてもしきれませんが、本当に申し訳ない気持ちで一杯です」とコメント。

さらに「社会人として、表に出る人間としての自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません」と謝罪を重ねた。

明るく爽やかなイメージも

小出は小学校から高校までバスケットボール部に在籍したスポーツ少年。慶応高校在学中から映画に興味を持ち、慶大在学中にアミューズ所属に。

熱血漢、マジメな好青年なキャラクターを演じることが多かった。明るく爽やかなイメージで、スキャンダルとは無縁。それだけに、関係者は一様に「彼がなぜ…」とショックを受けている。

ただ、小出のお酒好きは有名で毎晩のように飲酒していたという。09年のテレビ番組では5、6人で店のシャンパン十数本を飲み干した“酒豪話”を披露。

都内の自宅近くで飲んでいたが、午前10時に目を覚ますと、神奈川・小田原駅のホームのベンチだったエピソードも明かしていた。

降板するドラマ、CMの賠償など、損害額は広告代理店関係者によると「億単位」。アミューズ関係者によると「小出は深く反省している」というが、失ったものはあまりに大きい。

小出恵介 プロフィール
(こいで・けいすけ)
1984年2月20日、東京都出身。
33歳。血液型A。独身。

父親の仕事の関係で幼少期をインドで過ごす。慶大文学部卒。オーディション誌への応募を機に芸能界入り。
2005年にドラマ「ごくせん」、映画「パッチギ!」で話題に。09年の「風が強く吹いている」で映画初主演。10年には主演映画「シュアリー・サムデイ」の主題歌で歌手デビュー。
他の代表作に、映画「僕の彼女はサイボーグ」、ドラマ「ROOKIES」(ともに08年)、「梅ちゃん先生」(12年)など。

[via:スポーツ報知]
http://news.livedoor.com/article/detail/13177665/

損害賠償額は億単位に


10日スタートだったNHKの主演ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」(全6回)は放送中止となり、BSプレミアムで放送された「幕末グルメ ブシメシ!」に差し替えられた。

これまでの撮影費や共演者のギャラなど莫大な損害賠償金が発生するが、NHK広報は当サイトの取材に「契約にのっとり、所属事務所と協議を行う」とした。

出演予定だった7月16日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」も降板。クランクイン直前だったことから、代役を立て撮影を行う。

榮倉奈々(29)、安田顕(43)のダブル主演で来春公開予定の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」については、公開中止を含め、現在協議中。

CM出演中だった森永乳業のコーヒー飲料ブランド「マウントレーニア」も契約を解除した。昨春から多部未華子(28)と兄妹設定で起用されてきたが、8日からCMの放映は打ち切られる。

所属事務所「アミューズ」の株価も下落した。この日の終値は前日終値3120円から110円安の3010円。直接的な影響は不明ながら「小出活動休止」の一報がテレビで流れた午後2時台から株価は下落し、前日から3・53%も値を下げた。

「損害額が合計いくらになるか、事務所も見当がつかず顔面蒼白になっている。来春公開予定の映画はすでに撮り終えており、お蔵入りとなれば、テレビドラマやCMの違約金を含めて3億円以上の損害が発生する可能性もあります」(広告代理店関係者)

一夜の過ちとはいえ、代償は大きすぎる…。

[via:東スポWeb]
http://news.livedoor.com/article/detail/13175927/

これから再放送もテレビ放送もされなくなる一覧!?

TVでのコメントまとめ

「白熱ライブ ビビット」(TBS)

国分太一
「以前、TOKIOの番組にもゲストとして出て来てくれて、話を聞いてもすごい真面目な印象があった。すごい驚いている」

「辛いもの特集で、バラエティなのでめちゃくちゃ辛いものも用意するんだけど、(小出は)なんとかしないといけないと盛り上げてくれて…。言葉もきれいな言葉を使うし、こんな裏の顔があるなんて…」

テリー伊藤
「17歳の女の子のことを言う人がいるがそれは違う。憧れのアイドルから電話かかってきたら、普通の女の子なら夜中でも行っちゃう。(小出は)分かっていながらこういう行為、本人はどう自覚しているのか」

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/13178568/

「スッキリ!!」(日本テレビ)

加藤浩次
「本当にこういうことになると、周りの人間に迷惑をかけるんですよ。周りの人たちは一生懸命、ドラマを撮ったりしていますから、オンエアできないというのは本当に悔しい思いをしている」

[via:スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170609-OHT1T50076.html

菊地幸夫弁護士
「週刊誌の報道だけだと、小出さんの方がイニシアチブをとって(女性を)そこへ連れて行った。護る立場の人間がそういうことをやったとなると警察が動くかもしれませんね。親告罪じゃないんです、これは。

被害届がなくても処罰できる犯罪。おそらく示談なり何なり努力されるでしょうけど、かなり償いに努力したとしても警察が動く可能性は否定できない」

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/13178568/

「とくダネ!」(フジテレビ)

小倉智昭
「最低なことをやってしまったわけで、仕事がしばらくできなくて当然だという見方をする人は多いでしょう。人気の俳優だからやっていいんだくらいに思ってるのかね?情けないねぇ」

中瀬ゆかり
「失ったものを考えると、なんて愚かなことをされたんだろうと思う。帰国子女で慶応ボーイでインテリのイメージもありましたけど、いろんな事件が起こっていて、それを見ていて自分の身を引き締めるみたいな発想がないこと自体が、傲慢になりすぎていたんじゃないか」

[via:日刊スポーツ]
http://www.oricon.co.jp/article/216893/

「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ)

安藤優子
「画面の印象と今回起こった騒動があまりにもギャップがかけ離れている」「今後女性側がどういう対応を取るかがカギを握っていると思います」

[via:スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170608-OHT1T50125.html

コメント

  1. 4
    名無しさん 2017/06/12 12:59

    雌も馬鹿だもん
    自業自得だわw

  2. 3
    名無しさん 2017/06/10 18:27

    似てないけど、実際本人ともヤってたりして。

  3. 2
    内田裕子 2017/06/10 10:51

    2人ともアホ

  4. 1
    名無しさん 2017/06/10 9:18

    何か何でもかんでも売れてる女優似と記事を書く。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事