SCANDAL

HEADLINE

萬田久子が隠し子明かす 亡くなった事実婚の夫が亡くなる直前の告白「びっくり仰天」

女優の萬田久子(60)が23日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。

事実上の夫で、2011年8月にスキルス性胃がんのため亡くなったアパレル会社社長の佐々木力(ちから)さん(享年60)から“隠し子”の存在を告白されていたことを明かした。

萬田と10年近く事実婚状態を続けていた佐々木さんは11年6月にスキルス性胃がんが判明。

萬田は「気がついたときには余命3か月」といい、「スーパーマンみたいな方だったんで、たぶん死なないだろうと思ってました。スキルス性胃がんなんて吹っ飛ばすんだろうと。それが実際8月に亡くなった時には、スーパーマンでも死ぬんだと思いましたね」と振り返った。

佐々木さんは前妻との間に1男2女、萬田との間に1男をもうけていたが、亡くなる直前、実は別の女性との間にもう1人子供がいたことを萬田に告白したという。

「びっくり仰天ですよね。5番目の子供って」と萬田。「スキルス性がんだったので、そっちがかわいそうだし、(子供を打ち明けられた)こっちは腹立つし。半々で、うまい具合にどういう気持ちか分からなかったですね」と当時の複雑な心境を振り返り、「博愛主義というか、人ったらしな人でした」と話していた。

[via:スポーツ報知]
http://news.livedoor.com/article/detail/14618276/

事実婚25年

佐々木さんと女優、萬田久子(53)の交際が発覚したのは交際2年目の1987年だった。

萬田は19歳でミス・ユニバース日本代表に選ばれ、22歳のとき、NHK連続テレビ小説「なっちゃんの写真館」で女優デビュー。

人気女優の階段を駆け上がる中、出会った佐々木さんには当時、妻子がいた。

それでも萬田は妊娠。87年10月、米ニューヨークで男児を出産した。

“父”である佐々木さんが「力」の名から“リッキー”と呼ばれていたことから「陸」君と命名、後に認知した。佐々木さんは94年、妻と離婚している。

大阪出身でハングリー精神に富む萬田は、かつて「私はインスタントラーメンをかじって生活をしても、見栄えのいいマンションに住む」と語ったこともあるほど芯が強い。

佐々木さんも同じ。サラリーマン人生で常に上を目指してきた。タキヒョーを振り出しに、香港の法人やワールド取締役を経て、2003年に現職へと出世。

「目利きで、鼻も利く。ファッションブランドの立ち上げや株の売買で、会社の成長に貢献した。その陰には“内助の功”というより“盟友”としての萬田さんのエールがあった」(経済ジャーナリスト)

[via:ZAKZAK]
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110811/enn1108111543013-n1.htm

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事